泣ける映画!!  マイベスト

 僕の「泣ける映画」ベスト10を挙げます。
@「チルソクの夏」
・僕の涙量が一番多かった映画。1970年代の下関を舞台に、高校生たちの純愛と友情を、当時の流行歌や下関の風景を交えながら描いた奇跡的な1本。全てのシーン、全てのセリフ、全ての音楽、とにかく全てが愛しい。

A「誰かがあなたを愛してる」
・チョウ・ユンファ主演の香港映画。ニューヨークを舞台にした中国人同士の恋愛物で、単純なストーリーだが、なぜだか何度見ても号泣してしまう。監督は「宗家の三姉妹」の人だが、女性監督らしい細やかな描写が心地いい。

B「ニューシネマパラダイス」
・もう、問答無用ですな。ただし、完全版は別。あれは別物です。あれで映画は如何に編集すること、カットすることが大切か思い知らされました。

C「映画クレヨンしんちゃん モーレツ!オトナ帝国の逆襲」
・詳しくは「クレしん」最新作のレビューで書いたが、これには本当に泣かされた。昭和40年代に子供時代を過ごし、今や子を持つ身になった親なら号泣必死!見ればわかるゾ!

D「火垂るの墓」
・これも何度見ても、パブロフの犬のように泣いてしまう。アニメだからこそ、生活感や失われた風景をリアルに描けるし、そのリアリズムに感動できる、ということを証明してくれた作品。

E「ライフ・イズ・ビューティフル」
・ロベルト・ベニーニ最高!前半と後半ではまるで違う映画だが、どんなに悲惨な状況になっても、ユーモアと生きる希望を失わない主人公の姿は、正に希望だ。

F「ブラザーフッド」&「バックドラフト」
・僕にはアニキがいて、これまで憎しみあったり、また分かり合えたり…という数々の経験があるので…実生活を実感させてくれた、この傑作兄弟映画2本はいつ見ても泣けます。

G「砂の器」
・加藤嘉さんの「わしゃ知らん!」は何度見ても泣ける!

H「銀河鉄道999」
・公開当時、中学2年生でした。にきび面の太ったチュウボウのくせに、鉄郎とメーテルの別れのシーンでは号泣してしまった。きれいな女の人とキスをして成長する鉄郎が心の底からうらやましかった…。

I「鉄道員(ぽっぽや)」
・新婚旅行の帰りの飛行機で妻と見て、号泣した思い出の1本。初めて妻と見た映画ということもあるが、不器用な鉄道員の健さんが、不器用な大工だった父と重なる。ちなみに、まだ父は生きてはいるが…。

 「泣ける映画」はまだまだありますが、まずはこの辺りで…。今度は「泣ける怪獣映画」「泣けるポルノ映画」なんてのも取り上げたいな、と思います。皆さんの「泣ける映画」も、ぜひ、教えてください!!!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ