2012/2/4

あたり〜  BC Days(テレ三昧)
さて講習会が続き、山のほうが後回しになっちゃってました。
久しぶりに仲間と山へ。
ここんとこ高山帯は雪が降らず、誰に聞いても良くないとの答え。
しかしながら昨夜は降雪もあったので、本日はマエトカへ。
大混雑のバーデン前と比べると白銀荘周辺は閑古鳥・・・^^;
逆にいえば穴場。

登り始めても誰もいない面ツル。
「いいねぇ」
をみんなでつぶやく。

が、ここんところのコンディションから言うとコシモザラメが多くなってるのは確実。
現に数日前の富良野岳でも雪崩の情報があるくらい。
ということでピットチェック。
昨夜の新雪が15センチほどあり、それがスラブ化してる部分はクラックが入る。
千春沢1280m沢型下りた北向きでテスト CTE10(SC)down40
【コンプレッションテスト手首10回目で雪面から40センチのところでヒビが入って落ちる】
シアーテストではショベルを差し込むと、この部分で前方に軽くpopしてくる。
弱層はコシモザラメ。粒径まで測らなかったが目視でも大きいと感じる。
剪断面はQ2で平滑。
このほか数えるのが大変なほどクラスト板とコシモザラメの層が深さ1m付近まで何層にもなるが、この辺りはCTM27(RP)down80でQ3とデコボコの面、ここはまぁ許せる。
で、1mぐらいからはグサグサのコシモザラメ。

吹き溜まり斜面のため、仲間が20mほど離れた場所で行ったのとでは厚みは違うが一番切れる弱層の様子は同じ。(富良野岳に入った仲間も同じようだったとのこと)

どの沢に行っても沢の北向いてる壁だけがよくない感じで、ボトムと南向きの壁は問題ないので、注意して滑走する方針。

結果。。。。千春沢最高〜
核心部もスキーカットは異常なく、ボトムラインを楽しんでから登り返す。
このままノートラックのボブスレーシュートへ滑り込む。
雪には余計な圧をかけないように表面を流す。

クリックすると元のサイズで表示します

ん〜、いい1日だった。

しかし、雪はこれから悪くなる可能性が長期にわたり増大するかもしれないので要注意でいこう。
0

2012/2/2

孤高の頂  nature
外気温-22℃
放射冷却により、あらゆる熱源が空へと奪われてゆく。
噴煙は急速な冷却のためおびただしい量のガスとなり、その頂を隠している。

いま、三脚もカメラもびっしりと霜に覆われている。
もちろん自分の顔もだ。

半分を越えた月が雪面をほの明るく照らしている。
きらきらと結晶が瞬く。
同じように空ではオリオンが瞬いていた。

レリーズを押す指もやられ始めたころ、ようやく再生モニターに頂が現れた。
たった24秒間。
ほんのわずかだった。
その頂は孤高の世界へと帰って行ったが、存在感は確かなものだった。

クリックすると元のサイズで表示します
【孤高の瞬間(とき)】
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ