インセプション  新作レビュー

★★★★

ずーっと観たかったけれど、最終日にようやく鑑賞できた。久々に重厚で面白いハリウッドの大作SF映画に出会ったなあ、というのが素直な感想だ。

僕は、クリストファー・ノーラン監督の前作「ダークナイト」にすっかり心を奪われてしまったが、今回もその豊かなイマジネーションと、よく練られた物語、そして見応えのあるビジュアルに圧倒されてしまった。

人の夢や深層心理に入り込み、そのアイデアを盗むことを仕事にしている主人公が、大企業の社長に依頼され、ライバル企業の後継者の夢に入り込み、ある意思を埋め込む(インセプション)ことに挑戦する。

夢が何層にも分かていて、その断層にはいり込む主人公自身の夢や深層心理が投影される、というアイデアが面白い。

つまりは敵の深層心理の秘密を探るためにその夢に入り込んでも、主人公は自身のトラウマや苦しみの原因となっている深層心理と闘わなければならない。

そこが、この映画を非凡なものにしている。主人公はある事件から妻を亡くしているが、妻が亡くなった原因が物語全体を支配していて、その原因がはっきりしてくるのと同時に、物語は何重もの仕掛けを解き、やがてその全貌が明らかになってくる。

これだけ複雑な物語を、すっきりとした物語と脚本に整理しながら、家族愛や夫婦愛という普遍的なテーマも盛り込み、余韻のあるラストに繋げる手腕は見事。夢だからこそ、何でもありのビジュアルを、きちんとした「絵」で見せる技術も凄い。

ラストはネットなどでもずいぶん解釈が分かれて論議になっているようだが、それこそ、クリストファー・ノーラン監督の狙いだろう。この現実は本当に現実なのか?こうした問いかけをし、成功したSF映画は「ブレード・ランナー」以来かもしれない。



2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ