魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー  DVD・ビデオレビュー

見た日/最近 ★★★

 めでたいことで、東映のスーパー戦隊シリーズが今の「轟轟戦隊ボウケンジャー」で30作目を迎えた。このシリーズは、時代劇〜アクションと続く東映の歴史を踏まえた子供向けのヒーロー番組であり、研究すると、実に面白い面がある。その辺りは、このブログで新たに設けた「トクサツ魂!!」のカテゴリでいずれ詳しく論じたい。

 さて、このシリーズでは、シリーズ終了直後、Vシネマで現役戦隊と前戦隊の共演物をリリースする、というのが定番になっている。この「魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー」は現時点でのこのシリーズの最新作だ。

 「デカレンジャー」も「マジレンジャー」もテレビシリーズはかなり面白かったものの、劇場版は両作品とも出来が今一つだったのでこの「VS版」は心配したが、特にデカレンジャーのファンだった人にはたまらない内容になっていて、非常に面白い仕上がりになっている。

 これも脚本が「デカレンジャー」メイン作家だった荒川稔久だった点が大きいだろう。物語は現役のマジレンジャーよりデカレンジャーの方が中心で、家族戦隊であるマジレンの世界観を借りて、デカレンの刑事たちが、それぞれ「自分にとって家族とは何か?」を問い、結論を出す、という展開は秀逸だ。

 スーパー戦隊シリーズは政府など公共組織よりは民間の戦隊が多く、敵が出ているのにどうして軍隊も警察も出てこないの?てな調子なのだが、デカレンジャーはヒーローたちを「警察官」と位置付けたため、このシリーズでは珍しく、ある程度リアルな物語が描けた。

 また「太陽にほえろ!」「特捜最前線」などの設定、物語をインスパイアし、上手く昇華させたこともドラマをふくらませた要因だろう。犯罪者VS警察というドラマは物語も作りやすかったのか、キャラクターの性格付けも明確で、テレビシリーズはどの回も傑作が多かった。

 マジレンジャーも家族が一致団結する後半は面白かったが、ここ10年の中ではやはり圧倒的にデカレンジャーの完成度は高かった。だからこのVS版でも現職よりデカレンジャーに物語のシフトが行くのは仕方ないだろう。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ