ヤッターマン  新作レビュー

見た日/3月某日 ★★★★

いやあ、三池崇史監督、やってくれました。正に怪作。

これぞ、タツノコプロダクションが作り続けてきた、モダンでおバカなナンセンス・ギャクアニメ「ヤッターマン」の世界を、まんま実写でやりながら、きちんと映画のカタルシスを与えた、トンデモナイ作品に仕上がっている。

正に、「ヤッター、ヤッター、ヤッターマン!」である。

アニメやコミック、とくにヒーロー物など、実際の世界を飛び越えたものを実写化する場合の、正しい方法がここにある。

原作の世界観を壊さずに表現しながらも、そこに変な理屈を付けることなく、キャラクターを等身大の人間とて転嫁すること。そうすれば、奇蹟は起こるのだ。

とくに日本だと、ファンタジー的な設定そのものに理屈をつけたがるが、そうすると上手くいかない。観客は、もう「そのものの世界」として見ているのだから、そこに理屈はいらないのだ。ただし、キャラクターが等身大でないと、感情移入できないので、そこには必ず工夫が必要だ。

正直、翌週公開の「ドラゴンボール」はどうなのだろう。予告編を見る限り、成功しているとは思えないのだが…。ここは実際に鑑賞して判断するとしよう。

そういう意味では、この「ヤッターマン」は成功している。ほぼ全部のシーンにCG加工したというが、デザインや美術、特撮チームはいい仕事をしている。

「ヤッターマン」の世界を、リアルに面白く、きちんと実写として見せるための努力が、成果として画面に表れている。

「今週のビックリドッキリメカ」も、おなじみのポーズも楽しい。オジプトや南ハルプスなど、70年代版そのまま。タツノコキャラへの細かい敬意や、エンドロールのあとのおまけも、実に楽しい。

設定といい、ギャグといい、そもそも「ヤッターマン」自体がとっても面白いのだから、その「面白さ」を映画でもそのまんまで表現することを徹すれば、面白くない訳がない。

その「面白さ」を人に見せようとする姿勢があるから「面白い」のであって、正直、自分の記憶の中にある「面白さ」を、作り手の感性と脳内のみで再現して自分だけで面白がろうとすると、これは大失敗する。

この例が、同じタツノコ印のアニメを実写化した「スピード・レーサー」であり、「CASSHERN」であると思う。僕にはこの2作品は面白かったが、脳内感性や記憶が違う人が見たら、恐らく耐えられないだろう、という作りになっていた。

その点、三池監督は、こうなったら面白いぞ、と子どものような気持ちでこの映画を作ったのではないか。子どもも見られる作りではあるが、ドロンジョの妙なお色気、下ネタのオンパレードなど、実にお下品でキョーレツで毒もある。

色っぽい敵メカに興奮し、鼻血を出すヤッターワンなど、はっきり言ってヤリスギだが、かつてのアニメには、こんな毒は満載だったのだ。

かつての子ども向けアニメや番組は、子ども向けだからこその、毒が盛り込まれていた。こんな実験性をも、実写映画にする姿勢は正しい。

そして、映画では、オリジナルにも現在放送中のリメイク版にもない、ある「愛」が2つ描かれるが、これが映画的なカタルシスになって成功している。

このエピソードは、深田恭子がドロンジョを、ケンドーコバヤシがトンズラーを演じているからこそできることで、逆にアニメでやると「ヤッターマン」で無くなるだろう。生身の人間が演じ、等身大のキャラクターとして感じられるからこそ、アニメの味を損なうことなく、実写映画としての魅力ある「ヤッターマン」になっているのだ。

とくに深田恭子のドロンジョは特筆すべきで、メチャクチャキュートである。スクリーンいっぱいに広がるこの魅力に、44歳のオヤジである僕は、完全にやられてしまった。この映画が、性のメザメになる小学生男子諸氏の多いのではないだろうか。

そういう意味では、大変に貴重で、後世に残る映画になっていると思う。ちょっと、誉めすぎかな。

ブタもおだてりゃ木に登る!!

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ