2013/3/31

やっとこさデータ移動できた〜  nature
昨夜のスライドショーは2回の公演とも異常に盛り上がり、しゃべりすぎてぐったり疲れた〜
正直、山歩くより疲れる^^;

なもんで今朝は一旦起きたもののそのまま撃沈。 
いま、完全目覚める。

そして数日前から追加した4Tのハードディスク2台。
これで合計3Tから12Tへ一気に容量アップ!
50000枚オーバーの写真を移管していた。

ただデータを移管するならほっときゃいいのだが、使っている現像ソフト「ライトルーム」が厄介で、現像した処理を覚えている「カタログ」なるものがこれではリンクしない。

説明書やネットで調べながらいい方法ないかと実は3日もかかって調べまくりのテスト移管しまくりの〜でうまくいかず、結局ライトルーム上でダイレクトに移管しなければ無理と判明。(たぶん)

これが怖い。。。

元フォルダーの写真が移動で消えてゆくバックアップのないシステムなので、移管中にハングやクラッシュすると写真の原画データが消えてしまう・・・
でもこれしか無さそう。

気合い一発!!!! と思ったけどやめて、どうでもいいっぽい写真から少しづつデータ移管してゆく。  

あーそうですよ。チキンですよ! 

でも面倒。。。だんだん大きなデータを一気にすると。。。
やっぱダメなやつ出てきた。
でも消えても許せるっぽいものだったので続け、さらに2日かけて先ほど目覚めたときにすべてが完了していた。

大きな損失も無くセーフ。

お願いだADOBEさん。 もっと簡単でそして安全な方法を搭載してくれ。
 クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/3/27

the night “敗退”  nature
朝の予報では夕方前に少し風が強いだけで、翌朝には落着くようだった。
そして完全な晴れ。

久々の 「the night」 の予感だ。

昼前に登り始め、気温の急上昇とともに顔がジリジリと痛い。
風が強くなる前に山頂に到着。 
久しぶりの撮影全荷は肩が凝るな。

静かな頂で、小さなシェルターを作り機材を放りこみ、念のため自分用の三角座りのスペースだけ確保する。

予定通り夕刻前に風が強まるが、一向に治まってゆく気配が無い。
むしろこの風の吹き方は大荒れの前兆だ。
あわてて友人に風のデータを見てもらう。
「明け方までに15m以上の風になる」
しくった。
すでに15mなど越えている。

シェルターを撤収、下山を基本にもしかしたらということで雪洞も視野に入れておく。
風は“吹く” “止む”を繰り返し、徐々にタイミングが早まり、強くなる。

「日没で下山だな」
そう決めたら荷物をまとめ、最後の一瞬まで撮影に集中する。

クリックすると元のサイズで表示します

夕焼けに染まる。
霞んだオレンジ色で春が来たことを感じる。
クリックすると元のサイズで表示します

今日ここで星空を見れたらどれだけ良かったろうなぁ。
すべての荷物を背負い、山頂から滑り下りる。
風で薄く吹きだまったパウダーを、青白く暮れる中で楽しむ。

そんなことも束の間。 あっという間に分厚いサンクラスト。
一切曲がらない。
荷物が凄いだけにこけるとヤバイことになる。
慎重に、、、時には小鹿のように揺れながら。

クリックすると元のサイズで表示します
一息ついて森の中へ。
このころには真っ暗でハンディライトで照らして滑る。いや、降りる。

白銀荘に着いた時には汗だくだった。
森の中で撮影しようと思ってやめたのは正解だった。

温泉につかって一息ついたら道路沿いの撮影を始める。

続きを読む
2

2013/3/15

雪氷災害調査チーム研修  BC Days(テレ三昧)
14-15日と雪氷災害調査チームの研修でした〜
泊りは旭岳温泉ヌタプカウシペ。
初日は夕方からで事務関係、12月の三段山の事故の関係の発表。
気象や雪の研究者の発表を見ながら物凄く勉強になり、また自分のデータ統計も間違っていないと確認できてかなりの好感触〜
そしていつものように雪の専門家尾関さんと結晶トークを始めてしまい、フェチな、ちゃうちゃう、マニアックな世界へ。。。
あ、俺は尾関さんの足元どころか地面にも及びませんが^^;
そして案の定、夜中の1時半まで写真では見せれないほどのアルコールが消えてゆく・・・

翌日は、旭岳での研修メニューを取りやめ、数日前に発生したカミホロの雪崩事故調査へ。
安政火口に入るとすぐ、
クリックすると元のサイズで表示します
自然発生でいっちゃってます。規模はそれほどではないですが。
そしてカメラ鉄塔手前に着いて風が物凄く吹き荒れる。
もう現場(北西稜)では調査できない雰囲気なので、研修とイメージ的なものを踏まえて周辺を掘ってみようかということに。

で・・・おれが一番ですか・・・そうですかぁ

対岸の斜面へ見に行くもまあ見た目どりのガッチガチでデータの意味もない。
結局、完全研修モードとなるのですが俺が対岸から戻るときにどんだけいやらしい雪があるのかちょっとだけ上手のカメラ下のボトムにほんの少しスキーで入ってみると、、、

お〜ふっ。。。

思わず三段側のべっとり雪の着いた斜面を見てビタ止まりしてしまった。。。

シューティングクラックは入らないものの踏みたくない感触の一歩手前。
雪の中がスッカスカ。。。
これもう少し高いところで風の影響を強く受けた硬めのウィンドスラブならいくなぁ。。。

ということで、「ダメダメダメダメ、奥への通過もダメ」 

三段山稜線からドッパリ落ちてくることあったら圧死だもんな〜

ということで、この後は雪の調査、ビーコン練習、ロープワーク練習と一通りやって終了。
みなさん、おつかれさまでした。
クリックすると元のサイズで表示します

いやぁ。。。。久しぶりにマジいやな感触だったなぁ。。。
0

2013/3/8

『でぃあぼーん』な日  BC Days(テレ三昧)
さて大荒れの翌日は快晴です。
今日は白金の森でスノーシューツアー

すっかり春模様の雪が固まった森をまったりと散策。
この雪になるとガシャガシャと音が出るので動物たちには逢いにくくなるのですが、
今日は結構大盤振る舞いでした〜

なんかあるなぁと歩いて行くと!!!

クリックすると元のサイズで表示します
なんとさっきまで食べてたような見事な『でぃあぼーん(鹿骨)』が!

クリックすると元のサイズで表示します
なんだかサーモンのるいべみたいでおいしそう〜

クリックすると元のサイズで表示します
あっちから見たり〜
クリックすると元のサイズで表示します
こっちから撮影したり〜^^


お次はミズナラの古木のところで川を見下ろしていると、クマゲラが頭上を飛んできた!
「キロキロキロ、キョーン」と。
目の前の針葉樹に止まると、すぐさま川の対岸へと戻る。
その後もつぶやくよな声が聞こえるので、もしかしてつがいでいるのかもね〜

今度は河原に降りてみると、鹿の親子が川を渡っていた。
雪も硬くなって歩きやすくなったからいいね。

森の中は倒れた大木も多く、僕たちにとってはジャンプ台に!
クリックすると元のサイズで表示します
『とりゃっ!』
クリックすると元のサイズで表示します
着地! なぜか地味に指先まで伸びてます^^;

のんびりと木漏れ日の中を若さを感じる白金らしい森歩き。
なんといっても誰もいない森をゆ〜っくり歩くと自分も動物になった気がするね。




続きを読む
0

2013/3/7

ぷちパウダー&ストームツアー  BC Days(テレ三昧)
さて今回は白銀泊りで2連チャン。
先日の暴風で山はワヤな状態なのはわかってるけど・・・・

初日
あざ〜す^^
ここだけ降ってま〜す。
ガッチガチの面が多いけど、なんとか猛烈に降ってくる雪に助けられて風下にはパウダーが。
ありがたやありがたや。
短いですけど誰もいなくなって5本もやってる間に降雪量も一気に増えてラストは腰パウってな感じ。

にしても、2本目の準備にて1本目で若干不安定な積雪をチェックしてたので今度は少し下の安定したとこにいたんだけど、その真上に数人のパーティーがさっきのおれのテストカットをトレースしながら入ってくる・・・
しかも微妙にハンドテストっぽいのをしながら・・・
危ないと思ってるなら人の真上に入らないでほしいよなぁ〜お願いだから。

したっけ2日目
快晴です。ザデイです。
なわけ無く、すぐに暴風が降りてきた。
あっという間に周辺の人が帰る中、まいったなぁと思いながら、オーダーされた山域で何とかならないかを風を見ながら移動。
しかも何とかなるかもしれない^^

まず1本目は青空もあり、予想以上のいい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
0.2秒後には爆裂してひとりブリザードもいただき〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

違うところに登り返すと度々耐風姿勢のまま動けなるほどの暴風・・・
結局2本目はどこにいっても片栗粉スノーになってしまい、おーまいがっ!
いわゆるテレマーク殺しっていうやつね^^;
だから気を取り直してソーセージタ〜イム!
クリックすると元のサイズで表示します

さらに登り返した長いバーンは一瞬でアイスバーンに変化してしまったので、
押さえの斜面に移動したらいい感じですわ〜
まぁ表面20センチがかなりソフトなスラブがあり、ハンドシアーで弱層は見つかったが、
このタイミングならギリオッケー。  間に合った〜って感じですね^^
いろいろとパーティー内のセーフティーを仕掛けておいてドロッ〜プ。
クリックすると元のサイズで表示します

いろんな雪ありで、ごちそうさまでした〜〜!

で、下山と同時に・・・
クリックすると元のサイズで表示します
セ〜フ!
0

2013/3/5

3月スライドショーのご案内  photo
じつは1月2月も地味〜にやっていたんですけど、案内してませんでした^^;
なんせ忙しくて忘れてましたよ。

で、3月のスライドショーのご案内です。
今月は2回です。
無料で観覧できますのでホテル泊からテント泊の方までお越しください。
ラビスタ以外からのお客様はフロントに、スライドショーを見たいとお声をかけてください。
お暇な方はぜひ遊びにお越しください。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/3/4

2013東大雪ぬかびら 初心者のための雪崩事故防止セミナー  BC Days(テレ三昧)
3/2-3に東大雪ぬかびらにて、初心者のための雪崩セミナーを開催してきました〜

道内は大荒れの天気で、多くの被害者を出すこととなり大変なこととなっていました。
謹んでお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。

さてここ糠平はそんなことが気づかないほど2日間とも快晴の中で講習会が行われました。

初日は講義に次ぐ講義。
雪のこと、雪崩のこと、医療のこと、メンタルのこと。
いろいろと雪山に入りたいからこそ学ぶ基礎を学んでゆきます。
ね、だって楽しいんだもん^^ その能力を身につけなくちゃ。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてビーコントレーニング。
もう、ビーコンは進化しすぎて練習してすぐに捜索できるようになってきたので、最近ではそのビーコンに特化した捜索方法のノウハウも練習します。

2日目は雪の観察、ビクティムレスキュー、
そしてコンパニオンレスキュー
クリックすると元のサイズで表示します
救助計画を立て、

クリックすると元のサイズで表示します
いろいろな実例をもとに捜索訓練をします。

クリックすると元のサイズで表示します
ぬかびら名物【埋没人形】もとい!
【埋没人間コバヤカワ】・・・・・埋没職人歴4年 パートナー募集中
今年はテンションが低いと、自身つぶやいていましたが、そこは職人。
安定した技術が光ります。

クリックすると元のサイズで表示します
そして救出。

今シーズンの受講生はいろんなトラップをかけても救出が早かった。
もちろんリアルな現場ではないので実際にはもっと時間はかかることになるが、
十分自信を持って、そして技術と知識を重ねてよりよい雪山遊びをしてほしい。


来シーズン、糠平では主催者と【アドバンスコース】を開催する方向で計画を進行中です。
おおむねメニューは、ビヴァークの仕方、傷病者搬送、気象データの収集、(スキー&ボードなど)ツアーの計画の仕方から実際のツアーを参加者で行う”レスキューツアー”などの予定。
過去の手稲・カミフ・糠平のレギュラー受講者だけが参加可能となります。
来シーズンに案内が出てきたらぜひ、参加してみてくださ〜い!

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ