すみません!!  映画つれづれ

すみません!!

長く更新できず・・・申し訳ないです!!

予告通り、仕事と映画祭の準備に追われ、寝てない日々を過ごしていました・・・。

・・・ということで、「周南映画祭〜絆〜」間もなく、です。
是非、皆さん周南にお越しください!!

ゲストの方、皆さん豪華ですが、中でも塩谷瞬さん、まさに旬な俳優さんです。
テーマ「絆」に共感され、御縁を感じて頂き、来て頂くことになりました!
「出口のない海」の伊藤役も素晴らしかったですが、
主役を務められた「バッチギ!」をはじめ、「映画」を中心に、
しっかりと前を見据えた、素晴らしい俳優さんです。

そして、松田優作氏を撮り続けたカメラマン、渡邊俊夫さん。
渡邊さんは普通のファンから優作さんを撮り続けるようになり、
優作さんから唯一、プライベートな撮影を許された方です。

その渡邉さんの姿を中心に追ったTVドキュメンタリー
「松田優作は生きている!」も、周南映画祭用の特別編集版を
スクリーンで上映します!!必見です!!
「撮るなら俺の魂を撮ってみろ」という優作さんの問いかけに、
渡邊さんが出した答えとは?トークも必聴です。

佐々部監督も、周南のために駆け付けて下さいます!
これも「絆」です。本当に感謝です。

福澤勝広美術監督も、駆け付けて下さることになりました!!
プレノンアッシュ社長の篠原弘子さんも来ていただけます!!

すごいことになりそうですが、僕はトークショーの司会です。
頑張ります。
8

いよいよ映画祭、そして…  映画つれづれ

先日、山口市の良城小学校で講演してきました!

とっても素直な子どもたちで、感動しました。

「みんな、どんな映画みた?」て聞いたら、手が上がる上がる。

で、当てたら、大きな声で答えてくれました。

そのたびに僕が監督名や出演者名、どんな映画が答えていったら、どよめきが起こって、嬉しかったなあ。小学生から映画、どんどん観てほしいです。

そんでもって、10/8は午前中、周南市銀南街の映画祭事務局にて「周南映画祭〜絆〜」の記者発表。司会を担当しました。

事務局は「シネカフェ」も兼ねていて、コーヒー一杯セルフで100円!!

過去のキネマ旬報や各種映画のパンフレット、プレスシート、秘蔵の映画グッズなどの展示もあって、映画ファンが楽しめるスペースです。

公式HPもオープンしました!↓

http://shunan.eiga.gr.jp/index.html

そして、僕が事務局を担当させて頂いている、
せとうちフィルムパートナーズの公式ブログもオープン。↓

http://ameblo.jp/setouchi-fmp/


せとうちFMPは、今回の周南映画祭の協催団体で、
今回、代表のKOKOさんをはじめとするメンバーが大活躍しています!

さあ、映画祭も、いよいよ盛り上がってきました…。

そしてこの日の午後は、防府市教育委員会のお招きで講演。「防府市人権市民セミナー」でお話させていただきました。

明日(9日)は午前中で徳山小学校、午後が下関市の西市小学校で講演です。10、11日は島根県出雲市です。

ハートピア出雲10周年の講演会に呼んで頂きました。ここは昨年も呼ばれたのですが、スタッフの方たちがとっても素敵で、また再会できるのが今から楽しみです。

11日は、娘たちの保育園の運動会。出雲からとんぼ帰りで、娘の演技に間に合うよう、早朝の列車で岡山周りの新幹線で帰る予定です。

その合間にも、取材や11月のイベントの準備など、様々な仕事が入ってきて…!またボロボロになる予感がありますが、小学校での講演は子どもたちとふれあえるので楽しいし、週末の出雲も楽しみだし、何より映画祭のことを想うとワクワクするので、頑張ります。






9

『ヤマト』実写映画化!!  映画つれづれ

以前、このブログでもコミックやアニメの実写映画化で盛り上がったことはあるが、まさかまさかの「宇宙戦艦ヤマト」本気の実写化のニュースには驚いた。

関係者の間ではウワサになっていたが、山崎貴監督という点に少し安心した。何しろ近年では、「ALWAYS・続三丁目」のプロローグではあったが、唯一「ゴジラ」を、ファンの心に響く形でど真ん中直球を投げた方である。

昔の名作を、オリジナルが持つ良さを生かしながら、新たな感性で作り上げた、という意味では、最近ではJJエイブラハム監督の「スター・トレック」が素晴らしいが、あれぐらいのレベルを、是非「ヤマト」には期待したい。

是非、あのクオリティに挑戦してほしいし、低予算ながらセンスのいい映像で驚かせてくれた「ジュブナイル」「リターナー」の山崎監督だし、今回は予算もたっぷりの超大作でもあるので期待大、である。

「ヤマト」なら、ハリウッド製SF映画のまねっ子にならず、「日本独自」の心意気のようなものも描けるだろう。これが成功すれば、他のSF名作アニメのまともな実写映画化にもどんどん繋がるかもしれない。

…ということで、その話題作「SPACE BATTLE SHIPヤマト」の公式HPがアップされていた。↓

http://yamato-movie.net/

ここから話題のキャストも見ることができるが、賛否両論あるとは思うけど、まあ、おおむねいいのではないかと。情報では香川照之さんの名前も出ていたが、ヤマトクルーのところにないのを見ると、デスラー総統なのか?

ファンとしては、デスラーは是非、オリジナルキャストの伊武雅刀氏で、と思うのは私だけでしょうか。
1

すみません…  映画つれづれ

すみません…!

仕事が半端じゃない量になってくる中、周南映画祭の準備、子どものおたふく風邪、僕自身の体調不良などで、更新できない状態が続いていました。

とくに、コメントを頂きながら、なかなか御返事ができなかったことが心苦しかったです。マーズアタックさま、a社のIさま、K−SASABEさま、仲間たちのFさま、ナットマンさま、大変に申し訳ありませんでした。

ずっと僕のパソコンからコメントができず、携帯電話からコメントを送っていました。携帯でのアクセスが苦手なこともあって、失礼な状態が続いたことを、心からお詫び致します。

そして、やっと、コメントができなかった原因が分かりました!!!

解決できましたので、これからコメントへの返信もできるようになりました。また是非、たくさんのコメントを頂ければと存じます。

さて、副実行委員長を務めさせていただいています周南映画祭ですが、いよいよ10/8に記者発表しての正式発表です。公式HPもオープンします。上映作品、企画、全てにおいて、結構、すごいことになっています!

本番まで一カ月と約二週間ほどと迫って、やっと公表できる、というのはイベントとしては遅いのかもしれませんが、これほどの企画を8月の終わりから進め、紆余曲折しながらも、膨大な量の許諾や準備をこなしてきたのは、実行委員会の皆様方の力を結集したからこそ、だと思います。

これからチケット販売など、エネルギーを使っていかねばなりません。頑張ります!

さて、新作レビューが相変わらず貯まっています。公開が終わった作品も結構あって…。でも、気長に書いて行こう、と思っています。

先日、DVDでしたが、「ニューシネマパラダイス」を久し振りに観直しました。「映画」はやっぱりいい、ですね。「映画」が持つ力をこれからも信じて、頑張っていこう、と素直に思いました。
5

お久しぶりです。  映画つれづれ

…思えば、夏休み前に書いて以来、ブログを更新していませんでした。この間、予告通りの忙しさで、毎日、いろいろなものに追われています。

「更新まだ?」といろいろな方に声をかけていただき・・・すみません。この間、書きたいことやテーマはいろいろと貯まっているのですが、実作業が追い付いていません。

↓の記事にもたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。

まだコメントをお返ししていない方には、ここでコメントを返させて頂きます。 

マーズアタックさま、いつもありがとうございます。

「シネKING」8/21放送分のオープニングで歌ったあの歌は「クレヨンしんちゃん」の現在の主題歌です!子どもたちが毎週見ているので僕も覚えてしまいました。

この回では「BALLAD 名もなき恋のうた」をご紹介しましたが、山崎貴監督、草なぎ剛さん、新垣結衣さんがVTR出演されたのには僕もビックリしました。8/28放送分では、「うんちく」で初めてハリウッド映画「明日に向って撃て!」を取り上げました。

これからも「シネKING」、親しまれ、かつマニアックに頑張りますので、是非、応援して下さい!!

a社のIさま、コメントありがとうございます!

「24時間テレビ」での「マイマイ新子と千年の魔法」イベント、お疲れ様でした。いろいろとコアなお話もさせていただき、ありがとうございました。

僕自身、24時間テレビは子どものころから見ていたので、歴史ある放送イベントでお手伝いでき、感激しましたし、何より愛する映画のPRだったので嬉しかったです。

「マイマイ新子…」本当に素晴らしい作品で、山口が持つ「文化」の発信にもなる、と思っています。決して「子ども向けアニメ」ではなく、久々の、堂々とした「児童映画」の傑作になっていると思います。

御指摘の通り、「ちょっぴり」と言わず、「がっつり」宣伝活動に頑張ります!!!とりあえず、昨日、主題歌CDを地元防府のコミュニティFM局をお届しました!これから、いろいろ戦略も練っていきますね。

さて、「周南市民映画祭」ですが「周南映画祭〜絆〜」という名前になりました。期日は11月21、22、23日です。今、準備の真っ最中で、もうすぐ詳しい内容がご報告できると思います。ゲストの方もお呼びする予定です。上映予定作品の調整が難航していて、なかなかスケジューリングができない状態が続いているのですが、恐らく大丈夫だろう、と思います。

マイマイ新子の全国公開とぶつかってますが、しっかりと調整して頑張ります!!

さてさて、ちょっと更新をさぼっていた間、新作レビューが10本以上貯まっています。どうしよう…。
2

映画・・・そして地震・・・  映画つれづれ

いやあ・・・最近、いろいろなことがありました。

まずは「シネKING」、前回放送分から、かぶり物の色がグリーンからピンクに変わりました。前のものが、早くも老朽化したための処置です。

でも、ディレクターに「夏なのに、なんでピンクなの?」と聞いても、笑ってるだけ。当面はピンクになりそうです。ところであのかぶり物は映画撮影用のカメラをイメージしているのですが、ピンクのカメラってあるの?と思いつつ、収録に臨んでいます。

その「シネKING」ですが、7/31放送分はワーナーマイカルシネマズ防府から「ボルト」「サマーウォーズ」をご紹介。「うんちく」は「長州ファイブ」でした。

8/7放送分はMOVIX周南より「HACHI 約束の犬」「劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」、「うんちく」は8月ということで、僕自身、思い入れが深い「出口のない海」を、ちょっとまじめに語らさせて頂きました。

次回、8/14放送分は、シネマスクエア7よりお届けします。ご紹介する映画は「96時間」「ナイトミュージアム2」です。今回は「熱闘甲子園」放送のため、深夜1時44分からの放送になるようです。雨で試合がなく「熱闘甲子園」の放送がないときは、通常通り1時14分からの放送になります。お楽しみに!!

11月に開かれる予定の「周南市民映画祭」(仮称)で、初の実行委員会が開かれ、副実行委員長という大役を仰せつかりました。佐々部監督応援団の仲間たちと参加しますが、映画を通じて、人と人との絆を深め、まちを活性化する、という趣旨に感動しました。微力ですが、心温まる、いい映画祭にするべく、他の実行委員の皆さまとも協力して頑張りたい、と思います。

それから、いち早く、秋の話題作「BALLAD 名もなき恋のうた」を業務試写にて拝見させて頂きました。この映画、yab山口朝日放送も出資していて、全国朝日系列が力を入れています。「シネKING」でも盛り上げていこう、ということで試写を魅せて頂きました。

感想はまたレビューで書きますが、日本映画ならではの、タイムスリップ物の秀作だと思いました。番組でもしっかり応援していきます。

そして、KRY山口放送が製作委員会に入っている、アニメーション映画「マイマイ新子と千年の魔法」が、いよいよこの秋に全国公開されます。こちらも、宣伝活動などで、ちょっぴりお手伝いをさせて頂けるようです。

この映画の舞台になった防府市は、今回の水害で大変なことになりました。「チルソクの夏」「カーテンコール」「出口のない海」「夕凪の街 桜の国」と製作委員会の一員としてずっと佐々部映画を応援し、支えてこられた山口放送のAさんが、この映画ではプロデューサーを務められています。そのAさんの「この映画で防府の皆さんを元気にしたい」という想いに、胸を熱くしました。

「映画に携わりたい」と会社を辞めて5年。

ようやく、日常が映画でいっぱいになってきました。・・・とっても嬉しいとともに、これから、この山口県で「映画」を通じて何ができるのか、何を伝えられるのか、今の状況に感謝しながら、しっかりと考え、前に進んでいきたい、と思います。

さて、講演のお仕事で静岡県に行きました。そこで、地震に遭遇してしまいました。僕は東部の方だったのですが、それでもかなり揺れました。僕はホテルで寝ていましたが、たまたま起きていて、突然の激しい揺れに驚きました。ケガなどはありませんでしたが、ホテルのエレベーターはしばらく動かず、その日の午前中に訪れたお寺は壁が崩れていたりして、ビツクリしました。

催しは無事開催され、講演もきちんとしてきました。でも、一時、新幹線が動いてない、ということを聞いてビビりましたが、翌日の早朝から仕事があるため、どうしてもその日に帰らねばならず、とりあえず、午後5時ごろ駅へ。

夕方は遅れながらも動いていて、かなり遅れていたので、エージェントの方に取って頂いた指定キップの新幹線には乗らず、目の前を運行する新幹線を乗り継いで、何とか夜遅く、周南に帰ってきました。・・・いやあ、疲れた。

これからいくつか仕事をこなして、13日から15日まではオフ。家族でキャンプに行きます。久しぶりの完全休養になりそうですが、映画祭の準備もあるので、ちょっと不安です。15日は湯田小学校・湯田中学校の同窓会です。10年ぶりの同窓会なので、ちょっと楽しみです。

16、17日は講演で徳島に行きます。18日ごろから、さっき書いたいろいろなことで、忙しさがまた爆発しそうです。ようやく風邪も治り、休めそうな雰囲気になりましたが、またまた秋に向けて大変なことになりそうです。

このブログでは新作レビューが貯まっているのが気になっているのですが、休み明けにしっかり書こうと思います。

頑張ります!!
3

高橋監督の指摘  映画つれづれ

警察犯罪を徹底したリサーチで描いて評判になっている「ポチの告白」など、社会派作品で知られる高橋玄監督の公式ブログをたまたま見ていたら、佐々部監督の「結婚しようよ」を絶賛していて「なるほど」と思ってしまった。↓

http://ameblo.jp/grandcafe/page-9.html#main

「ベタなストーリーを、佐々部さんはノスタルジーではない現実感を並行して描く天才だと思う」「反権力的な人の生き方を、普遍的なイメージのなかで訴求している」という指摘には、ちょっとビックリ。

確かに、佐々部監督の作品は、どれも、家族愛や友情など、人にとって大切な普遍的なテーマを描きながらも、必ずそこに、さり気なく「社会性」や、人々が何かに立ち向かっていく、佐々部監督がよく言われるところの「気骨」を描いている。

思えば「チルソクの夏」の郁子も、「カーテンコール」の香織も、そうだった。最近の作品を見ても「三本木農業高校、馬術部」の香苗もそう。「結婚しようよ」の卓だってそう。「夕凪の街 桜の国」の七波もそうだ。

佐々部映画の主人公たちは、我々と同じ日常を過ごし、きちんと生きながらも、自分が直面した問題から逃げずに、「気骨」や「気概」を持って目の前の壁に立ち向かっていく。

僕たちの実際の生活は「逃げる」ことの方が多かったりするし、大きなものに巻かれて生きていることの方が多かったりする。でも、ちょっぴり他と違っても、そこから一歩踏み出す「勇気」を持ち、踏み出すことが、人生にとって如何に大切なことか、佐々部映画の主人公たちは教えてくれる。

だからこそ、父親や母親が反対しても、海の向こうにいる安君のことを想い続ける郁子をはじめ、幕間芸人の過去を取材することで、過去の辛さを乗り越え、自身の親子関係を問い質そうとする香織、若き日に妻と辛さをのりこえたが故に家族の食事にこだわる卓たちの姿に、僕たちは心から感動するのだろう。

彼ら、彼女たちの「勇気」ある、「気骨」のある生き方は、実はできるようで、できないのだ。でも、そこにはきちんとした「日常」がリアルに描かれているから、僕たちはその「映画」を身近に感じ、共感できるのだろう。

高橋監督の指摘は、また今までとは違う見方としての佐々部作品の魅力を教えてくれたような気がした。今日は、「結婚しようよ」のDVDを久し振りに観てみようかな。
3

次世代に映画を伝える!  映画つれづれ

キネマ旬報の前号で、次世代を担う子どもたちに、どう「映画」を伝えていくべきか、という特集があって、その中の座談会の記事に、佐々部監督が、実際に子どもたちに対して映画づくりを指導している方々に交じって登場していました。

なかなか難しいテーマですが、佐々部監督は、気骨を持つことの大切さ、例えば横並びに「ROOKIES」を観るよりも、1人ぐらい、同じスポーツ物なら、俺は「三本木農業高校、馬術部」を観るよ、という中高生がいてもよいのでは、という趣旨のことを発言されていました。

「なるほど!」と思いました。気骨を持つこと、これはとっても大切なことだと思うのです。ウチの子どもたちも「ROOKIES」は観に行って「よかった、感動した」と言ってはいるけれど、もう少し成長して、同じ世代の友人と映画の話になったとき、一般的な見方とは違う見方をする友人と出会い、そこからまた違う少数意見を聞いて刺激を受けることは、いろいろな感性を身につけるためにも、本当に必要なことかもしれない、と思うのです。

これは映画に限ったことではなく、音楽や小説でも同じでしょうが、こうしたものの観方は、ひとつではないし、いろいろな観方、感じ方があって当然です。

それを雑誌やネットなどから教わることも大切だけど、同世代の親しい友人から感じると、また違うものの観方ができる、と思います。だから、映画を好きになってもらい、そして気骨を持ってもらう、これはとっても重要なことだなあ、と思いました。

それで思いだしたのが、僕が高校3年生のときの話です。当時、スティーブン・スピルバーグ監督の「E.T.」が大流行していました。「あの映画を観てない人は人であらず」みたいな雰囲気が漂っていました。

僕は、そんな風潮が何となくいやで、当時、小難しい映画が好きなフリをしていたこともあったのですが、とにかく「あれは観ない」と決めたのでした。友達からは「お前、映画ファンと言いながら、あれを観てないのは違うんじゃないか」と言われました。

まあ観てないので、作品の批判はしませんでしたが、「みんなが観なくなったら観る」と言っていました。でも、しばらくあの作品はビデオソフトにならず、「観たい!」と思ったときは観られなくて・・・結局、観たのは大学を卒業して間もないころではなかったと思います。

100人が100人、みんな同じ感想を持つ。こんな世の中にだけはなってほしくないな、とつくづく思います。そう言えば、社会に疑念を持ったり、人生に矛盾を感じたのも、映画が教科書でした。

小学生から高校生にかけて「砂の器」「青春の殺人者」「仁義なき戦い」「太陽を盗んだ男」などを観ながら、いろいろなことを教わったような気がします。多種多様でありながら、良質な映画が作られ、それを子どもたちが観ながら成長していけば、社会はもっと健全化していくのでしょう。

この「健全化」は、不良もあり、の健全化ですが。いろいろな人がいて、初めて社会は健全となる、と思うのです。多少、子どもには刺激的な作品でも、子どもはきちっとそのメッセージを汲み取れる、と僕は信じています。

キネ旬の紙面では、次世代へ良質な映画を残していくための取り組みのひとつとして、佐々部監督がご自身が感銘を受けた映画をサイトで紹介している、という発言がありました。これは、ナビタウンの中にある、コーナーです。↓

http://www.navitown.com/weekly/cinema/dvd/index.html

素晴らしい作品ばかりが紹介されているので、レンタルビデオ店などで借りられる際の参考にされるといいと思います。

最新号で紹介されている「仁義なき戦い/広島死闘編」の紹介記事を読んで、僕もシリーズ5部作を一気に観たくなりました・・・。

1




AutoPage最新お知らせ