一命  新作レビュー

★★★

三池崇史監督、「十三人の刺客」に続いて手がけたのは、かの大傑作「切腹」(小林正樹監督)と同じ原作小説を映画化した、この「一命」。

「切腹」のリメイクではなく、原作となった小説の二度目の映画化、と宣伝されているが、物語の構成は「切腹」とほぼ同じだ。まあ、確かに語られるテーマ的なところのアプローチは違うが。

この映画を観て、「切腹」はやはり大傑作だったなあ、思う。武家社会、と言うか集団主義の危うさを描いた現代にも通じる見事なテーマ性、仲代達矢、三國連太郎、丹波哲郎ら役者の重厚な演技、意外な物語展開…本当に凄い。

かの黒澤映画を多く手がけた橋本忍の脚本は、娯楽性と社会性を見事に融合させている。そして、その複雑になりがちな物語展開を、小林正樹監督がまた見事に、鮮やかに映像化している。

その「切腹」があるにも関わらず、三池崇史監督は、同じ原作で冒険に挑戦した。そのパイオニア精神は凄い。

この「一命」は、物語展開こそ「切腹」と一緒だが、武家社会の矛盾を突く主人公の行動は根本的な部分で「切腹」の主人公と違う。ここがこの映画の味噌で、三池監督の考えもここにあるのかと思うが、その点から「切腹」とはまた違う印象を観客に与える。

そこはよかった、と思う。ただし、同じ小説を映画化した「切腹」があまりに凄過ぎて、ちょっとかすんだかな、という印象はある。

「十三人の刺客」の工藤栄一監督版オリジナルは、娯楽性に富んだ、巧妙な脚本による、すこぶる面白い時代劇だが、三池監督は、これを面白い物語はそのままに、侍たちが刺客となる動機に現代的なエッセンスを加え、さらに現代的な徹底したアクションを加えることで、オリジナルとはまた別の面白い作品を創り上げた。

しかし、今回の「一命」は、三池監督の特徴を色濃く残しながら、思い切った原作のアレンジはできず、結局は同じテーマ性を内包したがために、「切腹」の呪縛から離れられなかったのかな、という感はあった。

でも、瑛太、満島ひかりは好演。市川海老蔵も熱演している。

3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ