2015/3/31

タンチョウという存在  nature
根室周辺の野付、走古丹、風連湖、春国岱、知床・根室半島がアラスカによく似ていると言ったが、アラスカにもいろいろある。

大雪山はデナリによく似ていて、山の広がりやたおやかさがそうだ。
一方で知床・根室付近は南東アラスカのグレイシャーベイに似ている。
海があり、砂浜があり、湿原や濃密な森があって、とくに根室は標高も100mに満たないのに北方圏の多くの植生や生き物が見られる。

クリックすると元のサイズで表示します
100頭以上のエゾシカの群れが普通にいる〜走古丹

大雪山では直接的に生き物を見ることは少ないが、根室周辺では必ず目に入ってくるほど生き物と風景は一つだ。
もちろん植生も浜辺で高山植物がみられる。

そう、ここは生き物の鼓動が ”常に” 直接的に感じられる場所だ。
そして一瞬でこの場所が好きになったのは、昔、アラスカを旅した時に一番好きになった場所を思い出したからかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します
空中戦の末、カモメを捕獲したオジロワシ〜春国岱

空には猛禽類のオジロワシ、オオワシが舞い、大雪山では高山で見るノゴマやギンザンマシコが見られ、カラ類など町でもいる鳥たちはせわしなく餌をついばんでいる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
北へ帰るオオハクチョウは餌が豊富な野付・風連湖でアマモを食べて渡りの力を蓄える。
そんな真っ白な体が紅く染まる日々を見ていると、本当に美しいと思う。
ただし、彼ら自身それには気づいていない。

淡々とつながる自然の営みを見ていろんなことを思う人間という動物は、とても特殊なんだろうなあと、その日の最後のシャッターを切り終えた瞬間にいつも感じることだった。

      〜つづく〜
0

2015/3/27

片角  nature
今回は運をつかめなかった羅臼を出て再び野付へ。
なぜふたたびなのかは、『奴』 がいたからだ。
12月に訪れた最後で見たあの 『片角』 だ。
初日に見つけたもののいい場所にいなかったので撮影しなかったが、どうしても彼の普段の姿を写し撮りたかった。

クリックすると元のサイズで表示します
陽が昇った時、『片角』を見つけた。
オスの群れの中にいる。
こちらは椅子に座り、じっと奴を観察していた。

オスジカは時折角を合わせて力比べをする。
そして『片角』も例外ではなかった。

僕はてっきり負けるだろうと思っていた。
ただそれは片角しかないという僕の先入観にすぎなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、強い。 強いのだ。
それも圧倒的に。。。
何頭もの雄と手合わせするが誰も勝てない。
静かに角を合わせたかと思うとジワリと歩を進め、体ごと相手を押し返す。
相手はへっぴり腰になり、最後に背を向ける。

自然の中では手負いになった者は淘汰されることがほとんどだが、本人次第でそんなことはどうとでもなるように思えた。

0

2015/3/26

羅臼へ  nature
羅臼へ移動する。
豪雪過ぎてびびった。。。

で、シカはいない。 流氷もない、、、  鷲類もほとんどいない、、、、、
おまけに目当ての撮影用クルーズ船が欠航続き、、、、

「なにしに来たんだ・・・」

流氷は戻る気配もなく、同時に生き物も観光関係もほぼ下降。。。
仕方なく海岸線からクジラとかいないか、じ〜〜〜っと見る。  が、なにもいない。。。

あきらめて友人に勧めてもらった神様の撮影時間まで待つ。

ひさしぶりの坊主である。

だから遊んでみる♪

【コタンコロカムイさん編】
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

生シマ、ハジメテ ミタ。 ヨォク カンサツスルト ”チョト ドンクサイ”
ソコガイイネ♪

続いて
【オンネウさん編】
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

あ〜〜〜〜〜〜〜すっきり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪
0

2015/3/25

群像  nature
講習会を終えた足でそのまま車を走らせ、野付半島入りする。
夜風に当たりながら景色を見渡すと、また真っ白だった。

少し仮眠し、夜明け前から撮影を始める。
ここの主役たちはすでに活動中だ。
クリックすると元のサイズで表示します

ここでふと気付いた。
12月に来た時と彼らの反応が違う。
カメラを構えた瞬間に逃げようとする。
冬の猟期を越えてきて沁みついた反応なのだろうか。

それにしてもここは一体どこだろうといつも思わせる。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
まるでアラスカのようだ。
カリブーが季節移動をし、ムースが水を飲んでいるようだ。

ただ・・・やはり違う。
彼らとの距離が近い。

クリックすると元のサイズで表示します
たたずむその背後では漁師の船が走り、

クリックすると元のサイズで表示します
除雪の入ってない作業道では歩きやすいからと、のしりのしりと体を揺らして歩いてくる。

クリックすると元のサイズで表示します
小さな瞳は 「だぁれ?」 と無邪気に僕に近寄ってくる。

そう。 近いのだ。

遥か向こうから一頭の若いオスがまっすぐ僕へと向かってきた。
クリックすると元のサイズで表示します

まだ角は分かれていない。
彼と僕だけのとても長い時間だったように思える。
やわらかい風がそよいでは止まり、時間までもがそれに合わせているかのようだった。

しばらくして春霞に落ちてゆく陽を見送りながら「群像」たちの夜の姿に思いを馳せていた。

0

2015/3/13

出張のご案内  BC Days(テレ三昧)
3/13-27まで大雪山糠平および道東に出張中
ネットが繋がらないエリアとなるため携帯のみの対応で、予約・お問い合わせは3/27以降となります。
http://bcqali-photoqali.com/index.htm
0

2015/2/21

細板・革靴・弱プラ で行きましょう!  BC Days(テレ三昧)
快晴無風!
今日は 『細板・革靴・弱プラ靴』ツアーだよ〜
クリックすると元のサイズで表示します
わけあって大西さんの板は半透明である^^
ブーツは俺が革靴のビンソン。
大西さんは弱っちいプラブーツのエクスカーション。
板はいずれもセンター50mmほど。
この半月以上まともに雪が降らない異常な事態にサイコーの道具じゃないっすか〜♪

やっぱウロコじゃ登れねぇ!と早速秀岳荘シールを取り付け。
クリックすると元のサイズで表示します

「貸し切りだね〜♪」
クリックすると元のサイズで表示します

とハイキング気分も束の間、『暑すぎるぞ!!!』
クリックすると元のサイズで表示します

雪質はハードバーンの上に5センチほど載った降雪結晶が表層シモザラメ化した
パラッパラの疑似パウダー^^
コケても安全な広いバーンで、
クリックすると元のサイズで表示します
【ライドオ〜ン!】

クリックすると元のサイズで表示します
【ア〜ンド  ライドオ〜ン】

クリックすると元のサイズで表示します
もちろん凸や猛烈なモナカでクラ〜ッシュッ!

大西さんも 『ぬぉおおおお〜〜』と叫びながらなんとか転倒を免れる。
クリックすると元のサイズで表示します

最後の斜面はなかなかいいバーンでカッコよく滑り降りてったから
パタゴ〜ニャ風に仕上げてみた^^
クリックすると元のサイズで表示します

ツアーが終わってふと思ったのだが、
山は自然。僕たちがどれだけディープパウダーを求めようがあるがまま。
雪が降らなきゃ無いなりに、それを楽しめるように僕たちが合わせるというのも自然の一理かなと。
激メロウはちょうどいい斜面に。
このぐらい普通の悪雪がライダー泣かせに。
いつも見る山がより一層楽しい山に。

最高に笑い倒した一日でした。
やっぱテレマーク最高!
クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/2/19

ウトナイセンクチュアリ  nature
八甲田へ入る前、苫小牧で時間があったのでウトナイセンクチュアリに寄る。
道東とは違ってとても静か。
やはりえさの量によるのだろうか。

そんな静かな遠くのほうで『ふたり』はすれ違った。

クリックすると元のサイズで表示します
【white & dark】
0

2015/2/18

雛岳in 八甲田   BC Days(テレ三昧)
さぁて今日は地元ライダーとセッション。
風は収まらずガスに覆われているが、東側から晴れ間が見えてきているので雛岳へ。

きのうの南向き斜面のテスト結果が異常に気になるのでとりあえず雛岳の斜面チェ〜〜ック!!

クリックすると元のサイズで表示します
とまぁ、バッコリ雪崩れてまんなぁ。。。しかも自然発生。。。と、3人で苦笑い。

「あれだな。チョーサだなチョーサ」

とかなんとかいいながら出発♪
クリックすると元のサイズで表示します

昨日の実技で弱冠捻ってしまった右ひざがパッキパキ言うので気になるからゆっくり登る。

美味しそうな斜面は横から見ながら観察して一応ピークへ。
クリックすると元のサイズで表示します
ガスの中から現れた高田大岳がカッコいい!

そのまま一番風の影響が少なかったとみられる斜面へ移動して3人でそれぞれピットチェック。
上部20pの中に2つの破断が入るが問題無いレベル。
俺が気にするのは1mほど下で埋まっているクラスト層付近。
上載積雪のブリッジが強くて伝わらなかったのか、テストで全く破断しなかったので一応オッケーだが、少し横から力を加えると昨日のように破断し、面もクリア。
やはり小粒のコシモちゃんだった。
この先、数週間後が気持ち悪いな。
今日も積雪の薄そうなところは避けよう。

さぁてお楽しみの時間♪
クリックすると元のサイズで表示します
今日はカメラを背負ってライド。
うっすらクラストし始めていたが予想より雪は良く、天気も最高で楽しかった〜〜♪

帰り道、樹林帯の中を通るとバッコリ雪崩れた跡が・・・すげぇなぁ。
こいつに絡まれたら人間なんかパチンコ玉だぜ!

と、最後に雛岳を振り返った。

0

2015/2/18

雪崩セミナーin八甲田 vol.1  BC Days(テレ三昧)
今年も八甲田で雪崩セミナーを開催してきました。
八甲田のみちのく深沢温泉に到着した当日、ざっくりとフィールドの下見を終えてから撮影に。
すでに風の出始めた吹きっさらしで風の名所である田代のあたりだが、あっという間に地吹雪で積雪が剥ぎとられてゆく。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

一旦、奥入瀬まで降りてのんびりしていたがここも風が出始めたので、
「まずい。。。今回は谷地温泉でなく田代を通っていかないといけないんだった。。。」

谷地温泉を過ぎた峠道は吹雪いて真っ白。
しかし両脇にブッシュが時折見えるので大丈夫だったが、田代に入った途端に360°真っ白!
それでも気合いで走っていると突然10m前にブルが現れてビビる。。。
道路が雪で全く塞がれてしまい、ブルが雪はねしてくれていたのだったが危うく正面衝突だったぜ。。。

とまぁ、昨年同様、嵐の中での講習会へと突入。
暴風雪のためメニューは変更に次ぐ変更をしながらなんとかこなしてゆく。
写真なんて撮ってる暇なし ^^;

二日目に入り、風は強いものの一晩で積った積雪が60〜80センチ以上。。。
弱層テストの実技ではCTE10(SC)down85 弱層はサンクラスト上面にできた粒系0.3〜0.5mmの小さなコシモザラメ。
斜度の無い場所でやっったのでSCだったが、柱を横から軽く触るとスッパリ動いたので本当ならSPだろうなぁ。。。と全員で『やべえぞこれ』と苦笑い^^;
俺、明日は八甲田で滑る予定なんっすけどね〜♪

そして〆はコンパニオンレスキューと搬送。
クリックすると元のサイズで表示します
昨年の参加者が見学に来てくれたので、問答無用で埋めてしまう!

今回も消防隊員が多かったのでビーコン未装着者設定でプロービングも。
クリックすると元のサイズで表示します

そして搬送へ
クリックすると元のサイズで表示します
もちろん志願したので巻いてしまう!!
壷足なら膝上まで沈む新雪の為、搬送は困難を極める。
あらかじめルート工作でラッセル隊を派遣するも踏み固めるには不十分で、せっかく作ったソリは全く動かず、シート搬送に切り替え。
屈強な男たちが引いても深い積雪が搬送を邪魔する。
クリックすると元のサイズで表示します

『宿までたったこれだけの距離を、この積雪だとこんなにかかるものなのかぁ。。。』と、
あらためて現地での事故の対処にため息を漏らしていた。

なにわともあれ運びきり、全員で記念撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

みなさん、お疲れさまでした。

さぁてと。。。明日の山。雪崩要注意だなぁ〜♪ あ、音符じゃない^^;
0

2015/2/11

八甲田出張中のご案内  BC Days(テレ三昧)
2/12-18まで青森県八甲田の「みちのく深沢温泉」にて
雪崩講習会開催の為、出張中となります。

山奥の為、ネット環境と携帯電話の環境は無くなります。
予約・お問い合わせなど御用の方は、
@留守電に用件を入れてください
Aメールは19日以降までお待ちください

ついでに数日、滑って遊んできます。。。ふふふ。

去年の谷地温泉もイケてるが、今年の深沢温泉セレクトも『渋い』。
http://blog.livedoor.jp/kamiyako09/archives/50399152.html


パウダーガイド&フォトグラフ QALI
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ