ヱヴァンゲリオン新劇場版:破  新作レビュー

観た日 6月某日 ★★★★

「エヴァンゲリオン」に関しては、あまり詳しくもないし、テレビシリーズ放映時に一通り見てはいたが、説明不足感を強く感じて、あまり興味は惹かれなかった。

旧劇場版も唐突感が目立ったような感じがして、あまり好きではなかったのだが、今回の、この「新劇場版:破」は、その世界観と息をもつかせぬ展開にグイグイと巻き込まれ、その凄さにちょっと参ってしまった。

僕の中の、この手のSFロボット物に対する愛情というか、アドレナリンのようなものがフツフツと身体の奥からマグマのように渦巻き、ラスト近くの展開で一気に噴き出た。

いやあ、アニメーションに対してこんな感情を持ったのは、中学1年の時に「宇宙戦艦ヤマト」に出会った時か、中学2年のとき、ファースト「ガンダム」の第1話を見たとき以来の衝撃である。

物語展開は相変わらずの説明不足なのだが、突然外宇宙から飛来してくる正体不明の敵に対して、揺れ動く世代の14歳の少年少女しか乗りこなせない、エヴァンゲリオンの存在もまた“揺れ動く”という点が面白い。今回の劇場版は、その揺れ動く“心”が、今までのどの“エヴァンゲリオン”よりも際立っていて、観る者の心もまた揺さぶってくれる。

敵の「シト」から創り出された「エヴァ」もまた、その潜在能力を人類はコントロールできないでいる。彼らを操ることができるのは、生きるうえでの“痛み”を抱えている少年少女たちだけなのだ。映画で人がエヴァをコントロールしようとして失敗するが、中途半端でありながら無限の可能性を持つ子どもたちに未来を託すしかないことを描いている点では、この映画はすこぶる現実的なのかもしれない。

「帰ってきたウルトラマン」へのオマージュや「翼をください」などの挿入歌の使い方など、庵野秀明総監督は、やはり同世代だなー、と思わずニヤリとしたが、思わず感動したのは、キャラクターの人間性が豊かになっていることだ。

とくに「誰かのために食事を作る」「食事をすることで家族の絆を取り戻す」ことが、この映画の大切なキーワードの一つになっていて、この映画を単なるSF物やサブカルチャー的なアニメに終わらせてない要因のひとつになっている。

これは、庵野総監督が実生活で家庭を持たれたことにも関係しているのかもしれない。例えアニメだろうと、映画は“人間”が描かれているかどうか、が大切だと思う。正直、僕はテレビシリーズではヴァーチャル的な感じを受けて、今ひとつ好きになれなかった“エヴァ”の世界だが、今回は、キャラクターに“人間”や人と人との絆を感じ、感動した。

ここまで進めてきて、次の展開はどうなるのか。ある意味、前回の劇場版の結末を凌駕し、全く違う展開にしてくれることにはなりそうだ。予告での「サービス、サービス」を早く劇場で実感したい。また2年ぐらい待たされるのかな?

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ