2013/12/31

2013ラストデイ  
2013年もあと数時間。
みなさま本年度もありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/12/31

三段山〜  BC Days(テレ三昧)
さてと・・・
この猛烈な悪コンディッションの中、自然には逆らえません。
そういうときは安全第一。

今日は三段山の一段目のみ。
前日の仲間の報告から2段目には行かない。
他のパーティーは様子を見に行ったようだがすぐに降りてきた。

僕らはその間に数本いただく。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

思ったより滑れる。
テレマークターンもできるぐらい。
よし、明日はなんとかなるか。。。な? ^^;

後ほど各方面の情報を集めるとある場所をのぞいてみんな苦労していたようだ。
苦労した分、この雪がいいベースになってほしいですね〜
0

2013/12/30

今日は低い山〜  BC Days(テレ三昧)
もう降りすぎです。
朝起きたら30pの降雪。。。出来る限り雪はねして出発〜

今日は高山帯は猛吹雪に違いないし、樹林帯も埋まり切ってないことを考えて、
旭川近郊で低い山に行く。

なんと旭川方面はあまり降っていない。
しかも晴れている^^

期待してお客さんと入山口に来ると知ってる顔が^^
「くにちゃ〜ん、行くとこ行くとこ会うね〜〜」って!
ここはラッセル要員もいっぱいいればいいのでまとめて出発。

おっと、結構詰まった雪です。
代わりべんたんでラッセルしてようやく斜面に到着。

このころには晴れ間もあるが猛烈に風が出てきた。
斜面もきついしうねってるし、雪も重めなので弱層テストを2度やってみる。

うむ。中間的な結果とやや悪い結果寄りだったので悩む。。。
弱層(55と70センチ)の上に載ってる雪が重く、たっぷりなので安全パイ側にシフト判断し、尾根気味の滑降ラインにする。。
*上記弱層は雲粒なし降雪結晶。他には粒系のごく小さなコシモザラメの層が下にあり、さらに下には2層の雲粒なし降雪結晶がある

1本目は「ぬるりぬるり^^;」した雪を楽しむ。
2本目はもう少し急な斜面で大きなうねりにテレ組は翻弄され、お客さんだけ快適に滑ってくる。
クリックすると元のサイズで表示します
か、かっこいい・・・

クリックすると元のサイズで表示します
目の前のカメラにいいとこ見せようと色気を出したクニちゃんはあえなく激破!

クリックすると元のサイズで表示します
中ちゃん、いいしょ〜

さて、帰りは日も短いし、時間がかかりそうなので出発。
案の定、帰りもラッセル・・・

おまけに帰宅したらものすごい雪だったので、車で胸ラッセルして慣らしてみた^^;
この後は。。。。とりあえず今日は見なかったことにした。。。
クリックすると元のサイズで表示します

あした。。。がんばろ〜
0

2013/12/29

きょうはトライテレマーク!  BC Days(テレ三昧)
ということで、テレマーク試乗板体験DAYでした^^

いざ始まってみると、申し込みに来るわ来るわ!
スタッフ一同てんてこ舞いで昼ごはんも食べる暇なし。
でもやった甲斐があるってものです。

友人たちもたくさん来てくれて、ボードを辞めてテレ転向の勢いでコーチを受けてたり。
フィールドアースのモトさんも来ていろんなタイプの板を試乗し、フィールドアースらしい特性の中にテレに合うフォルムはなんだろう?と談義をしたり。
ちなみに今季モデルのCNYを試乗したら乗りやすい。
一般的な板に、切り返し時のスライド感が少し加わっていて、エッジグリップもいいので、いきなり3Dを乗るより2DのCNYから始めると、新たなテレマークの遊び方が見えるかも。

クリックすると元のサイズで表示します

来月末にもトライテレマークやります!
今回来た人も、来れなかった人もぜひ!

かも〜んじょいなぁす!
0

2013/12/25

icebar  photo
昨夜は旭岳温泉ホテルラビスタのアイスバーの撮影。
アサヒビールさんとのコラボで運営するアイスバーの広告用です。

とその前に、忠別川あたりで撮影してたらグングン気温は低下。。。
撮影に入るころから-15℃。。。
ちゃ、ちゃっぷい。。。
星の撮影してるより中途半端に動き回って汗をかくので、ちゃっぷい。。。

でも、快晴で星もいっぱい出ててコンディション最高!

あぁ〜ブツ撮りしてるウィスキー煽りたい〜
のを我慢して撮影アップは午前零時をまわった。

スタッフのみなさんも寒い中ご苦労様でした^^

一応写真はアサヒビールさんのものなので、ぜ〜〜ったい使われないはずの1枚だけアップします。
クリックすると元のサイズで表示します

個人的には、ホテルとアイスバーの頭上に輝くオリオン座のショットが使われたらうれしいなぁ〜
1

2013/12/22

お久のやわやわアイテム  BC Days(テレ三昧)
なかなか雪も降らないし、という感じなので今日は午前中だけ集中して久しぶりの細板皮靴で初練習〜
なかなか感覚が戻らずやたらに最初はコケまくったが、引っ掛かるエッジも調整しながらアンギレーションができてくるとようやく安定してきた。
途中、仲間と合流したので(二人はレース板となぜかファット板)急斜面側も弱冠ビビり入りながら滑る。
このガチガチバーンは辛いので思いっきりスキッド。
そのうち慣れてきてエッジも噛むようになる。

したっけ後続を滑る仲間を振り返った瞬間にアウトエッジが噛んでハイサイド&バックドロップ!
なんだかこなきじじいが首にしがみついてる感じがするんだけど、肩から無駄な力が抜けてだんだん滑りが良くなる〜
って、いいのやら悪いのやら^^;

さてあと何回か練習したら山でも久々に細革でいけそう♪ かな? ^^;
クリックすると元のサイズで表示します

このあとこぐま座流星群のピークが待ってるけど・・・むむむ。
曇ってきた。。。どうすっかなぁ〜
0

2013/12/21

今日はプリント中〜  photo
『ブログの写真をプリントしてほしい』と注文が入ったので、今日はプリント作業中で〜す。

クリックすると元のサイズで表示します
【しばらくは乾燥〜】

この写真は僕もPCの画面にするぐらいお気に入り。
さすがお目が高い^^


こんな感じで、ホームページのギャラリーだけでなく、ブログに載った作品もオリジナルプリントできますので、お気に入りがあったらぜひご注文ください。

お部屋に写真を飾るととても豊かな感じになりますよ!



0

2013/12/21

Moon's Halo  nature
「さて、寝るかな」とその時覗いた外気温計は-9℃だった。
「晴れたか」と少し冷たい空気を吸いに玄関を開けると、
月が淡くぼやけ、大きな白いハロ(暈)が出ていた。

わずか数分後には機材を積み込み走り出していた。

肉眼で見てもはっきりとしているハロは久しぶりだった。
山に着くと視界いっぱいにハロが広がっていた。

静かな夜。
放射冷却をするも山の上は0℃付近で気温の反転現象が起きていた。
ダウン2枚重ねでは少々暑い。
まるで暖房のきいた室内だ。

なんとも言えないほどきれいな白い環はいつまでも辺りを照らしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2013/12/19

さんだんやま〜  BC Days(テレ三昧)
いい天気です ^^
昨夜からの冷え込みで我が家あたりも-16℃

ちょっと偵察行きますか〜

と白銀荘についたらuyda orchardの女将と主人に遭遇したので一緒に行くことに。
もう、全面が巨大な表面霜でキラッキラしていておとぎの国のように綺麗です。
アカエゾからの木漏れ日も言うことなし。
クリックすると元のサイズで表示します

現在二段目はヤブ。
上に上がるとアルパインは全面シュカブラ。
先日の風で洗濯板になってますね〜
というところで全体の積雪量もわかったので滑れそうな所に移動して2本いただく。
やっぱ山の雪は色々あって勉強になるなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
あと一降りですね。

あ〜、帰り道のピンクの十勝連峰は綺麗だった〜^^

*******************************************
ここ数日の快晴と雲海の水蒸気の供給にて、森林帯は日陰・オープン関係無しで表面霜が発達し大きいものは1〜1.5センチある。 アルパインではこれほど大きくはないが表面霜がおおいつくしている。日中は日も照り続けていたが表面霜は融けず、夕方前でもパリパリのままである。
また、森林〜アルパインに共通して表面霜の下は厚みの大小こそあれ表層シモザラメ化している。厚いところでは10センチ以上のところもあり、アルパインのハイマツ帯周辺は積雪もかなり薄いためシモザラメ化が顕著で深くまで進行している。(すべてが深くまでシモザラメ化しているのではなく、しまり雪のところの場所が歩いた範囲では多い。)
滑った感じでも全く雪の結晶には結束力を感じないパラッパラの結晶たちであった。

快晴と薄い雲の供給は今夜も継続しており、表面霜の発達と表層シモザラメ化はさらに続くかもしれない。

今後において、この上に危険な上載積雪がのるような気象条件で推移しないかを気象情報をチェックしておくべきである。
*******************************************
2

2013/12/18

空が近い  nature
雲海を突き抜けるとそこは別世界だ。

月に照らされ、まるで埋め尽くされた流氷に浮かぶ島。

クリックすると元のサイズで表示します

やがて雲は上下を繰り返し、僕は雲の中へ取り込まれた。

流れる雲間から大きな月とオリオンが空から僕を見下ろしていた。

クリックすると元のサイズで表示します
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ