2012/11/7

雨の音色(おとね)  nature
暖かい。
どんよりと浮かんだ雲からひとつひとつ、雨粒が落ちてきた。
雨が笹をたたく。
ぽつっ。 ぽつ、ぽつ、ぽつ。
目の前にたたずむミズナラの古木は雨音を吸い取りながら、
色濃くしっとりと濡れてゆく。

クリックすると元のサイズで表示します
【風に流されず】

もうここに2時間いる。
風を待つ。 強い風をただ待っている。
雨脚が強まると古木の穴にゴジュウカラが雨宿りに来た。
なんか、いいなぁ。
目に見えるほど雨は太くなり、風が出始めた。
びゅーーー!と吹き抜ける。
笹が、トドマツの枝が、大きく波打つ。

だけどミズナラの古木はゆったりと座っていた。

標高の高いところまで雨が降り、川が増水している。
もう、雪でいいのにね。
クリックすると元のサイズで表示します
【待ちくたびれたオーディエンス】
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ