2005/7/25

フラウラ  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は親子共々仲良くさせて頂いているのりちゃん&諒君が遊びに来てくれました。私が以前HPで「フラウラの桜井シェフの特別講座」に参加した事を書いたのを見てくれてなんと、そのフラウラの焼き菓子を持ってきてくれました!感激。。。「パルミエ」「ピスタチオのバター・サブレ」「プチフロマージュ」「メレンゲのお菓子」。どれも発酵バターを使用し、バターの香りがすごく良い!そういえばシェフは特別講座でバタークリームにも発酵バターを使用されていました。焼き菓子に発酵バターを使うことは多いけれど、バタークリームにも使用することに驚きました。バターの香りを大切にするシェフの心意気を感じます。パルミエはこんなに繊細なフィユタージュは食べたこと無いという位、口の中でとろける様にサクサク。ピスタチオのサブレも色といいピスタチオの加減といい美味しい!今度是非お店に行かなくては。と改めて決意しました。
0

2005/7/24

ご主人様のお誕生日ケーキ  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は友人のご主人様のお誕生日。ケーキの注文を頂きました。「家族皆で佐智子さんのケーキのファンです」なんて涙の出る様なお言葉を頂き、張り切って作らせていただきました。(褒められると伸びるタイプです(笑))リクエストは「チョコレートケーキ。後はお任せします」との事。この夏のヒット「タルト・ショコラ・マングー」をお誕生日ケーキにふさわしくドレスアップ。薄く焼き上げたガレットの上にマンゴーを敷き詰めたジェノワーズをのせさらにその上にマンゴーとパッションピューレのチョコムースをのせグラサージュでコーティング。斬新なチョコレート細工でデコレーションしてみました。ケーキを受け渡したらすぐにメールが届き「早速食べました!美味しかったです」と。。。・余りの早さにビックリしましたが、嬉しさも倍増でした。
0

2005/7/15

体験レッスン  

クリックすると元のサイズで表示します
お教室では体験レッスンを設けています。お菓子作り初心者の方にも気軽に参加してほしいので最も作りやすいメニューのひとつ「ブルーベリー・マフィン」と「クレーム・キャラメル」をご紹介しています。マフィンはポイントさえ押さえれば失敗無く作れるお菓子なのですが、意外としっとり美味しく焼きあがらないという声を聞きます。今日はお菓子作りはかなりされている方と全く初心者の方がいらっしゃいました。初心者の方も「簡単なのでビックリしました」と。ポイントさえおさえれば失敗無く美味しくお菓子が作れることを知って頂きたくて。。このメニュー。実はすでに通って頂いている生徒さんの間でも興味のある方が続々。9月に特別レッスンを開催する予定です。
0

2005/7/12

7月のお菓子教室(応用編)  

クリックすると元のサイズで表示します
7月の応用のメニューは「マングー・パッション・フランボワーズ」今回初めてのレッスンだったので、レシピを作るのに何度も試作をしました。味のバランスや仕上げ方にも随分悩みました。本当はアントルメでは無く、半球型のフレキシパンにムースを流し込み上からグラサージュをかける形をご紹介したかったのですが、教室の時間内ではどうしてもムースが固まらず、型外しが綺麗にできないのでアントルメに仕上げることにしました。生徒さんからは「1台のアントルメとして仕上がると格別な喜びがある!」との声を頂き、これからの参考にさせて頂こうと思っています。味の方も大好評で早速作ってみたい!とその日のうちにピューレを生徒さん達(含私も!)で共同購入してしまいました。
0

2005/7/4

7月のお菓子教室  

クリックすると元のサイズで表示します
7月の基礎のメニューは「レア・チーズケーキ」と「ガトー・ショコラ・クラシック」チーズケーキは日本ではファンの多いケーキですが、フランスではクリームチーズを使ったお菓子はあまり見かけません。フロマージュ・ブランの方がポピュラーなのです。日本ではお馴染みの「レアチーズケーキ」夏にも食べ易くレモンを効かせてサッパリ仕上げました。少し多いかなな?と思ったレモン汁も意外と好評でお子さんまでペロリ!「もっとレモン入れても大丈夫だよ」なんて得意気な男の子の声も聞こえました。基礎コースのメニューはなるべくアレンジは加えずベーシックなものをご紹介する事にしています。まずベーシックな味を覚えていただきたいのです。ガトー・ショコラにも色々ありますが、一番ベーシックなタイプです。焼きたてはフワッと翌日は生チョコのようにしっとりと。。。「味の違いを食べて比べてみてください!」というと「きっと明日までありません」なんて嬉しいお言葉も頂きました。
0

2005/7/2

モンサンクレール  

クリックすると元のサイズで表示します
パリ・セヴェイユに行った後少し時間があったのでかの有名な「モンサクレール」にも顔を出しました。デパ地下でモンサンクレールのケーキは何度か購入したことがありますがお店に行くのは初めて。決して便利の良い場所ではないのに店内には行列が。お好みですが生菓子は、私にはちょっと重くてそんなに感動はしませんでした。「セ・ラ・ヴィー」というコンクール優勝作品は絶品ですが。今日はお茶する時間も無かったので「紅茶のケーキ」と「マドレーヌ」を購入。マドレーヌはプチマドレーヌで生地の味は良かったのですが少々ベタ付き過ぎ。プチではなくて大きいマドレーヌの方が良いかな?と思いました。紅茶のケーキはしっとり美味しかったです
0

2005/7/2

パリ・セヴェイユ  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は友人と自由が丘の「パリ・セヴェイユ」に行ってきました。息子が酷い夏風邪をひきキャンセルかも!とヒヤヒヤしましたが、峠を超し元気も出てきたので「気分転換に行ってきなさい」という旦那様の優しい言葉を素直に受け止め?行って来ました。お店はフランスっぽく洗練された可愛らしい店構え。棚にパンや焼き菓子、コンフィチュールが並び、正面には生菓子のショーケース。生菓子のデコレーションの美しさには目を見張りました。シェフが建築を学んでいたというだけあり、独創的で立体的。選ぶのにかなり苦労しましたが(ケーキの名前書止めるの忘れました)、左上から「フロマージュブランのムース」「ムッシュー・アルノー(これは覚えてました)」「シナモンのムースの中に苺のジャムが入ったタルト(店内限定)」を注文。どれもこれもバランスが良い!ムースの口解けの良さ、サブレの絶妙な厚さ。どれを食べても「美味しい!」全種類制覇したくなりました。かれこれこお店にお邪魔してから1ヶ月近く経ちますが、その感動は薄れるどころか、今度はいつ行こう!と好印象として私の中に燻り続けています。クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ