2006/3/28


クリックすると元のサイズで表示します
今日は内祝いに「アンリ・シャルパンティエ」の焼き菓子が届きました。
中を空けてビックリ!!こんな素敵な焼き菓子の詰め合わせだったのです。
「プティ・タ・プティ」という名前のこの焼き菓子はフランス語で「少しずつ」の意味。パリの石畳を模したデザインで、小さいけれど素材の質や味わいにこだわった焼き菓子だそうです。
そして、食べてみて驚きました
「アンリ・シャルパンティエ」は全国に展開するお店ながらその品質、味の良さは目を見張るものがあります。生ケーキのデコレーションも洗練されていて素敵です。焼き菓子はマドレーヌやフィナンシエに代表され、私も昔からの大ファンですが、今回も期待を上回る美味しさ。。。
「サブレ・バニーユ」「ローズ」「フロマージュ」「プラリネ」「ガレット・ブルトンヌ」「ショコラ・ノアール」「ショコラ・ブラン」「ドフィノワ」「フランボワーズ」
どれをとっても美味しい〜!!「ショコラ・ノアール」の焼き菓子なんだけど、生チョコみたいなこの食感。。。どうやって作るんだろう〜??食べやすいサイズなので、子供を寝かしつけてからの夜のお楽しみについついチョコチョコ詰まんでしまいます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ