2011/7/22

play in the night  nature
本当に久しぶりに歩いた。

昨年の夏は雨が多く、休みは全て雨。

今年も同じく雨、雨、雨、、、

あきらめかけた時、ようやく北海道らしい夏が来た。

赤岳、緑岳、白雲岳、黒岳と大雪山の四つの色彩の山をゆっくり渡り歩く。

一番群落を見たかったウルップソウなど、すでにピークを越えた花がありつつも、一面には次の花たちが咲き始めていた。

クリックすると元のサイズで表示します
【コマクサと白雲岳】

さわやかに駆け抜ける山の風に小さな花たちが揺れている。

鞍部に雲が流れ込み、足早に去ってゆく。

陽が暮れはじめた。

わずかな残照を境に山はもうひとつの世界へ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
【高根ヶ原を駆ける雲】

完全に陽が没すると闇が支配する。

一斉に星たちが瞬き始めた。

まるで神の子たちが無邪気に遊び始めたように。

しばらくして太陽の後を追い、満月を間近にひかえた月が登り始めた。

全天を埋めつくしていた星は限られたものだけが輝きを許される。

刻一刻と月光が支配者となる。

この目に見える沢山の神々は思い思いの遊びに興じているかに思えた。





クリックすると元のサイズで表示します
【神々が遊ぶ夜〜さそり座とともに】

翌朝、オレンジの光を浴びる山々は昨夜の遊びを包み隠すかのようにさわやかな顔に変わっていた。

自分の足元では、昨日と同じように小さな花が静かに揺れていた。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ