2014/7/23

月待ち  nature
おおむねいい天気に恵まれた3連休前後。
スライドショーのあとに開催している『星空観察会』では、
夏とはいえないほどはっきりとした天の川をお客さんたちと楽しんだ。

僕はといえばさすがに夏の三連休はフードコーナーでエクササイズ。
クタクタになるとさすがに山に上がる気力が無かったけど、
さすがに僕の休日だけ雨マークがついているのを見た瞬間、
せめて。。。と、下界で徹夜。



この日も凄い星空の下、齢24.8の月を待つ。
山の真ん中が少し明るくなったと思ったら、一気に月が上がってきた。
細くなった月でさえ光は力強く、僕を迎え入れるかのように光は延びた。

クリックすると元のサイズで表示します
【導き】

すばるが山の頭上を昇る。
それを追うようにおうし座の頭、ヒアデス(Vの字)が昇ってきた。
月の色も冴えわたり、湖には光の道ができていた。

クリックすると元のサイズで表示します
【月の道】

素晴らしい夜だ。
山の神からのちょっとしたプレゼントだったのかな。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ