寝ずの番  新作レビュー

見た日/5月某日 ★★★

この映画を見て、学生時代のサークルの飲み会を思い出した。そのサークルは女人禁制で(と言うより女性が近づかなかっただけだが…)オトコばかりの飲み会になるとそれはもうスゴイ騒ぎになったものだ。

 大学1年のとき、その飲み会で初めて「春歌」を聞いた。チ○ポやマ○コと言った言葉が、日本調の調べに乗って、軽やかに歌われる。

 「これ、誰が考えたんですか?」先輩に聞くと、「知らねえよ。代々、伝わっているものなんだ」と言う。後で知ったことだが、元になっている歌ともその歌はちょっと違った。長い伝聞で、独特な進化をしたのだろう。

 僕は4年生になると、その春歌群の唯一の伝承者になっていて、後輩たちにはいくら教えても覚えてくれなかった。最近の学生たちは春歌なんて知らないだろう、多分。

 で、この映画である。楽しくて、面白い。「艶」と「粋」にこだわり、大人のエロ話満載で、「テレビでは絶対放映できない『映画』を作ろう」という作り手の意気込みも感じる。そう、テレビでは表現できない規制をぶっ飛ばす、これも映画の醍醐味の1つだ。

 ちょっとだけ出てくる高岡早紀が色っぽいが、前半は落語家たちの爆笑エピソード、後半は春歌の大合戦になる。後半のテンポがちょっぴり気になるが、キャスティングもよく、最後まで飽きさせない。

 「日本の大衆文化はエロにあり」とエロを愛する大人の1人として誇らしくも感じた。春歌は日本の大衆のエネルギーの1つだったはず。こういう猥雑さが実は社会には必要で、こういう裏文化がないと表の文化は絶対に育たないし、栄えない。

 そういう意味ではこの映画が今の時代に作られた意味は大きい。伊丹十三監督のテイストも感じるのは、マキノ雅彦監督が伊丹作品の常連だからこそだろう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ