一命  新作レビュー

★★★

三池崇史監督、「十三人の刺客」に続いて手がけたのは、かの大傑作「切腹」(小林正樹監督)と同じ原作小説を映画化した、この「一命」。

「切腹」のリメイクではなく、原作となった小説の二度目の映画化、と宣伝されているが、物語の構成は「切腹」とほぼ同じだ。まあ、確かに語られるテーマ的なところのアプローチは違うが。

この映画を観て、「切腹」はやはり大傑作だったなあ、思う。武家社会、と言うか集団主義の危うさを描いた現代にも通じる見事なテーマ性、仲代達矢、三國連太郎、丹波哲郎ら役者の重厚な演技、意外な物語展開…本当に凄い。

かの黒澤映画を多く手がけた橋本忍の脚本は、娯楽性と社会性を見事に融合させている。そして、その複雑になりがちな物語展開を、小林正樹監督がまた見事に、鮮やかに映像化している。

その「切腹」があるにも関わらず、三池崇史監督は、同じ原作で冒険に挑戦した。そのパイオニア精神は凄い。

この「一命」は、物語展開こそ「切腹」と一緒だが、武家社会の矛盾を突く主人公の行動は根本的な部分で「切腹」の主人公と違う。ここがこの映画の味噌で、三池監督の考えもここにあるのかと思うが、その点から「切腹」とはまた違う印象を観客に与える。

そこはよかった、と思う。ただし、同じ小説を映画化した「切腹」があまりに凄過ぎて、ちょっとかすんだかな、という印象はある。

「十三人の刺客」の工藤栄一監督版オリジナルは、娯楽性に富んだ、巧妙な脚本による、すこぶる面白い時代劇だが、三池監督は、これを面白い物語はそのままに、侍たちが刺客となる動機に現代的なエッセンスを加え、さらに現代的な徹底したアクションを加えることで、オリジナルとはまた別の面白い作品を創り上げた。

しかし、今回の「一命」は、三池監督の特徴を色濃く残しながら、思い切った原作のアレンジはできず、結局は同じテーマ性を内包したがために、「切腹」の呪縛から離れられなかったのかな、という感はあった。

でも、瑛太、満島ひかりは好演。市川海老蔵も熱演している。

3

モテキ  新作レビュー

★★★

全然モテナイ主人公がライターになって、魅力的な女性と出会って仲良くなるものの、「彼女は僕が好きかも。いいや、そんなはずない!」と悶え苦しむ様子を、サブカルチャーやJポップなど、斬新な映像センスを駆使して描いた作品。

うーむ、この主人公は20年前の僕だ。似たようなシチュエーションは、何度もあったぞ。

新聞記者になって、「記者」という仕事から得られる情報や立場に勘違いし、ダサいくせに女性にもてたくて、いろいろ努力するものの、結局、失恋を重ね、落ち込んでいた日々…いやあ、リアル「モテキ」でした。

面白いし、我が青春のアイドル、長澤まさみちゃんの正しい演出をしている点(彼女はセクシー、かつコメディ演技は最高!なのだ)は100点満点なのだが、「人」の描き方において、???な点がどうしても気になった。

麻生久美子扮する、OLの描写、主人公への上司、同僚たちの対応など、人格攻撃キワキワ、と感じたのは僕だけ?

人を想う切なさを描いてはいるが、そこに至るまで、人の痛いところや気持の奥底を笑うようなシーンもあって、幼いころから挫折感を繰り返し、青年になっても対女性に対して痛い想いを繰り返してきた僕には、ちょっとキツかったかな。

でも、大根仁監督の映像センスは素晴らしい。さすがに僕が敬愛するアダルトビデオ監督、カンパニー松尾氏の影響を受けた、と言われるだけはある。

この作品も、カンパニー松尾監督の影響力かと思われる、大根監督自ら手がけたという○○撮り的ショットもあり、これがこの映画のヒロインたちを美しく見せている。

大根監督のこれからが楽しみ。「モテキ」以外の長編映画が観てみたい。

森山未来君も好演。可能性がもの凄く広い役者さんだなあ、と感心した。

3

世界侵略:ロサンゼルス決戦  新作レビュー

★★★

宇宙人の侵略物だけど、こりゃあ、完全なリアル戦争映画だね。

宇宙人に占拠されたロサンゼルスの一角を、民間人を救うため、小隊が侵入する。

相手が見えない、力も分からない、という緊張感は、「ダイ・ハード」や「プレデター」などのジョン・マクティアナン監督の得意とするところだが、この映画も緊張感は半端なく、なかなかに魅せてくれる。

宇宙人も、ものすごくハイテクかと思いきや、結構人間臭い戦いぶりを見せてくれるので、アメリカ軍はまともに戦っちゃう。

すんげー面白いんだけど、結果的にアメリカ軍隊万歳!的な映画になっているので、多少ゲンナリ。

退役を決意した軍曽が、経験不足の上司をカバーしながら次第に実力を発揮するところなど、究極状態における組織の在り方、みたいなところがよく描かれていた。

一緒に戦っている気分になる、という感では「プライベート・ライアン」以来の感覚か。いやいや「ブラックホールダウン」なんて傑作もあったなあ。

この間のおバカなところが好きな「スカイライン」とはまた趣が違う侵略映画なのでした。

2

探偵はBARにいる  新作レビュー

★★★★★

「探偵はBARにいる」 いい題名だ。

探偵に連絡するのに、携帯電話なんて不遜なのだ。
やっぱり、黒電話だ。

おお、ハードボイルド。

映画からは、工藤ちゃんの匂いがするぞ。
「最も危険な遊戯」の香りも漂う。
オンボロ車に乗るコンビの丁々発止は、「カリオストロの城」か。
札幌に炊かれるスモークは、「ブレードランナー」の如く、異空間を創り出す。

福澤勝広美術監督のセンスの良さが、随所に光る。
バーのセットやコースターのデザイン等等、この映画、職人さんたちがいい仕事をしている。

キネマ旬報の監督インタビューを読むと、やっぱりそんな作品群を意識していたとか。
いいぞ!橋本一監督。最後の(?)東映社員監督!!

△マークを背負って、こういう「東映」らしい映画を、どんどん作り続けてほしいな。

松田優作アニキにオマージュびんびんながら、その直系ドストライクの龍平氏を、主役ではなく、主人公の相棒にキャスティングするセンス。

龍平氏は映画俳優「松田龍平」として独自の凄さを持っているが、あえてこの企画で彼の持ち味を生かしながら、また新たな魅力を引き出しているところがニクイ。

ミステリアスな美女ヒロイン、小雪に生活感がないのも、東映ハードボイルドの伝統だ。西田敏行は最近出すぎだけど、この映画を締めている。

主役の大泉洋が、持ち味のユーモアセンスに、ちょっとダーティーな雰囲気も漂わせていて、いい。シリーズ化も決まったというから、きっと彼の当たり役になるだろう。

大泉さん、「シネキング」に出演していただいたな。ディレクターが「探偵にBARはいる」とタイトルを間違えたら、「バーはいねえよ、バーは」と突っ込んでいました。

とってもいい人で、ファンになったのでした。

3

佐々部監督ご出演!  映画つれづれ

先週、14日放送の「シネキング」では、佐々部清監督に、ゲストとして御出演いただきました!

視聴率も、すごくよかったそうです!!!

僕が「映画」に再び目覚め、会社をやめて独立したのは監督との出会いがあったから。

そういう意味では、フリーになって初めての本格的な映画関連のお仕事だった「シネキング」に、佐々部監督をゲストにお迎えできたことは、本当に感無量でした…。

だからこそですが…柄にもなく緊張しました…と言うより、何かしゃべると泣きそうになって…品川ヒロシ監督のときも、上地雄輔さんのときも、是枝裕和監督のときも、大泉洋さんのときも緊張しなかったのに…不思議です。

でも、自分の番組で佐々部監督の新作を、ゲストとしてお呼びして紹介することがひとつの夢であり目標だったので、スタートして3年…番組を続けてきてよかったなあ、と思いました。

番組でご紹介したのは、「ツレがうつになりまして。」。監督がこの作品づくりのために、長年苦労して温めていたことをお聞きしていただけに、完成作品を鑑賞した時は、僕もいちファンとして感無量でした。本当にいい映画です。

で、佐々部監督と僕がかけあいをしている番組の一部「今日のうんちく」を、21日の次回放送日まで、番組ホームページで視聴できます。↓

http://www.yab.co.jp/king/

このプログのことも、話題になっています!!

山口県以外の方もご覧になれますので、是非観てください!!
3




AutoPage最新お知らせ