2011/6/21

人件費1  メキシコ

歴史的に植民地時代を経て独立した国だけあって、搾取された時代を反映して 労働者側に立った法律と憲法を持つ国だ。 

 退職金:3ヶ月 + 勤続1年当り20日+12日(最高日額上限有り)分
         
 賞与:最低15日分

 利益の10%配当 : 5月支給(前年度退職者、経営者以外の日本出向者を含む)

 週労働時間:48時間(昼勤8時間/日 夜勤7時間/日)

 残業手当:時給の2倍(週9時間超 3倍)

 休日出勤手当:3倍

 有給:6日からスタートで1年後とに2日加算

 有給手当:従業員が有給休暇を取得したら手当を支給(日給の25%)

その他、任意だが多くの企業で採用しているもの

 社内預金制度:1.従業員の給料天引で預金する。
        2.従業員の預入額と同額を会社が補填する。 
        3.年一回、従業員に全額払い戻し
        4.最高裁の判例で会社の補填分が給料と認定→退職金等のベース額に影響!
       




ここに列挙した以外にもまだまだ労働者保護労働条件はある。

国際社会での競争をする今、これだけ労働者保護を打ち出すと人件費だけで競争力は無い。


失業者が減らないと治安の回復は見込めないが、

この条件があるから企業は雇用を増やさないだろう。


でも、実際はこの条件で働くことの出来る人、働いている人は全体の何パーセントなんだろう。

恐らく半分以下なんだろう。

     
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ