2019/7/2

香港の若者  ニュース
香港は20数年前の7月1日に英国領から中国に返還された。

その記念日に 1つの法律を撤廃主張するデモが

立法府を選挙するデモへと発展した。

中国本土でも民衆管理の目的で多くのカメラが設置されている国でだ。

きっと、今から一人一人検挙されて 大きな罪状を付けられるのだろう。

しかし、あれだけのパワーが政府転覆、民衆蜂起にならなかった事が不思議だ。

天安門事件でも民衆は天安門に集まりはしたが

結局 軍によって 強制的に解散された。

今回の若者のリーダー格も香港で行方不明になる前に

他国への脱出を考えるべきかもしれない。




報道関係者、デモの群集の最前列でカメラのシャッターを押す勇気はなんなの?

周りから見れば、見事にデモ隊の一員です。

警察から制御されて怪我しても自己責任の領域ではないでしょうか?

不法占拠された立法府の議場から報道していたけど

不法侵入ですよ。 報道の自由なんですか?

おかしいと思いませんか?


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ