映画遺産!  マイベスト

遅ればせながら、昨年末にキネマ旬報から出た、キネ旬ムック「オールタイム・ベスト映画遺産200」(日本映画篇)を買いました。

様々な映画人や文化人、読者が選ぶオールタイムベストテンが紹介されていて、我らが佐々部監督も、寄稿されています。

監督が選ばれた10本は、「祭りの準備」「砂の器」「キューポラのある街」「幸福の黄色いハンカチ」「七人の侍」「東京物語」「旅の重さ」「仁義なき戦い」「赤い殺意」「ホタル」でした。どれも傑作ばかり!

監督の作品を観ていると、頷ける作品ばかりです。こうした作品を観ながら、監督は映画を学び、いろいろなものを感じ取られたのだろうなあ、と感じました。

この本では、読者が選んだベスト200に「チルソクの夏」「夕凪の街 桜の国」が入っていて、文化人・映画人の方も、この2作品を選ばれた方がいらっしゃいました!

とくに、フランス文学者の野崎歓さんという方は、「チルソク」を大きく紹介。「題材と、場所と、出演者のフレッシュネスが見事な一致を観た『チルソクの夏』のような作品が、“珠玉の”という形容にふさわしい」と大絶賛していらっしゃいました。う、嬉しい・・・。

さて、僕のオールタイムベストテンですが、以前書いたので、また書きますね。

★日本映画
@「チルソクの夏」
A「砂の器」
B「仁義なき戦い」
C「夕凪の街 桜の国」
D「太陽を盗んだ男」
E「ルパン三世 カリオストロの城」
F「ゴジラ」(1954)
G「キャバレー日記」
H「夢」
I「星空のむこうの国」

★外国映画
@「誰かがあなたを愛してる」
A「ニュー・シネマ・パラダイス」
B「スタンド・バイ・ミー」
C「ライフ・イズ・ビューティフル」
D「ジョーズ」
E「フィールド・オブ・ドリームス」
F「燃えよドラゴン」
G「殺人の追憶」
H「ブレード・ランナー」
I「ダークナイト」

…こうやって改めて見ると、いずれも2位までは不動ですが、3位以下は、そのときそのときの心境によって違うなあ、と改めて思いました。

そこで、「僕の人生に影響を与えた映画ベストテン」を記したいと思います。影響度の強さから1位、2位と繰り下がります。

@「チルソクの夏」
※この映画がなかったら、今の僕はなかった。
A「野獣死すべし」
※高校生のとき、この映画で人生観が変わった、ような気がした。
B「キングコング対ゴジラ」
※生まれて初めて映画館で観た映画です。
C「ロミオとジュリエット」
※叔父さんに連れられて行った記憶が…。僕の目覚め。
D「伊豆の踊り子」
※百恵ちゃんバージョン。初めて自分の意志で映画館に行った映画。
 小学生でした。ませていたもんだ。
E「砂の器」
※忘れもしない。小5のとき。日本映画に目覚めた瞬間でした。
F「ジョーズ」
※これで洋画に目覚めました。これも小5のときでした。
G「出口のない海」
※この映画のお手伝いがしたい!と会社を辞めてしまいました。
H「ロボコン」
※この映画で、初めて撮影の現場というものを体験させて頂きました。
 キャンペーンイベントの司会をしたことも思い出です。
I「ほたるの星」
※素敵な仲間たちと出会えた作品。公開時のキャンペーンのお手伝いは、
 貴重な経験となりました。


2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ