よいお年を…  映画つれづれ

しばらく更新できず…すみません!

今年は、とくに夏ごろから独立・起業以来最大の仕事上の危機が訪れ、ちょっと大変でした。体調も崩しがちになり、何とか踏ん張っていました。

そんな中で「映画」への気持ちを維持するのが大変で、何度も何度も気持ちをリセットしながら、なんだかもやもやした中で周南映画祭の準備やシネキングの収録に臨んでいました。

「映画」を観る気持ちにもなかなかなれなかった中、やはり僕を救ってくれたのは「映画」でした。とくに、周南映画祭の仲間たち…ゲストに来て頂いた佐々部監督、松田美由紀様、丸山昇一様、長澤監督…そして俊夫様、本当にありがとうございました。

僕は、好きなことに生き、頑張るしか、想いや現状をふっ切ることはできないのだ、と改めて感じました。

そして「映画」そのもの…。苦しい中で観た「ツレがうつになりまして。」「マネーボール」「阪急電車」「RAILWAYS」「僕たちは世界を変えることはできない。」「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」等々。

やっぱり映画はいい!生きる希望と勇気を与えてくれます。

思えば、幼いころから何度も何度も「映画」に助けられました。そろそろ、「映画」への恩返しをする時期なのかも。来年は、周南映画祭で発表した「松田優作賞」と「長澤雅彦監督による映画製作プロジェクト」が本格的に始動し、ぼくはその中心として頑張っていく決意です。

まだまだ弱い部分もあるので、いろいろな方に御迷惑をおかけするとは思いますが、映画から頂いた「感謝」を胸に、来年の秋には「かたち」にしていきます。商売も、来年は好転させて見せます。

更新してない時期に観た映画については、焦らずに、おいおいレビューを書いていこうと思っています。

それでは、皆様よいお年を!!
6




AutoPage最新お知らせ