2014/5/29

春の足音  nature
昨日から猛烈な熱風が北海道を襲っています。。。
とくに今日はひどく、空気もカラカラに乾いて塵で白く濁ってました。

そこで今日は森の中でグリーンに癒されに!

クリックすると元のサイズで表示します
こーゆー、なんといいますか・・・木陰で『わ〜〜〜〜〜〜〜い』的な感じが僕的にたまりません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
林床にはニリンソウも咲き始め、

クリックすると元のサイズで表示します
雪解けの流れに水芭蕉も咲いてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
巨木も新しい衣をまとい新鮮なスタートを切る。

クリックすると元のサイズで表示します
猛烈な暑さは雪解けを加速させ、いつもに増して川の流れは勢いを増していた。
こんなに暑くてもさすがにに釣りをする感じじゃないですね・・・

この流れは森を潤し、里を潤し、やがては海へとたどり着き、空へと帰る。

毎年同じようなものを見ていても、春の新緑はココロ楽しくなるもんだ。



にしても、ダケカンバの花粉スゴイ!!
一気に花粉症が出てきて、いまワヤな感じです・・・うぅ。 (涙)
2

2014/5/26

ウェディングお仕事へ・・・  photo
今日は田植えのほうはお休みをもらって、旭川の 『ハーベスト ロード ハウス』にてウェディング撮影のお手伝い。

クリックすると元のサイズで表示します
http://harvest-rh.jp/

新郎が森林関係、新婦がハンターという、ワイルドなカップルだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
あたらしいスタートの第一歩。
おめでとうございます。
0

2014/5/23

一日の終わりに  
田植えも、はや12日目。

一日の終わりに、相棒を綺麗にメンテナンスしてやる。

クリックすると元のサイズで表示します

ずいぶん陽も長くなったものだ。



さてと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

あとは、風呂! 飯!




photograph by Y.Otuka
2

2014/5/20

一足お先に拝見  photo
田植え終わりにモンベルに寄る。

そう。
山田さんが、明日から始まる写真展の準備してるだろうなぁと思ってだ。

クリックすると元のサイズで表示します
【ポスターを飾る山田雅幸氏】

大きくプリントされた作品たちは迫力ありますね〜
クリックすると元のサイズで表示します

弱冠、後ろで『エグザイルっ』って言いながら回ってる奴いましたが、動き遅くてビタ止まり^^;

そして販売のポストカードを準備する相方のまみちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します
【内助の功♡】



ぜひ、みなさまもご自分の目で山田さんの作品たちを見てみてください。
0

2014/5/18

支給〜  
ここ数日、北海道は低温に見舞われて昨日は田植え中止、今日も午前中はハウスの片付けに変更され、気温が少し上がった午後から田植えを始める。

クリックすると元のサイズで表示します
【ハウスでかん水ホース外し】

クリックすると元のサイズで表示します
【冷たい雨の中、新型マシンで田植え中】

気温ひとケタでマシンに乗るには、体にカイロを貼り付け、厚着の上にダウンベストを着こみ、分厚いバラクラバとニット帽をかぶって、ゴアテックスの帽子をかぶり、要の農作業用レインウェアを着込む。

このレインウェアはプロ契約をしているモンベルから支給され、僕の選択はフィールドレインビブとフィールドレインジャケット。
昨年、僕らの農場で試作品をフィールドテストした完成系だ。
http://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=871000

昨今の山レインウェアを使っていたが、どれもこれも軽量化の為に生地が弱くてあっという間に裂けてしまうものばっかりだったが、こいつは丈夫で作業の為の細かい作りが秀逸だ。
特にフードの作りは田植え機オペレーターには死活問題で、ここがこのウェアのもっとも気にいったところ。

過酷な寒い雨の中の田植えでは雨を確実に防ぎつつ、視界の左右ギリギリがパーフェクトに見える優れもの。

頂いたからベタ褒めしているのではなく、マジで最高だぜ。。。
モンベル、グッジョブ!

3

2014/5/10

ウララカ  nature
ようやくサクラの撮影。

フムフム。
日中のサクラ、『ウララカ』 ^^
そして初々しいね〜

クリックすると元のサイズで表示します


ついでに6;17パノラマサイズの作品作りの練習にパチリ。

クリックすると元のサイズで表示します


さてと、仕事に行くか〜♪
0

2014/5/9

ココロと白と黒  photo
ここ数日、去年からモノクロームを意識して撮っておいた写真をレタッチをしている。

とても苦手なモノクローム。
フィルムの時にそんなに撮っていなかったからベースが無い。
最近は高性能なソフトでいろんなフィルムが再現できたり思いのままに調整できるけど、やっていると何が何かがわからなくなることが多々。

とくに朝の光と夕の光が。

沢山のモノクロームの山岳写真を買いこんで見まわす。
3日目に何とか少し、これらの光の扱いの重要さにようやく気づいた。

大切なことは「そのとき何を感じ、何を伝えたくてレンズを向けたのか?」
それをカラー写真よりも明確に意識することだった。



クリックすると元のサイズで表示します
【deer trail】
降りたての雪が積もった初冬。 僕は早朝に森の小道を歩きに行った。
木漏れ日の中、とても気持ちが良く、誰も踏んでいない雪を楽しんでいた。
するとその前にはすでに先行者が。
陽の光に融け、落ちてきた輝く雪。
そんな中をゆったり歩くエゾシカの背中が、僕には木漏れ日の空気の中にはっきりと想像できた。


初冬の楽しい時間はあっという間に過ぎてゆく。
雪面が夕焼け色に色づくと、子ども心のように「まだ帰りたくない」なんて、センチメンタルな気分を思い出させてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
【夕焼け小焼けで・・・】


モノクロームはココロをより深く写しだす。
そろそろ、星空もやってみるかな。
1

2014/5/7

Landscape  nature
昨日の天気はめまぐるしかったですね。
早朝のぽかぽか陽気のあと昼寝をしていたら激しく雨の音が・・・

慌ててカメラを持ち出して白金温泉へ。
着いたころにはみぞれ混じりの雨。
そしてすぐに大粒の雪に変わり、降り落ちてくる。

そんな中で地味〜な写真を撮るんです。
でもそれが大切なんです。
それも自然のひとつの風景ですから。
それに、毎日が高級フレンチのディナーだと飽きるでしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
「もういいよ・・・」 なんて樹のつぶやきが聞こえてきそう。

さて、上のほうも行ってみるか。
そして猛吹雪の中で被写体を探していると・・・

『光がやってきた』

クリックすると元のサイズで表示します
雪の向こうから淡い夕方の光がフレアしてくる。
途端に森は輝き始め、息を吹き返した。

クリックすると元のサイズで表示します

シャッターを切る手が止まらないほど、目の前の風景は魅力的だ。

あっという間にそんな風景は消え失せようとしていた。
次の雪雲が真っ黒になって押し寄せている。
しばし自宅に戻って夜の晴れ間を待つ。
今夜はみずがめ座の流星を見に行こう。

日付が変わる前に撮影場所に到着。
月齢6.9の七日月が赤っぽいオレンジ色に変わり、沈もうとしている。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてどうだろう。
山々はその光を受けて山焼けをおこす。
クリックすると元のサイズで表示します

以前の噴火で植生をリセットされた裾野は小さな針葉樹林に成長し、
まるで日本庭園のように見える。
クリックすると元のサイズで表示します

たった一日でこれだけの風景に出合える僕の裏山は、すごいの一言に尽きる。

ん!? 流星忘れてるって?
このあと全然空が出ずに、そのまま終了〜
ま、このへんがまたおいでねって言われてるようで、なかなか止められなくなるんですよ。
3

2014/5/6

朝からぬくぬく  nature
今朝は新緑萌える忠別川にて。
もっと早い時間に起きればよかったのにさすがに疲れてるようで^^;
お日様はとっくに上がった6時に出発〜♪

川沿いの柳の新芽がお日様に照らされてぽかぽか感満載です。

今日はちょっと変わった感じで赤外線レタッチにしてみました。
明るいところが暖かいとこですね〜

クリックすると元のサイズで表示します
ぼくも久しぶりに日向ぼっこ的な撮影でした。


近くの柱状節理の岩壁にはムラサキヤシオツツジも咲いてました。
ひさしぶりにみると、たくましいところに咲いてるなぁと感心します。
クリックすると元のサイズで表示します


さて今夜はどこへ行きましょうかね♪

0

2014/5/5

GALAXY FALL  nature
夜中過ぎの空に夏の気配を感じた。
天の川が静かに立ちあがる。

クリックすると元のサイズで表示します
まだ光は弱く、目覚めたばかりの銀河のようだ。

そこから星が流れ下り、滝となった。
クリックすると元のサイズで表示します
【層雲峡・銀河の滝】


宇宙(そら)も地球も美しく、毎日新たなスタートを切っている。
クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ