2014/9/25

びゅ〜てふぉ〜〜〜   nature
ヒグマセンターの斎藤さんが20日ぐらいが良い。
と旭岳い来てくれたときに断言したので高原温泉に行ってきた。

実は長いこといてシャトルバスに乗るのは初めて。
だって混雑嫌いなんだもん。
と思ってたら、連休大盛況のあとだったので思いのほか空いてる。
バスがガスの中から抜け出た瞬間、大の大人たちは遠足気分っす^^
クリックすると元のサイズで表示します

さて紅葉は・・・・・・・・・エ〜クセレント!
ひっさびさに目が痛い色です。
カメラも自動のホワイトバランスが狂うし、
偏光フィルターなんて使おうもんなら色が飽和するし、ギットギトになるので台無しなレベルです。
さすがに青空の抜けは曇り予報だったので、このお天気でも文句言えませんね。
ラッキーです。
ドンだけ凄いかっていうと
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

という感じで沼をめぐり、高原ピークあたりから山並みを望む。
クリックすると元のサイズで表示します

そして今日はコースが一周できるとのことなので、当然回る。
記憶に残ってないぐらい久々の一周。
クリックすると元のサイズで表示します
緑岳をバックに黄葉が最高です。

クリックすると元のサイズで表示します
空沼は一転落ち着いた雰囲気で、シャッターにかかった、おだった指を落ち着かせてくれます^^;

そして圧巻は川沿いの黄葉。
森の黄葉フェチとしては至福のひととき。
クリックすると元のサイズで表示します

ごちそうさまです。
早朝の第一レクチャーを聞いたのに、下山が14:30
これでも時間が足りない。。。そんな一日でした。

そうそう。ぼくの黄葉フェチはこれが原点。
クリックすると元のサイズで表示します
頭上が黄葉に覆われて、透過光で足元が黄色になる小路。
サイコーです^^
2

2014/9/21

日本航空 SKYWARD  photo
さてさて4連休中ですよ。
今日は朝からドピーカンで旭岳ロープウェイも4250人の大入り満員です。
クリックすると元のサイズで表示します
そしてもちろん、僕はフードコーナーの中でフライヤーと大格闘しておりました〜

前夜の星空観察会では満天の空を楽しんでいただきましたが、
今回、日本航空の国際線機内誌『skyward』 09月号の大雪山特集のなかで、
クリックすると元のサイズで表示します

わたしの星景写真が掲載されました。
クリックすると元のサイズで表示します

ここはクロカンコースの秋枯れの湿原から見る旭岳と天の川。
この夜は湿度との戦いでしたが、大雪山らしい夜の一面を出せたお気に入りの一枚です。

それにしても国際線の機内紙って洗練されたレイアウトや写真だし、
私の写真も満足のいく解像度で大きく掲載されていました。
こういう中に自分の写真が大きく載るっていいですね〜
3

2014/9/15

とりあえず3連休終了〜  photo
さてさて。
とりあえず3連休終了です。
ロープウェイも中日で3400人の来場となりました。
紅葉の中の登山はドンピシャで当たって皆さん楽しんだようですね。

僕は初日から早出〜スライドショー〜夜間撮影からの〜早出のなか、車中泊で風邪をひいたものの、早朝撮影からの3連休終了でした。

久々に姿見。
クリックすると元のサイズで表示します

チングルマの綿毛たちが朝露で光っていい感じでした^^

さて紅葉はこれから森へと降りてきます。
明日の夜には稜線あたりで雪も降るかもしれませんね。

いよいよ今年初の雪です。
と、その前に大好きな紅葉の森歩きを堪能します。
2

2014/9/7

イベント終了〜♪  photo
昨日、サッポロファクトリーでの大雪山国立公園80周年記念イベントの写真展&スライドトークショウが行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

初めての大きな場所でのイベントで、さすがにトークショウは緊張しまくりました。
が、途中からは余裕もでてきて時間配分、掛け合いもできるようになりました^^;
自分的には初めてだということで大目に見て60%ぐらいのデキですかね。
それでも多くの方からトークショウの息合ってるね〜と言っていただいたことは、
関西人の持って生まれた部分に感謝ですか^^

大型ビジョンと液晶モニターはスタッフ一同さすがに誰もが絶句する^^;解像度だったので
せっかく大画面用に作っているスライドの画が見せれなくて残念でした。

それを考えると、いつか大雪アリーナでやっていた大雪山のコンサートを復活させてもらってやってみたいですね〜♪

そしてなにわともあれ終了しました。
お越しいただいた沢山の方々、友人。
いろいろ休みを都合してくれた職場のみんな。
そして僕を使ってくれ、イベントに関わったスタッフ一同。
ほんとにありがとうございました。

スキー仲間での最後の合言葉は、『これをぱっちまんのピークにしないように!^^』です。
もちろん全然満足してませんので、また一からスタートです。

さぁて、のんびり、ぼちぼちいきましょ。



2

2014/9/4

秋早し  nature
さて、この2ヶ月間、イベントの為にほとんど寝ずにプリント、撮影をこなしてきましたが、ここにきてエンディングで流す映像が脳内で出来上がっていたものより足りずに断念。。。
まぁ、自然は甘くないっす。

ということで、ここは開き直って遊んできました〜
で、緑岳。
クリックすると元のサイズで表示します
山頂より旭平方面を眺める。
かつて残雪期には、白雲小屋建設の為に当時のレンジャーたちが歩いた場所。
いいなぁ。
今見るとデナリみたいだなぁ。

稜線はもう紅葉がピークです。
ウラシマン(あ、ウラシマツツジね)も真っ赤っか〜♪
クリックすると元のサイズで表示します

雲の出方も良く、白雲小屋もフォトジェニックです。
クリックすると元のサイズで表示します

南斜面の赤タスキも、裾までいい色になってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

この数年、いい色の紅葉に恵まれなかったのですが今年は期待できます。
おそらく週末から来週が1500〜稜線までを楽しむのにはベストでしょう。

じつは先週、高原まで来たのですが「すぐに曇るな」という感じでしたので別の撮影をしてました。
1週間ずらして良かった〜♪

さて今週末のサッポロのイベントでは流れる時間がテーマです。
僕自身、山の中でゆったり過ごす時間を失っていたので、今日はその感覚が蘇りました。

長玉レンズを据えてゆったりとナッキーとクマ待ち。
流れてゆく雲を眺め、乾いた葉が風の音を奏でるのを聞き、ナッキーの姿を探し、足元に遊びに来たシマリスと目が合う。
今眺めている広大な大地のどこかにクマが歩いてることを考えただけで、なにかホッとする、そんな風景。

結局クマはでなかったけど、それで良かったのかもしれない。

今回のスライドはいつものやつの再編で、時間も内容も本番一発勝負。
しかもアナウンサーとの掛け合いもあることからかなり数を減らす予定だったのに、なぜか増えてる^^;
さて、今夜は一気に減らす作業に入ります。
僕なりの時間の過ごし方を話し出来ればいいなぁ。

2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ