2011/3/24

夜気  nature
先日のミズナラと夜を過ごすために再び訪れた。
同じ空気を体の細胞に浸み渡らせるために陽の高い時間から対峙する。

クリックすると元のサイズで表示します
川沿いに夕陽が差し込んできた。

小鳥たちが慌ただしく飛び回る。

クリックすると元のサイズで表示します
柔らかな光を受け、そのミズナラは大きく腕を伸ばし今日の一日を振り返る。
足元にはウサギが訪れたようで、一筋の足跡が遠くから続いて来ていた。

やがて薄暮が訪れる。
蒼い光に纏われ、ミズナラは妖しくたたずむ。
全ての声は失われ、美瑛川が滔々と流れ続ける。
私自身の衣擦れる音もわずらわしいほど静寂だ。

続きを読む
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ