GANTZ  新作レビュー

★★★

原作コミックは1巻を購入して読んだ。あとは飛ばし読みで、最近は「ヤングジャンプ」誌上で読んではいる。

原作は面白いが、僕には生理的に受け付けないところがある。これは好みの問題だと思うので、否定する訳ではない。いろいろな感じ方があるからこそ、物語は価値がある。

さて、そういう意味でこの映画版も「どう感じるだろう」と思って観たが、正直、原作コミックより僕は面白い、と思った。

この前編は、これはこれで一つの物語として成立している。ガンツの意味も、なぜ戦うのか、なぜ死者が蘇るのか、という疑問も、正体不明な星人も、説明がないまま物語がグイグイ突っ走るが、これがこの映画の魅力で、テンポもよく、アクションと特撮のバランスもいい。後半のVFXの出来に多少の不満はあるものの、佐藤信介監督は勢いで一気に見せてくれる。

キャラクターも魅力的で、二宮和也、松山ケンイチのダブル主人公は好演していて、2人ともこの世界観に十分魅力を感じながら演じている感じがしっかり伝わってくる。ヒロインの戦士を演じた夏菜が魅力的で、その登場シーンは原作のグロさを薄めてはいるものの、かなり強烈で印象に残る。

後編の出来次第だろうが、これは日本のSF映画の新たな地平になるかもしれない。

後編では進行中の原作コミックとは別の展開を見せ、あるていどの結論と結末を見せるという。どうぞこのままのテンポをキープしたままの続編にしてほしい。せっかく小気味のいいSFアクション映画だったのに、急に説明的な映画にならないことを期待したい。

それにしても、前後篇の2本興業の作品が最近の2本映画に多い。作品の尺や、語りたい物語を展開するのに、仕方なく長尺になって2本にするのならともかく、「2本にすればそ
のまま興業成績が期待できる」的な、安易な興業的理由で2本にするのならやめてほしい。そんな必要も意味もないと思うし、いたずらに映画の価値を下げることに繋がりかねない。

この映画は前編と後編は雰囲気も違うし、前編を見たあとに「続きが見たい」と思わせてくれたが、中には「別に前後編にしなくても」と思う作品があるのも事実だ。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ