幸福の黄色いハンカチ  名作・傑作を語ろう!

 「出口のない海」で脚本を担当している、山田洋次監督の傑作。山田監督と言うと、どうしても「男はつらいよ」シリーズが一般的だが、それ以外にも傑作は数多い。

 最近の時代劇「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」も秀作だが、松竹大船調を正統に受け継いだ作風に加え、ユーモアあふれるコメディタッチの中にも細やかな人情を描き込んだ作品こそ、山田監督の真骨頂だと思う。

 個性あるキャラクターを活かし、多彩な山田ワールドが展開される寅さんももちろん素晴らしいが、役者さんの個性が100%以上に生かされ、ユーモアを交えながら物語が感動的に進むこの作品は、日本映画が描いてきた人間ドラマの到達点の一つと言っていいと思う。

 まず、健さんが素晴らしい。過去がありながら、妻への思いを引きずっている不器用な性格が、一つ一つのセリフ、たたずまいから痛いほど伝わる。これと対照的な武田鉄矢、桃井かおりの不器用な若いカップルも、今の芸達者ぶりとは全然違う、振る舞いやセリフを言うときの自然さが素晴らしい。

 不器用だけど心優しい男と若いカップルが、大自然豊かな北海道で出会い、お互いに刺激しあいながら旅をし、最後は分かり合って感動のラストーと向かう。ロードムービーとしても秀逸だが、この3人のやり取りがいい。

 さりげないシーンだが、健さんが桃井かおりに「姉ちゃん、何の仕事してんの?」と尋ね、列車の車内販売をしている、あれも結構大変だ、と受け答えをする場面が印象的だ。3人の心が微妙に近づいていることが何気ないセリフから分かる。公開当時、僕は中学生だったが、このシーンに「山田監督ってすごいなー」と思ったことがある。(ませたガキだ)

 あと、佐藤勝の音楽が印象的だ。佐藤勝のスコアはメロディアスではないし、どの作品も同じような音使いなのだが、最近の映画音楽のように、やたら起伏のあるメロディーで映像世界を邪魔することは絶対にしない。

 それでいて、映像の効果を高める情感ある音楽を付ける「映画音楽の作曲家」としてはプロ中のプロだが、この作品でもラストのハンカチがはためく場面などで、佐藤勝の実力が発揮されている。

 そうそう、この映画、「チルソクの夏」でも上野樹里扮する真理とボーイフレンドの宅島先輩がデートする映画として登場します。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ