2011/6/4

初夏の声  nature
なにやら外から大合唱が聞こえる。。。

「オーギィ、オーギィ、オーギィィギギギギギギギィ」

窓を開けるとそれは”エゾハルゼミ”の声だった。
昨日まで何もなかったのに一斉にスタートを切ったようだ。

雨が降りそうだったので慌ててカメラを手に裏の公園へ行ってみる。
羽化中はいないかなぁ〜と探すも、さすがに日中だし、雨降り前にはじめる奴もいないかぁとお散歩がてらに林をうろつく。

木々の肌を見てみると沢山の空蝉。
サクラやナラの木にはびっしり!
クリックすると元のサイズで表示します
【おいかけっこ】


一方で真っ白な肌の白樺には稀にしかないようだ。
やはり羽化中に天敵に見つからないようにしてるのかもしれない。

そうしてると雨が降ってきた。
せっかく乾いた体をセミたちはどうしてるのだろうか?
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ