2013/12/21

Moon's Halo  nature
「さて、寝るかな」とその時覗いた外気温計は-9℃だった。
「晴れたか」と少し冷たい空気を吸いに玄関を開けると、
月が淡くぼやけ、大きな白いハロ(暈)が出ていた。

わずか数分後には機材を積み込み走り出していた。

肉眼で見てもはっきりとしているハロは久しぶりだった。
山に着くと視界いっぱいにハロが広がっていた。

静かな夜。
放射冷却をするも山の上は0℃付近で気温の反転現象が起きていた。
ダウン2枚重ねでは少々暑い。
まるで暖房のきいた室内だ。

なんとも言えないほどきれいな白い環はいつまでも辺りを照らしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ