映画・・・そして地震・・・  映画つれづれ

いやあ・・・最近、いろいろなことがありました。

まずは「シネKING」、前回放送分から、かぶり物の色がグリーンからピンクに変わりました。前のものが、早くも老朽化したための処置です。

でも、ディレクターに「夏なのに、なんでピンクなの?」と聞いても、笑ってるだけ。当面はピンクになりそうです。ところであのかぶり物は映画撮影用のカメラをイメージしているのですが、ピンクのカメラってあるの?と思いつつ、収録に臨んでいます。

その「シネKING」ですが、7/31放送分はワーナーマイカルシネマズ防府から「ボルト」「サマーウォーズ」をご紹介。「うんちく」は「長州ファイブ」でした。

8/7放送分はMOVIX周南より「HACHI 約束の犬」「劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」、「うんちく」は8月ということで、僕自身、思い入れが深い「出口のない海」を、ちょっとまじめに語らさせて頂きました。

次回、8/14放送分は、シネマスクエア7よりお届けします。ご紹介する映画は「96時間」「ナイトミュージアム2」です。今回は「熱闘甲子園」放送のため、深夜1時44分からの放送になるようです。雨で試合がなく「熱闘甲子園」の放送がないときは、通常通り1時14分からの放送になります。お楽しみに!!

11月に開かれる予定の「周南市民映画祭」(仮称)で、初の実行委員会が開かれ、副実行委員長という大役を仰せつかりました。佐々部監督応援団の仲間たちと参加しますが、映画を通じて、人と人との絆を深め、まちを活性化する、という趣旨に感動しました。微力ですが、心温まる、いい映画祭にするべく、他の実行委員の皆さまとも協力して頑張りたい、と思います。

それから、いち早く、秋の話題作「BALLAD 名もなき恋のうた」を業務試写にて拝見させて頂きました。この映画、yab山口朝日放送も出資していて、全国朝日系列が力を入れています。「シネKING」でも盛り上げていこう、ということで試写を魅せて頂きました。

感想はまたレビューで書きますが、日本映画ならではの、タイムスリップ物の秀作だと思いました。番組でもしっかり応援していきます。

そして、KRY山口放送が製作委員会に入っている、アニメーション映画「マイマイ新子と千年の魔法」が、いよいよこの秋に全国公開されます。こちらも、宣伝活動などで、ちょっぴりお手伝いをさせて頂けるようです。

この映画の舞台になった防府市は、今回の水害で大変なことになりました。「チルソクの夏」「カーテンコール」「出口のない海」「夕凪の街 桜の国」と製作委員会の一員としてずっと佐々部映画を応援し、支えてこられた山口放送のAさんが、この映画ではプロデューサーを務められています。そのAさんの「この映画で防府の皆さんを元気にしたい」という想いに、胸を熱くしました。

「映画に携わりたい」と会社を辞めて5年。

ようやく、日常が映画でいっぱいになってきました。・・・とっても嬉しいとともに、これから、この山口県で「映画」を通じて何ができるのか、何を伝えられるのか、今の状況に感謝しながら、しっかりと考え、前に進んでいきたい、と思います。

さて、講演のお仕事で静岡県に行きました。そこで、地震に遭遇してしまいました。僕は東部の方だったのですが、それでもかなり揺れました。僕はホテルで寝ていましたが、たまたま起きていて、突然の激しい揺れに驚きました。ケガなどはありませんでしたが、ホテルのエレベーターはしばらく動かず、その日の午前中に訪れたお寺は壁が崩れていたりして、ビツクリしました。

催しは無事開催され、講演もきちんとしてきました。でも、一時、新幹線が動いてない、ということを聞いてビビりましたが、翌日の早朝から仕事があるため、どうしてもその日に帰らねばならず、とりあえず、午後5時ごろ駅へ。

夕方は遅れながらも動いていて、かなり遅れていたので、エージェントの方に取って頂いた指定キップの新幹線には乗らず、目の前を運行する新幹線を乗り継いで、何とか夜遅く、周南に帰ってきました。・・・いやあ、疲れた。

これからいくつか仕事をこなして、13日から15日まではオフ。家族でキャンプに行きます。久しぶりの完全休養になりそうですが、映画祭の準備もあるので、ちょっと不安です。15日は湯田小学校・湯田中学校の同窓会です。10年ぶりの同窓会なので、ちょっと楽しみです。

16、17日は講演で徳島に行きます。18日ごろから、さっき書いたいろいろなことで、忙しさがまた爆発しそうです。ようやく風邪も治り、休めそうな雰囲気になりましたが、またまた秋に向けて大変なことになりそうです。

このブログでは新作レビューが貯まっているのが気になっているのですが、休み明けにしっかり書こうと思います。

頑張ります!!
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ