2014/2/3

3代目のミッドシェル  BC Days(テレ三昧)
ファイントラックが設立されて10年ほどになるが、当時僕が欲しいウェアの機能として、ペラッペラの防風透湿性ジャケットでブリザード一歩手前のコンディションでも北海道の1500mまでそれ一枚でアウターの変わりになるものをファイントラックが作ったのを見つけ、「ブリーズラップ」というのを着始めた。
クリックすると元のサイズで表示します
フードは無いもののベンチレーションも良く快適で愛用したが、使い過ぎであっという間に表面がすり減った^^;

つぎにはフード付きなら1500mでも余裕だなぁと探して、当時はこういうミッドシェルが世界ではやりいっぱいあったが、マムート「コンパクトジャケット」に変更。
正直、デザインとカラーと低価格で行ってしまった。。。
クリックすると元のサイズで表示します
ベンチレーションは無かったが200gを切る軽量で透湿性が良くお気に入りだった。

が・・・
今年に入っていきなり全身が汗で濡れまくっって寒い。。。
「へ?」とおもって観察するとウェアのゴアフィルムがシェルから浮き始めてあらゆるところで剥離し始めた。
青森で使っているときは最悪の濡れ具合となる。

でも現行でミッドシェルを扱うメーカーが少ない。
前出のマムートの売れ残り、フェニックスの一部メッシュのもの、ファイントラックのニュウモラップシリーズなどだ。
フェニックスは安いけど風にはめっぽう弱いので北海道では使いたくない。
選択肢がなくなってきたところに、楽天ポイントがいっぱいあることに気付き、即効ファイントラックを注文♪
実は機能性は最高だが、値段の高さと、何よりファッションセンスの無さに常に躊躇したけど、ここはそうも言ってられない。
クリックすると元のサイズで表示します

さっそく昨日の強風マエトカで試すと最高のポテンシャルを発揮!
やっぱメイドインジャパンはすごいわ〜
ただし・・・カラーとか切り返しテープとかのデザインがなぁ〜・・・・
ここさえもう少しだけ良けりゃ高くても即購入対象と思ってる人多いと思うのになぁ^^;
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ