SUPER8 スーパー8  新作レビュー

★★★

ちまたでは「グーニーズ」+「E.T.」なんて言われているらしいこの作品。

少年たちの物語にクリーチャー(怪物)や米軍の陰謀が絡んでくる、小さい町を舞台にした大規模な話なのだが、確かにスティープン・スピルバーグ監督の影響を受けて育ったJJエイブラムス監督が、スピルパーグ当人の製作というブランドを得て、スピルバーグ作品(製作作品も含む)へのオマージュを捧げまくった、ということは言えるだろう。

ただし、細かい点、たとえばクリーチャーの造形や徹底した迫力の列車事故のシーンなどに、これまでの作品でも見せてきたエイブラムス監督のこだわりぶりを見ることができる。

1979年。8ミリ映画(これがゾンビ映画なのだ)を撮影中の中学生たちが、線路そばの廃墟でロケ中、謎の列車事故に巻き込まれる。中学生たちは逃げるが、そのまま回っているスーパーエイトの8ミリカメラには、ある何かが映っていて…。

映像に映っている「何か」の正体をめぐって、まちが大騒ぎになり、子どもたちが巻き込まれていく。

子どもたちの冒険譚にSFスペクタルの要素を入れているが、映画の芯は少年期の「初恋」にあり、そこを軸に友情や親子の絆が描かれていく。

ストーリーテリングはさすがで飽きさせないのだが、出てくる少年たちのキャラクターはどこか類型的で、様々なエピソードが絡んできてもなかなかテンポ感が出ないまま物語が進行していき、全体的にはどこか大味な印象になった気もする。

ヒロイン役のエル・ファニングが魅力的。お姉さんはダコタ・ファニング。幼い中にもドキっとする艶やかな表情を見せていて、この映画の大きな魅力のひとつになっている。

映画にあこがれ、少年時代、8ミリ映画の製作に取り組んだ人は多いはず。僕も若干思い出があり、少年時代にスピルバーグ映画に魅せられたので、「わかるわかる」という感じでスクリーンを見つめていた。

ちなみに、日本ではコダックの「スーパーエイト」ではなく、富士フィルムの「フジカシングルエイト」が一般的だったはずである。

可笑しかったのは、少年たちが全員で「マイ・シャローナ」をうたうシーン。

1979年、僕は中学3年生だったが、この歌が大好きでよく大声で歌っていたのだ。で、友達からこの歌の歌詞がかなりHであることを聞かされ、それから聴いたり歌うたびに、妙に興奮したことを思い出した。

あのシーンで、生意気で頭の中は映画と女の子のことはかなかったあのころのことを思い出したのだった。

それから…俳優の少年少女たちが実際に撮影した、という8ミリ映画が流れるが、これはなかなかのできあがり。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2011/7/5  23:55

 

「SUPER8/スーパーエイト」★★★☆
カイル・チャンドラー、エル・ファニング、
ロン・エルダード、ノア・エメリッヒ 出演

J.J.エイブラムス 監督、スティーヴン・スピルバーグ製作
111分 、2011年6月24日,
2011,アメリカ,パラマウント ピクチャーズ ジャパン
(原作:原題 




AutoPage最新お知らせ