2005/8/26

和楽紅屋  

クリックすると元のサイズで表示します
自由が丘「モンサクレール」の辻口シェフがプロデュースした「和ラスク」のお店「和楽紅屋(わらくべにや)」が玉高に入ったとの事で行ってみました。手前から「和ラスク(プレーン、煎茶、米ラスクのゆず)」「抹茶みずまんじゅう」「クロッカン」「ゴマ最中」。和ラスクは誰にでも好まれる感じで癖が無く間違いなく美味しいが、一番の感動は「抹茶の水饅頭」。ツルッとした皮の中に粒餡が底にしかれその上に抹茶のムースが敷いてあり、和菓子に洋菓子の美味しさを取り入れた感じ。クロッカン、ごま最中も美味しいけれど、ちょっと高めの印象。
0

2005/8/25

キル・フェ・ボン  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は二子玉まで友達とランチに出かけました。ランチの後デパ地下をふらふらしていると「キル・フェ・ボン」の華やかなケーキが目に入ってきました。即友人と目が合いお茶することに。左から「ペリカンマンゴーーのチーズムース」「桃のタルト」「抹茶のティラミス」。キル・フェ・ボンのケーキは華やかなので大味に見えるけれど、実はそうでなく味も美味しく見た目も華やかなので私の好きなケーキやさんの一つです。私は抹茶のティラミス。間に挟まっている小豆がアクセントになり、飽きのこない美味しさ。ピュッタボンのダージリンと一緒に頂きました。他のケーキも少し頂くと、全く違ったタイプのケーキだったので感激もひとしお。マンゴーのチーズムースの一口目の美味しさったらまだ忘れられません。桃のタルトの桃はどうしてあんなに綺麗な色のまま保てるのでしょう?こちらも絶対に外れなしの美味しさで、皆大満足でした。
0

2005/8/23

フラウラ  

クリックすると元のサイズで表示します
友達のお宅にお邪魔する手土産に念願のフラウラのケーキを買いました。旭屋出版から3ヶ月に1度出る「スーパーパティシエブック」という本があります。お菓子作りにはたまらないけれど、興味の無い人にはなんてマニアックな本だと飽きられそうな本です。この本は毎回一人のパティシエを取り上げその方のお菓子にかける情熱を一冊の本にまとめた様な本で私の愛読書(笑)今回はフラウラの桜井シェフのパティシエブックもおさらいし、準備万端でお店に向いました。モダンでシンプルな内装に、個性的なプチ・ガトーが並びます。桜井シェフはお菓子やさんで並ぶ1人前のケーキをアントルメ(ホールケーキ)をカットしたものではなく、それ自体で完成形となるように心がけ仕上げているそうです。モンブランもよく見かける成型では無く、メレンゲを両端から挟む個性的なデザイン。今回購入したのは左から時計回りに「チーズケーキ」「モンブラン」「いちぢくのタルト」「ミラノ」焼き菓子は「マドレーヌ」「キャラメルケーキ」「フロマージュ」「ダコワーズ」。チーズケーキはスフレタイプの半生ベイクドで口解け滑らかで他では味わえないような食感。モンブランは見た目にも新しく印象に残る一品。ミラノはヘーゼルナッツ香るチョコレートムース。焼き菓子もどれも美味しい。以前はあまり好きで無かったダコワーズが最近のお気に入り。フラウラのダコワーズもアーモンドの香り高く美味しかったです。
0

2005/8/20

写真が出てきました!  

クリックすると元のサイズで表示します
去る5月24日「アルカイク」の高野幸一シェフの特別講座に行ってきました。この講座はシェフの「スペシャリテ」を教えて頂けるというとても貴重なものです。今回は「オーベックファン」で5年シェフを務めたあと2004年「アルカイク」を開店。今や雑誌等で数多く取り上げられている注目のシェフです。今回は「タルト セヴノール(写真)」と「タルト ルーション」の2つの焼き菓子。焼き菓子が得意なシェフだけあって、「タルトセヴノール」は今まで食べたことのない様な焼き菓子。パートシュクレを敷き、夏らしくパイナップルやオレンジ等のフルーツを入れ生クリームとはちみつを煮詰めたアパレイユを流し焼き、ダコワーズをを絞った手の込んだ一品です。トロッとしたアパレイユは今までの常識を翻す美味しさです。「タルト ルーション」もパートシュクレを敷き、クレームダマンドと合わせて季節に合ったガルニチュールを入れて焼き上げる日にちがたつごとに美味しくなる一品でした。お菓子の「生地」が好きと語るシェフのこだわりを感じさせる印象に残る焼き菓子でした。それにしても人気のパティシエは芸能人さながらです(笑)いつも記念撮影の列ができます。もちろん私も並びます(笑)でも、こだわりを持ちお菓子作りを極めているシェフはとても素敵です。
0

2005/8/16

ミス エリザベスマフィン  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は義姉&姪っ子と一緒に横浜「みなとみらい」にやってきました。宮城県地震を観覧車の頂上付近で体験!無事降りてこられて良かったです。。。ランドマークをぶらぶらしていたら「ミセス エリザベス マフィン」がありました。まだお菓子への興味も無い昔に一度食べた事がありとても美味しかった印象。久々のご対面!「美味しいマフィンが作れなくて ミセス エリザベス マフィンを食べてます!」という生徒さんの声も聞いていたので、これは食べてみなくてはと「ブルーベリー、バナナ、ベーコン&オニオン」を購入。早速翌朝頂きました。ブルーベリーはあえてブルーベリーの汁の色を生地に混ぜてほのかにブルーベリー色に仕上げてあり、これも綺麗で良いかも!と思いました。、ベーコン&オニオンの甘くないマフィンも初体験!これが結構美味しくて今度やってみようと思いました。一番人気のバナナも完熟バナナの甘みがぎっしり詰まっていて美味しかったです。でも、自分で言うのもなんですが、「私のマフィンも捨てたもんじゃないと。。。」(笑)あっ、これ異義のある方メールいただいて結構です。(笑
0

2005/8/15

閃菜按弘キA  

クリックすると元のサイズで表示します
もう1種類も同じような見かけですが(笑)こちらは「ガトー・ショコラ・ナンシー」ナンシー地方の名産であるアーモンドパウダーを使ったこくのあるリッチなガトー・ショコラです。いつも頼りにしている義姉は「スフレ・オ・ショコラ」の方がオリジナリティーがあって好き!このケーキをもう一度食べたいと思わせるとの事。ガトー・ショコラ・ナンシーは子供にも食べ易く万人受けしそうだが、他のお店でも食べれるかも?との印象。とのこと。デコレーションを含めもう少し美味しいチョコレートケーキを求めての旅も続きそうです。
0

2005/8/15

閃菜按弘キ@  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は広島にいる義姉&姪っ子が私の実家に遊びに来るとのことでいつも私のケーキを楽しみにしてくれる二人の為にケーキを持参して息子と泊まりに行ってきました。一つは「スフレ・オ・ショコラ」一見ガトーショコラのようですが、チョコレートではなく、カカオマスを使い、湯煎で焼き上げた大人っぽい印象のチョコレートケーキです。
実は、友人の旦那様が今秋国立にホテルをオープンするに当たり、そこで出すケーキを友人が担当する事になり私も一緒に考えることになりました。そんなわけで最近、チーズケーキ&チョコレートケーキの試作が多いのです。今決まっているのはチョコレートケーキ1種&チーズケーキ2種&シフォンケーキ2種。どんなレシピを提案しようか私の試作の旅はまだまだ続きます。
0

2005/8/13

PAPA JOHN’S  

クリックすると元のサイズで表示します
友人がご実家(京都)の近くのお気に入りの美味しい物を送ってくれるとの事で、その心遣いに感謝&何が届くのかとっても楽しみにしていました。とどいたのは「PAPA JHONE’S」というお店のチーズケーキ。写真のタイプは作ったものを即冷凍して贈答用にも対応している商品。「BEST6との事で、味は抹茶、ブルーベリー、マーブル、ストロベリー、紅茶、ニューヨークでした。」抹茶、ブルーベリー、ストロベリー、ニューヨークにはそれぞれトッピングが付いていて食べる直前にかける仕組みです。調度美味しいチーズケーキを求めての旅?が続いている中美味しいチーズケーキが届くとはなんとタイムリー!!早速頂いてみました。しかし、冷凍で送られてきたので解凍まで約1時間。なかなか食べられないものほど食べられた時の感動は大きいと言い聞かせ(笑)。我慢。我慢。やっぱり最初はニューヨークかな?との事で食べてみると、濃厚ながらしつこさは無く、トッピングしたグラハムのサクサク感がとても美味しい!グラハムを使ったチーズケーキは時間が経つとグラハムのサクサク感が無くなってしまうのでこれは良いアイデア!ちなみにお店では厚さ&濃厚さがもう少しあるタイプが売られているそうです。こちらもいつか是非食べてみたいです♪(なんてリクエストに聞こえちゃうかな?((笑))
0

2005/8/11

またまたチーズケーキ  

クリックすると元のサイズで表示します
美味しいチーズケーキを求めての試作はまだまだ続いています。今日はスフレタイプのベイクドチーズケーキを作りました。湯煎を使って焼き上げるので普通のスフレタイプよりもさらにふわふわ。そして翌日になっても冷蔵庫に入れてもそのフワフワが持続。かなり大満足の仕上がり。底にはパン・ド・ジェーヌ。アーモンドの風味豊かな生地が軽い食感のチーズケーキにこくを加えて1+1=3の出来上がり。少し手間でもこの生地は絶対に外せない。是非チーズケーキ好きの方に食べていいただきたい一品になりました。
0

2005/8/10

ビゴの店  

クリックすると元のサイズで表示します
私の住む田園都市沿線には美味しいパン屋さん&ケーキ屋さんが多いです。今日は隣の鷺沼にある「ビゴの店」に行ってきました。お菓子も沢山売られていますが、やはり主役はパンの様子。生菓子はあまり惹かれるものは無く、「マドレーヌ&フィナンシエ」は買ってみましたが甘さが強く口に入れても味が乗ってこない。でもパンは美味しかった!!「写真左上からパン・オ・ル・ヴァン、パン・ド・ミー、クロワッサン、松の実レーズン、プルーン等が入ったバケット、タップナードのフォカッチャ」特に松のみ実等の入ったバケットが美味しく、クリームチーズのディップを付けるとその塩味とドライフルーツの甘みが絶妙。タップナードのフォカッチャも美味しかった〜。。。パン・ド・ミーはパンは半分食べれば御の字という息子も1枚ペロリ。。。朝起きて美味しいパンが待っていると思うと幸せな気持ちになるのは私だけでしょうか?




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ