クランクアップ!  映画つれづれ

11月に開催される周南映画祭の「映画製作プロジェクト」で製作している、長澤雅彦監督作品「レンタル彼氏」が無事、クランクアップしました!

このプロジェクト、映画を上映するだけでなく、もっともっと市民参加型の映画祭にしようと、昨年の周南映画祭でワークショップを開催してくださった長澤監督の御提案で発動しました。長澤監督以下、スタッフ、キャスト共に全員が地元の人々です。監督の指導の元、2月から準備を進め、ようやく撮影になりました。

そして、出演者は、全員が地元の高校生!

とくに、華陵高校舞台芸術部、桜ケ丘高校アーティストコース、新南陽高校演劇部の皆さんには多大なる尽力を頂きました。ありがとうございました!徳山高校の生徒さんにもご出演頂きました。

ある女子高校生が、誕生日のお祝いで、1日だけ親友の彼氏とデートするという、ちょっぴり切ないお話です。

全国でフィルムコミッションが立ちあがり、映画の誘致が進んでいますが、実際は不況などで地方ロケが減っているのも現状です。

そうした中、山口県において、プロの映画監督の指導と演出で、映画づくりに興味と情熱を持つ地元の人たちが集まって「映画づくり」をすることは、新たな「映画」の可能性を広げるとともに、地方の映画文化発信や向上にとっても、とてつもない大きな意味を持つ、と信じています。

「夜のピクニック」「天国はまだ遠く」などで知られる長澤監督が、徳山大学の教授に就任されて2年。こうした機会を与えて頂いた監督に心から感謝します!映像や演劇を志す大学生や高校生たちにとって、計り知れない刺激と影響を与えたと思います。

長澤監督も妥協を一切することなく、渾身の演出をされ、それに応えて、スタッフ、キャストも頑張りました。何より、現場で演じる高校生たちが、監督の演出で生き生きと成長していく姿は、何度も鳥肌が立ちました。彼ら、彼女たちのピュアな感性は素晴らしいものがありました。少しモニターで観ましたが、ゾワゾワするような「絵」が撮れています!

夏にはもう一本、大人が出演する短編を撮影し、映画祭では2本立てで公開する予定です。乞うご期待!!

この写真は、僕が撮ったスチールです。映画のスチールって、難しい…。

クリックすると元のサイズで表示します
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ