2014/7/31

プリントスタート  photo
いよいよ写真展のプリントをスタートしました。
しかもなぜか朝三時・・・^^;

まずはB1とA1大判用に外部発注するものから。

今朝は初めて使う『月光パール』
クリックすると元のサイズで表示します

名前の通り真珠のような表面の輝き。
星空の写真に合うというプリントメーカーのアドバイスもあり、
以前に買っては見たが、クセの強い表面に手を進めていなかった紙。
やはりクセは大きくかなり修正して何とか校正プリントを仕上げる。

だけど大きくなってどうなるか、結構賭けになるけど楽しみっす!

さぁてここからは楽しいプリント作業。
がんばるぞ〜
0

2014/7/13

サイン・・・  photo
さてと。
注文プリントができたので今日は額装。

最近、サイン無しのバージョンが多かったので失敗したらヤバイと思い『書取り』 ^^;
練習してからの〜本番!

うまくいった^^

クリックすると元のサイズで表示します
1

2014/7/10

紙選び  photo
さて先日注文してもらった写真に使う紙を選んでいる。

とても繊細で柔らかく、やさしいイメージ。
それでいて芯のある。
この写真を選んでくれた人にピッタリな雰囲気だ。

クリックすると元のサイズで表示します

僕にとっても、大切な時期に撮ったものなので、その時の気持ちを託せるように大切に大切に紙を選びたい。
1

2014/7/2

ぎょうむれんら〜く!  photo
今日はモンベルの店先でプリントの注文を頂く^^

ひとしきり「あの写真かな?」的な感じで注文受けたけど、帰宅してから連絡先ワカラナイことに気づく!
あはは^^;

そこでぎょうむれんら〜く!
ブログ2/20のこれでいいかな!?

クリックすると元のサイズで表示します

クウェリのアドレスに連絡いただければ助かります。
もしくは、帰りにモンベル寄りま〜〜す ^^
0

2014/6/9

『撮影会&スライドショー』in母子里  photo
昨日は朱鞠内・母子里にて撮影会でした。
和気あいあいと沢山集まった皆さんとのんびり公園を散歩しながら身近な自然に触れ合いました。

ぼくはずっとおしゃべりしてたのでほとんど撮って無かったのですが、こんな感じですかね〜
クリックすると元のサイズで表示します
【がんばれ〜!】


そして母子里に来るときは撮影しながら来たのですが、久しぶりに見たおおきな湖に感動しました。
クリックすると元のサイズで表示します

そんな湖面に一本の枯れ木。
アオサギと思われる鳥が羽ばたきながら留まっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
【静寂の中で】

美しい瞬間ですね。
1

2014/6/3

テストな一日  photo
昨日の朝はナッキー相手に600mmのテスト。

そして夕方からは、春に長玉レンズ&遠距離被写体の星景が可能かどうかのテスト。
やっぱり水蒸気が多くてあえなく失敗。。。

そして夜中は微速度用にデータサイズ半分の写真の画質テスト。
クリックすると元のサイズで表示します
まあまあ使えるってとこかな〜♪

1

2014/5/26

ウェディングお仕事へ・・・  photo
今日は田植えのほうはお休みをもらって、旭川の 『ハーベスト ロード ハウス』にてウェディング撮影のお手伝い。

クリックすると元のサイズで表示します
http://harvest-rh.jp/

新郎が森林関係、新婦がハンターという、ワイルドなカップルだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
あたらしいスタートの第一歩。
おめでとうございます。
0

2014/5/20

一足お先に拝見  photo
田植え終わりにモンベルに寄る。

そう。
山田さんが、明日から始まる写真展の準備してるだろうなぁと思ってだ。

クリックすると元のサイズで表示します
【ポスターを飾る山田雅幸氏】

大きくプリントされた作品たちは迫力ありますね〜
クリックすると元のサイズで表示します

弱冠、後ろで『エグザイルっ』って言いながら回ってる奴いましたが、動き遅くてビタ止まり^^;

そして販売のポストカードを準備する相方のまみちゃん。
クリックすると元のサイズで表示します
【内助の功♡】



ぜひ、みなさまもご自分の目で山田さんの作品たちを見てみてください。
0

2014/5/9

ココロと白と黒  photo
ここ数日、去年からモノクロームを意識して撮っておいた写真をレタッチをしている。

とても苦手なモノクローム。
フィルムの時にそんなに撮っていなかったからベースが無い。
最近は高性能なソフトでいろんなフィルムが再現できたり思いのままに調整できるけど、やっていると何が何かがわからなくなることが多々。

とくに朝の光と夕の光が。

沢山のモノクロームの山岳写真を買いこんで見まわす。
3日目に何とか少し、これらの光の扱いの重要さにようやく気づいた。

大切なことは「そのとき何を感じ、何を伝えたくてレンズを向けたのか?」
それをカラー写真よりも明確に意識することだった。



クリックすると元のサイズで表示します
【deer trail】
降りたての雪が積もった初冬。 僕は早朝に森の小道を歩きに行った。
木漏れ日の中、とても気持ちが良く、誰も踏んでいない雪を楽しんでいた。
するとその前にはすでに先行者が。
陽の光に融け、落ちてきた輝く雪。
そんな中をゆったり歩くエゾシカの背中が、僕には木漏れ日の空気の中にはっきりと想像できた。


初冬の楽しい時間はあっという間に過ぎてゆく。
雪面が夕焼け色に色づくと、子ども心のように「まだ帰りたくない」なんて、センチメンタルな気分を思い出させてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
【夕焼け小焼けで・・・】


モノクロームはココロをより深く写しだす。
そろそろ、星空もやってみるかな。
1

2014/4/20

帰り道な夜  photo
今夜は久々のスライドショー

帰り道、星がたくさん出ていたのでちょっと撮影。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても旭岳の光害はすごい。

この光害の影響が無い部分は山に入っても少ない。

しかしそれをうまく使って画にできる時もある。



一方で僕の家の近所から。

クリックすると元のサイズで表示します

美瑛から撮っても光害が少ない。

こうやって月明かりに照らされ、淡くかすむ山肌が僕は好きだ。

月が明るくてこのタイミングでは山とのラチュードが合わずに、

肉眼で見るような月のクレーターは表現できないが、こういった雰囲気が好きだ。


うん。

今夜はいい星空だったな。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ