ハードロマンチッカー  新作レビュー

★★★

まず、主演の松田翔太氏がいい。松田優作氏を心から敬愛する身としては、下関を舞台に、アクションを展開する翔太氏をスクリーンで観ることができるとは…という何とも言えない感慨が胸に迫る。

この映画の公開時、「シネKING」でグ・スーヨン監督と遠藤要さん、柄本時生さんにインタビューさせて頂いた。下関出身で、自伝的小説を自ら映画化されたグ監督はダンディーな方で「この映画を観て下関がバイオレンスシティーって思われるのも困りますねえ」と優しい笑顔で語っておられた。

この映画、自分の意思とは関係なく、暴力に巻き込まれていく若者グーが主人公。確かにあの時代の「下関の空気感」はよく現れていて、心情を描くことなく、暴力の連鎖に翻弄されつつも立ち向かうグーを淡々と描くことで、乾いた痛みが伝わって来る。

決してウエットにならないのはグ監督の味だろう。それだけにグーを心配する津島恵子さんの祖母や真木蔵人氏の先輩ヤクザの存在が際立つ。ただ、時代設定は現代にせず、“ハードロマンチッカー”たちが活躍した70年代にした方が、映画が“生きた”のかな、とは勝手な感想である。

1

ミッション:8ミニッツ  新作レビュー

★★★★

SF映画なのだけれど、現実世界にSF的な要素を組み入れる、という僕の好きな世界。

大昔、NHKの少年ドラマが大好きだった。それは、自分たちの日常に近い、普通の中学校や高校に未来人や異次元人が絡む非日常が隣り合わせの世界だからこそ、ワクワクドキドキしたのだと思う。

ブランコでタイムリープする「未来からの挑戦」は、ジュブナイル作品も多い眉村卓の「ねらわれた学園」が原作で、キャラクターは同じ作者の「地獄の才能」から借りている。

物語のラインはのちのち薬師丸ひろ子主演で映画化もされた「ねらわれた学園」とほぼ一緒で、学園を支配する高見沢みちる率いる栄光塾と生徒たちの攻防を描いているのだが、原作と決定的に違うのは、栄光塾の未来人である飛鳥清明が組織を裏切って主人公たちに味方し、ともに戦うという展開だった。ファシズムの恐怖や反戦が裏テーマになっていて、卒業を控えた小学六年生だった僕は毎日夢中になって観たものだった。

「スター・ウォーズ」などの架空の世界も好きだが、どこか自分の日常に繋がる世界を描いてないと感情移入はしにくい。架空の世界を描いていても、現代が抱える虚無感のようなものをビジュアル的にも物語的にも表現した「ブレードランナー」の方が心ひかれる。

おっと、これは「ミッション:8ミニッツ」のレビューだった。この物語も、日常の中の非日常な出来ごとを描いているから面白いのだが、その「非日常」が、えんえんと繰り返される8分間の列車事故のシーンというから、なかなかのユニークさである。

ある軍人が、特殊な作戦と装置によって、列車事故の原因を調べるため、8分間だけ、何度も何度もその中の乗客の意識に入り込む。映画は何度も同じシーンが繰り返されるのだが、その繰り返しの8分間の中で主人公は真相に近づき、自らの境遇や作戦そのものの疑問の答えに迫っていく。

若手でデヴィッド・ボウイの息子でもあるというダンカン・ジョーンズ監督は、奇想天外な物語を、テンポのいい演出と飽きさせない仕掛けでぐいぐい見せてくれる。ニコラス・ケイジが好演で、父親が絡んでくるシーンは情感もあって物語に深みも与えている。

個人的に惜しいのはラストの展開なのだが、ハリウッドに屈したのか、それともこれもダンカン・ジョーンズ監督の判断なのか。僕はしっくりこなかったのだが、他の方々はどうなんだろう。
2




AutoPage最新お知らせ