踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ!  新作レビュー

★★★

「踊る」に関して言うと、僕は、最初のテレビシリーズが好きだった。

僕は記者時代、警察担当の経験もあるが、現場で会う刑事さんは本当にあんな感じで、組織同士の対立や事なかれ主義の上司など、リアルに感じたものだ。

とくに、僕が担当していたある警察署の次長さん(映画で言うと、秋山副署長さんの立場)は、机の横に、オモテからは見えないよう本棚を置いてあって、そこにはゴルフの本がぎっしり。いつも、ゴルフの本を読みながらゴルフの話しかせず、どこか適当感もあって、このシリーズで“スリーアミーゴス”を見たとき、この次長さんを思い出して、思わず吹き出してしまった。

犯罪に対して熱く対処すれば対処するほど、ある意味「お役所的」な警察署を壊し、周りを巻き込んでいく青島刑事の姿は毎回楽しみで、コメディタッチから段々シリアスな展開になり、ついに刑事に重傷者が出る中、感動的なフィナーレを迎える最終回までの3話は、スゴイものがあった。

それからスペシャルドラマを経て映画化1作が公開されるが、この1作目はテレビシリーズの基本だった、コメディから組織内の対立を経て、シリアスな犯罪に迫る、という展開を2時間ほどでやるのに、ちょっと無理な感じがあった。

面白かったが、組織内の対立に重きを置きすぎたのと、映画版ということで「天国と地獄」や「羊たちの沈黙」などの名作映画をパロディにするなど張り切り過ぎ、詰め込み過ぎの感もあった。犯人役の小泉今日子の役どころなど、結構ふくらませることができる面白いキャラクターなのに、中途半端だなあ、と思ったものだ。

そして2作目。こちらはシリーズが持つ小ネタを展開しながらも、そこにあまり執着せず、次々と発生する事件に振り回される刑事たちを描くことで、エンターテインメイントとして成功していたように思う。

ただし、このパート2も、所轄と本庁の対立という構図にこだわり過ぎていて、それもシリーズの魅力のひとつではあったけれども、少々荒唐無稽になりすぎた感はあった。「砂の器」のパロディはそのまんまで笑ったけれど。

それで、満を持してのパート3だ。7年ぶりの本編であり、脚本の君塚良一氏をはじめとする、作り手の意気込みは十分に感じられる内容だったと思う。

ある意味の原点回帰であり、警察署の引っ越しを軸として、そのドタバタを、いつもの小ネタを交えて見せながら、事件に挑む青島刑事たちを描く。

係長に昇進した青島刑事にある悩みを持たせていたり、組織内の対立も、若いエリートを出すことで今までと違う展開を見せるなど、「踊る」の世界観も、時代とともに移り変わっていることを示したことは、よかったと思う。

映画の本筋としての犯罪の物語はよくできていて、秀作「誰も守ってくれない」を経て、君塚氏の脚本の力技も感じられる。群像劇としての整理は決してよくできている、とは思えないところはあるものの、本広克行監督の演出もいい意味で変わっていない。

映画のキーとなる犯人については、僕が1作目で感じた思いを、作り手も感じていたのだ、と思って嬉しくなった。

久しぶりの「踊る」本編ということで、ファンが喜びそうな詰め込めるべきネタを全て詰め込み、そのうえで刑事や犯罪を描く「映画」を作ろうとしているので、このシリーズのファンの人、普通に「映画」を楽しみたい人、どちらとも中途半端な感じを受ける人は、多いかもしれない。

作り手は、そこのバランスを取ったと思うが、ネットなどで賛否両論なのは、その辺りが原因かも。


3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ