2013/11/15

newビーコン購入〜  BC Days(テレ三昧)
久しぶりに新型のビーコンに買い換えました〜
この10数年で使ってきたのはトラッカーdts、ピープスdsp、トラッカー2と3台。
とくにメインで使っていたピープスdspは初期のころのものなので、そろそろかなぁと、
昨シーズンにマムートエレメントの購入に触手が動いた所に、
アルバのデモ機を入手。
他にピープスベクターなど、いくつか使ってみたが結果はこれ!

クリックすると元のサイズで表示します
アルバNEO

受信範囲、捜索手順などはトップレベルで、細かいハード面でも液晶表示も良く、
バッテリー蓋ねじの脱落防止もオッケー。弱冠、スライドスイッチは女性にはやや硬く感じるかもしれないが問題にするほどでもない。
何より僕が求めている捜索のスピードとキレの良さはマムートが迷っていた局面でもスムーズにこなしたなど、久々に買いたいなぁと思わせてくれた。
付属のハーネスは必要にして十分だが、僕自身の好みと違うので改造するだろう。
そして早速秀岳荘に予約したのが先ほど届いた。
値段も実売31000円ちょっとと、抜群のコストパフォーマンス。
ただしマムートのようなファームアップはできないので気になる人は要注意ですね。

本番で使うことにならないよう願うが、まずは使いこなすためにも遊びながらさらなる癖を掴んでみたい。

そしてほかにも新型ビーコンが続々入荷していたのでとりあえず触る。
クリックすると元のサイズで表示します
アルバ3+ newバージョン
従来、三角トップのスライドスイッチが硬くて、埋没者マーキング時に素早い操作でここをオンオフするのが女性には辛かったのだが、別のプッシュスイッチに変更されたことで楽にマークできるようになったのは非常にいい。
ソフト的には前バージョンと変わりない反応だったので、今回はハード面のみの変更だと思われる。
25000円ほどでエントリークラスの3アンテナビーコンを買えるのはいいだろう。

お次はこちら。
クリックすると元のサイズで表示します
ピープスproとsport
札幌に行ったときにproに触ってみたところなかなかいい感触であった。
ただし今現在、取説やカタログの説明が曖昧らしく、モーションセンサーなどについてはっきりしたスペックがつかめない部分がある。
はっきりしたら再度手にとって細かくチェックしてみたいものだ。

また昨年出たピープスベクターはリコールの為、再発売無しとのこと。

まだまだシーズン前で各社そろいきってないが、近年のビーコンの基礎能力も上がり、値段も下がってきたこともあり、ぜひ雪山遊びする方には使ってもらいたい道具である。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ