映画ドラえもん〜のび太と緑の巨人伝  新作レビュー

見た日/4月某日 ★★

「ドラえもん」の魅力って何だろう?と考えてみる。

優れたキャラクター物全てに言えることだが、1人1人のキャラクターの性格付けがはっきりしているからこそ、様々なバリエーションの面白いお話が展開できるのだ。

藤子・F・不二雄氏はすでにあるていどは確率されていた「ドラえもん」のキャラクターを、映画原作となる「大長編」でさらに発展、進化させた。

そこでのび太の優しさや射撃の腕などの個性、しずかちゃんの母性、優柔不断ながら最後は情に負けるスネ夫、たくましく友情に厚いジャイアンなどのキャラクターが深まっていった。

ドラえもんに関しても、ただ単に秘密道具を提供する存在ではなく、仲間の1人として機能することで、物語自体を深めていったのだ。

旧映画シリーズの初期作品はそれが成功している作品が多く、傑作も多数あったが、正直、回を重ねるごとに作品レベルは落ちて行った。

が、しかし、声優陣とスタッフを一新したテレビの新シリーズは未だに色々批判もあるものの、絵のクオリティも高く、何より原作マンガのテイスト、絵柄を大切にしていて、僕は好意的に見ていた。

新たに始まった映画も、第1作、第2作ともに旧作のリメイクではあったが、前記のキャラクターの進化を踏襲し、旧作にない展開を意欲的に取り入れていた。「新・魔界大冒険」は脚本に人気ミステリ作家を起用、大胆でトリッキーな展開を見せ、これも批判は色々あったが、なかなか意欲的な作品だった。

で、今回は新シリーズ初のオリジナル作品だった訳だが…、これは、個人的にはハッキリ言ってかなり最後まで見切るのが辛い作品だった。

前半のキー坊誕生のくだりはよかったが、後半、物語が緑の星にシフトしてからは、環境問題にこだわりすぎなのか、お話自体も観念的になってしまい、物語が分かりづらくなってしまった。

ゲストキャラのお姫様も性格や行動に一貫性がなく、これでは子どもも大人も感情移入できない。

そして、最も辛いのは、先に書いたドラえもん主要キャラが全く立ってないことで、それぞれの役割を果たしそうではたしてないため、これではは「ドラえもん」のようではあるが、全く「ドラえもん」の世界になってない。

それぞれまキャラが全く新しい魅力を出していればそれはそれでいいのだが、今作ではこれまでの映画シリーズで見せてきた役割を発揮しようとして不発に終わっているから辛い。

ドラえもんに至っては、前半、秘密道具をメンテナンスに出しているのでいざというときに道具が使えない、という設定は以前にもあったものの、今回はその設定が後半のピンチにもサスペンスとして生きず、あまり存在感がなかったのも残念。

ちょっと辛めに書きすぎたが、僕は幼いころからドラえもんが大好きだし、このシリーズは本当に期待しているからこそ、の辛口なのだ。この作品も作画的な魅力はあるし、キー坊との別れのシーンには涙も出たし、まとめ方はなかなか上手かった。

次回作は傑作「のび太の宇宙開拓史」という噂があるが、もしそうなら、この作品は藤子先生が愛してやまなかった往年の時代劇にオマージュを捧げた作品でもあり、旧作以上のクオリティと活劇になるよう期待したい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ