緊急告知です!!!  映画つれづれ

緊急告知です!!

な、な、何と、「シネKING」初の、公開収録が決まってしまいました!!

日時は、あす8/10午後一時半から、会場は、下松市のザ・モール周南1階「海の広場」です!!

8/10は、「バイオの日」ということで、9/10公開の映画「バイオハザードWアフターライフ」の公開を記念し、そのキャンペーンの意味も合わせて開催します!

詳しくは(実はそんなに詳しくないけど)番組公式HPで↓

http://www.yab.co.jp/king/

当日は、公開収録のほかに、yabグッズや「バイオハザードW」鑑賞券などが当たるクイズ大会などのイベントも実施!「バイオハザード」シリーズのヒロイン、アリスに扮したyabのマドンナ、八木ひとみアナウンサーも登場!!

うおおおおお!女子アナに萌えよ!マニィ大橋!

でも、公式HPの、

「マニィ大橋を生で見るチャンスです。想像以上の暑苦しさを、ぜひご体感ください。
『バイオハザードW』のPRで、yab八木アナウンサーも登場します。抽選会や写真撮影会も実施予定です。皆さん、遊びにきてね!」

てどうよ。想像以上の暑苦しさって・・・・!!??

まあ、僕を生で見ても誰も嬉しくないでしょうし、僕との写真撮影会は誰も喜ばないとは思いますが、八木アナのアリス姿は必見ということで、たくさんのご来場を、お待ちしております!!
5

真夏に感じる2本の映画  映画つれづれ

きょうは長崎に、原爆が落とされた日です。

戦争や、原爆に関する映画はたくさんありますし、名作や傑作も多いですが、僕にとって、本当に大切にし、心の奥に深くとどめている映画、それは・・・

佐々部清監督の「夕凪の街 桜の国」と「出口のない海」です。

「出口のない海」は、僕が会社をやめた、きっかけとなった映画です。

「チルソクの夏」で「映画の応援」に目覚め、佐々部監督を応援し始めて2年とちょっと経ったころ、人間魚雷「回天」を題材にした映画を佐々部監督が撮る、と聞いて、何か運命的なものを感じました。

30歳になったばかりのころ、いろいろあって、僕は、2年ほど、ホームレス的生活を余儀なくされました。

昼間は新聞社で仕事をしながら、週4日、ホテルで皿洗いとフロントのアルバイトをしていました。新聞社の社長は「勤務時間以外のことは何をしようと俺の知ったこっちゃない」と黙認してくれました。

残りの3日は、会社の配送用倉庫に住み着き、そこでゴザを敷いて寝泊りしていました。給与は裁判所に差し押さえられていましたので、わずかなアルバイト代で何とかしのいでいました。

そんなとき、辛くて辛くてたまらなくなると、休日、フェリー代を工面し、僕は徳山湾沖にある大津島に出かけていました。

そこにある、「回天記念館」には、出撃して海に散った回天乗組員たちの顔写真が、ズラリと並んでいます。不思議なのですが、そのお顔お顔をじっくり拝見すると、僕の気持ちは落ち着き、「たとえ辛くても、明日に希望を託し、きょうを耐えて頑張ろう」と思えるのでした。

お陰で、2年半かかりましたが、何とか苦境を乗り越え、そのあとは結婚もできて、今の平穏な暮らしを手にすることができました。実は、そんな想いもあったので、妻へのプロポーズも、デートへ向かう回天記念館へ行く船の中でした。

そんな想いがあったので、映画の恩人である佐々部監督が「出口のない海」を監督されると聞き、運命的なものを感じた僕は、「少しでもお役に立ちたい!」と勝手に色々とお手伝いを始めました。

正直、仕事に影響が出るほどやっていたので、あるとき、社長に呼ばれました。「映画に対するお前の気持はわかる。でも、仕事に影響するのはまずい。映画か、仕事か、どっちか選択しろ」と言われたので、迷いなく「映画を選びます。長い間、お世話になりました」と会社を辞めてしまいました。

「『出口のない海』を手伝いたいので、会社をやめました」と言うと、佐々部監督はずいぶんと驚かれ、心配してくださいました。そして、色々とご配慮を頂きました。本当に申し訳なかったのですが、そのお陰で独立し、今は映画のことで色々な活動ができ、仕事にできていることに、心から感謝をしています。

さて、そんな思い出と想いが深い「出口のない海」ですが、この映画の優れた点のひとつは「敵」の姿を描いてない点にあると思います。

「回天」は特攻兵器ですが、実は非常に難しい訓練が必要で、訓練中の死亡事故もたびたび起きていました。成功率もそんなに高くなく、言わばとっても非効率的な特攻兵器だった訳です。

だからこそ、「悲劇」だった訳です。多くの若者たちが、こんな非効率的で非効果的な作戦に、なぜ命をかけ、散らさなければならなかったのか。

守るべきものは、国なのか、それとも愛する人なのか−−そして、何のために「回天」に乗るのか−−この映画の主人公が出した結論は、不条理な作戦に命を賭けるためには、どうしても必要な「結論」だったと思います。

この映画の主人公は、ある意味、無様です。何度も、特攻作戦に失敗します。ラストの展開も、同時期に公開された「男たちの大和」のような戦争映画のカタルシスは、まったくありません。

この映画は、「回天」作戦に身を投じた若者たちの群像劇であり、その想いを描くのに「敵」の姿や、壮絶な戦闘シーンを描くことは必要なかったのだと思います。「敵の姿を見たことはあるか?」という印象的なセリフが2度出てきますが、その意味も深いものがあります。

昨年、周南映画祭でこの映画を久しぶりにスクリーンで観ました。最近の日本映画はやたらシュチュエーションまでセリフですべてを説明してしまうものが多いのですが、この作品は、説明過多ではありません。

僕の周りにも「物足りない」とか「分からない」という人もいました。でも、改めて鑑賞して思ったのは、ひとつひとつのシーンやセリフに、作り手の「伝えたい」という思いがあふれている、ということです。とくにこの映画は、観る側が気持ちを持って鑑賞すれば、とっても分かりやすく、様々な想いがあふれる作りになっています。

最近、とくに近年、作り手が発信する電波に対して、受け手のアンテナが鈍い、という感じがします。だからこそ、説明過多な作品が多いのでしょう。でも、だからと言って、そんな説明ばかりの作品を作っていては、余計、受け手のアンテナは鈍くなる、と思うのは私だけでしょうか。

この映画のラスト近く。静かな並木の表情に、僕は自分の苦境を支えてくれた、回天列士たちの肖像を思い浮かべました。

「夕凪の街 桜の国」ですが、間違いなく、日本映画史に残る傑作です。

原作のコミックも緻密な構成を持った傑作ですが、映画はそれ以上の構成力を持って、私たちに原爆の悲劇を通して「家族」や「生き抜くことの大切さ」を訴えかけてきます。

公開当時、麻生久美子さんの演技が評判になりました。

確かに、前半、原爆症によって命を落とす皆実を描いた「夕凪の街」のパートは素晴らしいのですが、僕は、皆実の血を引く、田中麗奈さん演じる七波を描いた現代の「桜の国」のパートがより素晴らしいからこそ、この作品は傑作になりえた、と思っています。

原爆という、人間の遺伝子を破壊する兵器を持ってしても、人間と人間の、家族の「生命の繋がり」を破壊することはできない。

その「生命の繋がり」を、この映画は、原作をよりアレンジしながら、俳優さんたちのリアルな感情による演技によって、強く、強く感じさせてくれます。「桜の国」で挿入される皆実のシーンと、それに続く七波の表情に、僕は心を、魂を揺さぶられました。

2本の映画を未見の方、是非、DVDでもいいのでご覧ください。そして、大切な何かを感じて頂けたら、と思います。



4

近況です・・・  映画つれづれ

本当は、このプログは、映画だけでなく、僕の仕事やいろいろな活動のことも書くつもりでいるのですが、更新そのものが追いつかない状態なので、申し訳ない限りです。

…それで、久しぶりに近況について書きますね。

まずは、NHKのHPで連載させて頂いています、「ハートネットピープル」のエッセイが更新されました。

タイトルは「今再び、苦手と向き合って」です。是非、読んでみてください。↓

http://www.nhk.or.jp/heart-blog/people/oohashi/post_440.html

それから、7月4日は、2つのイベントに掛け持ちで参加させていただきました。

ひとつは、山口県下松市の文化ホール、スターピアくだまつでお昼に開催された、ベストセラー「五体不満足」で知られる、乙武洋匡さんの講演会。

司会を担当させて頂き、高校生たちと乙武さんとのディスカッションでは、コーディネーターを務めさせて頂きました。

スポーツライターを経て、この春までの3年間、公立小学校の先生を経験された乙武さんのお話は、大変に強く胸を打つもので、僕が上記の「ハートネット」で訴えてきたことと共通するものもあり、大変に感動しました。

ディスカッションでは、高校生たちの質問にひとつひとつ丁寧に、誠実に答える乙武さんの姿が印象的でした。

このときの感想は、またいつかゆっくりと書きたいな、と思います。

…そして、夜はスターピアくだまつと同じ敷地内にある、ザ・モール周南オープンモールで、僕が実行委員会の代表を務めている、トリプルセブンコンサート。

愛隣幼児学園・平田保育園の園児たちと先生方のハンドベル・歌で始まり、大道芸のストークバム様、ダンス&パフォーマンスの馬ザイル様、全体合唱指揮者の松本敏訓様、伴奏の松本紀志江様、司会の原田かおり様、本当にありがとうございました!

そして、特別ゲストに、手話を交えて歌を作詞・作曲し、歌われている、サインシンガーソングライターの渡辺りえこさんをお迎えしました。

その手話を交えた、優しい歌声にうっとり。1日2ステージで帰宅するとぐったりでしたが、いずれも心に響くイベントで、改めて「明日からも、人に優しくなろう」と思いました。
5

児玉源太郎・・・「二百三高地」、そして丹波哲郎氏  映画つれづれ

きょう(6/11)付けの地方紙「日刊新周南」の記事によると、周南市観光協会が、明治期に活躍した周南市出身の軍人で政治家の児玉源太郎の銅像を作る、という計画を立てているという。

NHKで放送している「坂の上の雲」に児玉が重要な役で登場することもあって、盛り上がっているのだろう。

で、児玉の命日に合わせ、7月23日から25日まで、周南市内の映画館、テアトル徳山Tで映画「二百三高地」を上映し、この収益金も銅像建立の資金に充てるらしい。

児玉源太郎については、僕も、記事を書かせてもらっている雑誌「月刊まるごと周南」で前編後篇にわたって特集をしたので、興味はある。

その雑誌では児玉が生まれてから亡くなるまで、その業績などを文章と写真で細かく紹介したが、もちろん「二百三高地」についても紹介した。児玉のひ孫にあたる故・児玉進さんは実は映画監督で、松田優作さん主演の「乱れからくり」(1979年)やテレビドラマ「太陽にほえろ!」「レインボーマン」などの演出で知られていることを書いた。

さて、「二百三高地」だが、この映画、メチャクチャ長いけれど、結構、好きだったりする。脚本は「仁義なき戦い」の笠原和夫氏だ。

公開時、右翼映画の権化みたいにマスコミに叩かれていた記憶がある。昭和55年の公開で、当時は日本の軍人を描くことに抵抗感が強いマスコミが今より多かったように思う。

当時、僕は高校生で、そんなに“右翼チック”には思わなかった。白兵戦のシーンはよくできていて、戦争の最前線は壮絶な殺し合いであることが、リアルに伝わってきた。

リアルな戦場シーンによって反戦を醸し出す…のちのちスピルバーグがやった「プライベート・ライアン」での手法を先駆けて展開している。

児玉や乃木というお偉いさんだけでなく、戦場に一兵隊として赴いたロシア文学を愛する教師や若い豆腐屋(キャスティングが演歌歌手の新沼謙治という意外さ!これが好演)ら、平凡な庶民が壮絶な戦争を体験する、というシークエンスを加えることで、映画に深みも出ていたように思う。

…で、とにもかくにも凄いのは、やっぱりタンタンタンバリンの大霊界、いやいや大御所の丹波哲郎氏なのだ。

丹波氏って凄いのは、どの映画も全部一緒。あの抑揚のつけたしゃべり方、独特な表情、監督によって多少の違いはあるけれども、基本的に一緒。セリフを覚えず現場に来られていた、というからまたまた凄い。

この映画では、児玉の実像ともずいぶん違うような気もする…けれど、その存在感というか、重さというか、悲痛さというか、やっぱり凄いんだな、これが。で、やっぱり「児玉源太郎」に見えちゃう。

正に「丹波哲郎」という、ひとつのジャンルのような気がする。演技が上手いとか、下手とかいう次元ではない。これは、「三船敏郎」にも共通することだと思う。

そんな丹波氏で、およそ丹波氏らしくないのに、「巧い!!」とうなったのは、山田洋次監督の「学校W」。あの屋久島まで冒険に来た家出中学生(佐々部監督作品の常連さん、金井勇太さん。好演!!)に親切にするのが、地元のジジイの丹波氏。これは自然体で、セリフも長くて、丹波氏晩年の新境地だった、と思う。

話がそれたが、東映が当時、威信をかけて作った戦争大作「二百三高地」。今ならCGを駆使するのだろうが、アナログ的な特撮と、人員総動員の壮絶な戦闘シーンは必見の価値あり。DVDはもちろん出ているが、お近くの方は、是非、この機会にスクリーンでご覧頂きたい。
3

佐々部監督の新作いよいよ!  映画つれづれ

佐々部監督の新作、ついにタイトル、出演者等が、きょう(4/22)のスポーツ報知で発表されました。↓

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100422-OHT1T00080.htm

その名も、浅田次郎原作「日輪の遺産」。堺雅人さん主演です。

原作を読みましたが、スケールの大きな中にも、人間の生きざまや想いを描いた、佐々部監督ならではの映画になりそうです。楽しみです。

◆なぜか、この記事のコメント欄への書き込みができなくなっていましたので、再アップしました。コメントできるようにしたら、拍手を3つ頂いていたのに、消えてしまいました。拍手を頂いた方、申し訳ございません。是非、また拍手を頂けたら、と存じます。
7

シネKING放送1周年!!  映画つれづれ

おかげさまで、今月で、yab山口朝日放送で毎週金曜日深夜1:15分から放送中の「シネKING」が、放送1周年を迎えました!!

番組公式HPはこちら↓

http://www.yab.co.jp/king/

深夜ですが、視聴率もすこぶる良いようです。つたないMCなのに、有難いです。

2年目に無事突入し、今月から、従来のシネマスクエア7、ワーナーマイカルシネマズ防府、MOVIX周南に加え、新たに「岩国ニューセントラル」様からも、映画情報をお届けするようになりました!

映画によって救われ、映画によって育てて頂いた僕が、生まれ育ったこの山口県で、映画を紹介する番組をさせて頂くなんて、何て幸せなことでしょうか。

この数年、「映画」への夢を思い起こし、そのきっかけを頂いた佐々部清監督をはじめ、かけがえのない仲間たち、そして家族に、心から感謝です。

そして、番組を見てくださっている方々、番組スポンサーの各劇場の皆様方、スタッフの皆様方、このプログを見てくださっている方々に、心からのお礼を言いたい気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます!!

小さな番組ですが、山口県唯一の地上波放送局の映画情報番組でもあり、これからも、初心を忘れず、「映画」と向き合い、その素晴らしさを発信していきたいです!

番組のキャッチフレーズである、「一本の映画で、あなたの人生が変わるかも!」を僕自身の信念として、また番組のモットーとして、頑張りますので、これからもよろしくお願い致します。

8

「武士道シックスティーン」来月公開!!  映画つれづれ

「ロボコン」「さよならみどりちゃん」「奈緒子」「ホームレス中学生」の古厩智之監督の新作「武士道シックスティーン」がいよいよ、来月の4月24日から公開されます!

詳細はコチラで↓

http://bushido16-movie.com/

古厩監督の「ロボコン」は、僕が初めて出会った映画の「現場」であり、同世代の古厩監督との出会いは、正に衝撃でした。

「ロボコン」のとき、監督と少しお話して頂ける機会があったのですが、80年代、90年代の日本映画の話で盛り上がったとき、同じ映画を観て影響を受けた同世代の方が、監督として日本映画界の第一線で活躍していらっしゃる姿は、僕にとって、大きな驚きであり、強烈な刺激でした。

この体験がきっかけとなって、「チルソクの夏」で佐々部監督の作品と出会い、僕は映画への夢を再燃させて会社を辞め、独立することになっていくのですが、その源流は、間違いなく、古厩監督作品との「出会い」でした。

古厩監督の作品は、等身大の「青春」を描いていて、僕たちと変わらない若者が、いつもスクリーンに自然に佇んでいます。

古厩映画の若者たちは、何か特殊な事情があろうと、日常の中で悩み、苦しみながら、映画の中で何かに出会い、ほんの一歩ですが、前に進みます。

ロボットコンテストに臨む高専生たちも、恋愛に悩む女性も、駅伝に賭ける高校生たちも、ホームレスになってしまった中学生も、観客である僕たちの感情にその心を寄り添ってくれるので、僕たちも2時間ほどの間、共に悩んでいるうちに、いつか緩やかで、明るい心に気持ち良く導いてくれます。

この緩やかな流れが、古厩監督の真骨頂である、と僕は思います。

近作で言うと、「ホームレス中学生」は、ベストセラーになって原作とは少し趣を変えていました。

「ホームレス」とは決して特殊な境遇を示すのではなく、主人公が母親を亡くしてから、実は「ずっとホームレスだったのだ」という解釈のもと、兄姉や友達、近所の人との交流を通して、家族の絆を少しずつ取り戻していく姿が丁寧に描かれました。

観客はホームレスになったことはないでしょうが、肉親を亡くしたり、思春期に些細なことで自暴自棄になることは誰にでもあることです。この映画は、特殊な設定でありながら、誰もが通る心の軌跡を丁寧に描くことで、等身大の中学生を描いた、青春映画の傑作になった、と思います。

で、今回の「武士道シックスティーン」ですが、何と、今旬の成海璃子さんと北乃きいさんのW主演ということで、剣道をテーマにした同名青春小説の映画化。

公式HPには監督のインタビューも掲載されているので是非ご覧になって頂きたいのですが、「自分のことがわからなくなってゆれる瞬間」を描いた、とのこと。

思春期特有の感覚を、どう映像化してくれているのでしょうか。これは本当に楽しみです。今回も、悩みながらも、一歩成長していく少女たちの美しくも躍動的な姿を、スクリーンで観ることかできそうです。

僕は「ロボコン」だけが唯一、長澤まさみさんの魅力を最大限に引き出した映画だと今も思っていますが、今回も成海さん、北乃さんという魅力的な10代女優をどう古厩監督が演出したのか、今から楽しみです。

…でも、山口県で今のところ上映の予定がない!!!!近くでは広島のサロンシネマ、福岡のシネリーブル博多駅のみになりそう。

上映運動でも起こそうかしら…。
0

いろいろと・・・  映画つれづれ

このブログ、プライベートやお仕事のことも色々書こうと思っていて、依頼を頂いて書かせてもらっているNHK公式HP内「ハートネット」のブログ・エッセイ以外は、ほかのプログを全部休止して、これにまとめました。

…なのに、映画のことしか書いてないので、今回は、ちょっと、色々と、身の回りのことを書いてみたいと思います。

その、NHK「ハートネット」の連載「計算できんで何が悪いとや!」も、早いもので、連載5年目に入りました!!↓

http://www.nhk.or.jp/heart-blog/people/oohashi/index.html

先日アップされた記事で、何と42本目。自分のハンディ(LD/学習障がい)のことやいじめのことを中心に書いてきましたが、自分のことを書くのは毎回大変で、よく続いてきたなあ、と思います。

「ハートネット」は、福祉に関するNHKの総合サイトで、番組の紹介だけでなく、さまざまな分野の方々のエッセイや、深い考察をしている記事など、読んでいると、勇気や希望がわいたり、色々と考えさせてくれるページがたくさんあります。

その中で、「自殺と向き合う〜生き心地のよい社会のために」というページがあって、僕も「優しさに支えられて」という記事を掲載させて頂いています。↓

http://www.nhk.or.jp/heart-net/mukiau/special9.html

それで、先ほど、ネットをいろいろといじくっていたら、あるプログで僕のこの文章が紹介されていました。

かなり前に書いたものだったのですが、改めて読んで、自分自身、いろいろな想いが湧いてきたのと同時に、こういう小さな文章でも、発信したことで、受け止めて頂いた方がいるのだ、ということに、心から感動し、嬉しくなりました。

日々、傷つくこともありますし、仕事にも追われ、なかなか大変ではありますが、ちょっと前の自分に励まされたような感じがしました。

…で、またまた話題を変えますが、3月1日、山口県内の県立高校で卒業式があり、僕の母校、山口県立徳佐高等学校は最後の卒業式を終えて廃校となり、山口高校徳佐分校へと完全移行しました。

校舎は残るのですが、やはりさびしい、です。

僕は山口高校の近くで育ち、進学校で自由な雰囲気があった「山高」に憧れながらも、成績が断トツでビリッケツの僕にとっては、山高など、とてもとても無理だったので、逆に山高に対する劣等感から、妙な対抗意識を持って、変なファイトを燃やしてました。

だから、母校が山高の分校になってしまった…というのは、ちょっと複雑です。

徳佐高校のころの仲間たち、とくに吹奏楽部の先輩、同輩、後輩たちとは今でも時々集まり、旧交を温めています。

昨年は、お世話になった先生が定年を迎えられたということで、その先生が勤められた歴代高校の吹奏楽部員OBが一堂に集まって、お祝いの会が開かれました。

僕たち徳佐高校OBもアトラクションで寸劇をしたのですが、その打ち合わせを重ねるたび、自分が高校生に戻るようで、楽しかったです。

もう母校はありませんが、いつまでも心の母校は残るのだなあ…と感じます。
1




AutoPage最新お知らせ