2006/1/30

リフレッシュ!  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は前々から行ってみたかった「むくの実亭」という洋風懐石のお店に行ってきました。知る人ぞ知る完全予約制しかも6組限定の隠れ家です。丁寧な地図があっても迷子になりそうな道を不安になりながら行くと1軒の家があります。看板もないので「ここかしら?」とおそるおそるドアを開けると「むくの実亭」という
小さな看板が。お店へ行くその風景から「むくの実亭」のお料理は始まっているそうです。竹林に囲まれた一軒家は現実を忘れさせ夢の世界へ連れて行ってくれます。ランチは3,500円〜。私達はお肉とお魚両方の4,500円の遊膳コースを。。。前菜2品、スープ、お魚、お肉、デザート、コーヒー。どれも素材が活かされたバランスの良いお料理で大満足。デザートは「豆乳のアイスと抹茶のブランマンジェ」どちらも美味しかった!シェフに作り方聞きに行きたかった位(笑)ブランマンジェの滑らかさは感動的でした。ちょっと日常を忘れ、気の合う友達とゆっくりっくりおしゃべりして本当にリフレッシュできました。「豆台風」の子供達が幼稚園から帰ってくるとすぐに現実に戻っちゃうんですけどね。でもしばらくちょっと優しいママになれそうです。




0

2006/1/26

サロン・ド・ショコラ  

クリックすると元のサイズで表示します
新宿伊勢丹で開催されている世界最大のチョコレートの祭典「サロン・ド・ショコラ」に行ってきました。パリではとてもポピュラーなこの祭典。ショコラブームの日本にも数年前から上陸しニュース等でも紹介され知名度もあがってきています。日本では手に入らないような各国のチョコレートが大集合。パティシエを目指している方が見たら卒倒してしまいそうな世界的有名パティシエの方々も揃って来日。(もちろん私も卒倒しそうになりました)しかも売り場に普通に立っていたりするんです。お店を見て回るだけで楽しくそれぞれのお店の個性が伝わってきます。何をお土産にしようか?と悩みましたが「スペシャルセレクションB」¥3980とアンリー・ルルーの「塩バターキャラメルミックス」¥1980を購入。スペシャルセレクションはフランスの有名なシェフ10名のショコラが1つずつ入った正にスペシャルボックス。もったいぶりながら1つずつ味わって食べています。アイデア、口溶けのよさ。まだ全種類制覇していませんが「カッセル」の口溶けの良さ!には驚きました。「メゾン・フェルベール」も優しい味わい。キャラメルはかなり良いお値段ですが、この口溶けの良さ、上品な甘さ、柔らかさはやはり究極のキャラメルでした。かすかに効く塩加減とアーモンドがやみつきになります。サロン・ド・ショコラへ行ってからフランスのパティスリー巡りをしたくてたまりません。いつになる事やら?しばらくは日本のお菓子やさん巡りで満足せねば。。。




0

2006/1/19

FMサルース登場!  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は楽しみにしていたFMサルースでお菓子教室の事を放送していただける日です。なんと前日電話での出演依頼があり、突如私も登場することになってしまいました(笑)案の定緊張気味の私でしたが、有馬さんのリードにより何とか無事終了。終了後録音したものを聞きなおして見ると、「自分の声って。。。」なんだか聞いていて恥ずかしいですね。しかも聴きなおすと「ここはこう言えばよかった。とかここはこんな反応すればよかった」なんて生意気ながらも反省する点も多々あり。でも初出演!半分できればよし!としなければと自分を納得させました(笑)
と〜っても楽しい貴重な経験でした。
実はこの放送。私の両親も楽しみにしていました。ところが放送が終わっても何の連絡もなし。とすると午後6時ごろ「今日は放送なかったんですか?」とのメールが!!慌てて電話してみると「84.7FM横浜」と間違えていた事が発覚!!(爆笑)
こんな後日談もおまけについてしまいました。。。
皆さん「84.1mhz FMサルース」です。お間違え無く!!今までCD派だった私ですがすっかりファンになりました。
0

2006/1/18

感激!!  

クリックすると元のサイズで表示します
あまりにも感激したのでダイアリーに載せてしまいました。みなさんさん「ピーラー」ってお使いですか?長年愛用していた100円ショップのピーラーが何故か紛失。ずっと探していたのですが見つからず仕方がないので新しいものを探しに。。。長年愛用の100円ショップの物でも十二分な働きをしてくれていたのですが、折角なので色々と見てみると色々あります。ある店員のおばさんが「このピーラーで切ると野菜が光るんですよ!」と言っていました。「野菜が光るっておばちゃんいくらなんでも大袈裟よ!!」と心の中でつぶやきつつ、数日後やっぱり気になり(気になってました(笑))そんなに言うなら!と購入してみました。ところが「光るんです!!(笑)」おばさんの表現は間違っていませんでした。お値段は1480円と少々高めで大きさも大きいので迷いましたがヘッドが回転するので微妙なカーブも逃さずカットでき使いやすい!!そしてカットしたお野菜が美味しそう!「貝印 匠創ピーラー」です。もし次に購入するならば是非お勧めします。




0

2006/1/17

ケイコとマナブ「好きを仕事にする本」発売!  

クリックすると元のサイズで表示します
ケイコとマナブ「好きを仕事にする本」が発売されました。自分のやってきた事をこのように紹介して頂けるのは本当に嬉しいです。何よりもお菓子教室に来ている生徒さんに喜んで頂けたことが嬉しかったです。息子に「見てみて!」と見せると「あっ、みゆちゃんのママ」って。。。(>_<)私よりも先に一緒に映っていた生徒さんの方を発見し大喜び。この天然はいったい誰似??
0

2006/1/16

バレンタイン・レッスン  

クリックすると元のサイズで表示します
今月のお菓子教室はバレンタインレッスンで「ムース・ショコラ」&「オランジェット」です。この「ガトー・ショコラ」は粉やバターを使わず冷やしても固くならないのでムースなどの土台に重宝します。上に流す「ムース・ショコラ」は牛乳を使った軽めのタイプ。濃厚なガトー・ショコラと軽めのチョコムースでバランスの取れた仕上がりとなっています。アーモンドのプラリネやハートのサブレなどでデコレーションして出来上がりです。ガナッシュの線描きでは、お子さんや旦那様のお名前を書いたり、お子さんの好きな絵を書いたり。。皆さんそれぞれ素敵に仕上げられていました。「オランジェット」では初めて「テンパリング」にも挑戦。コルドンブルーでは温度計を使わずにテンパリングしていたので私も意地になって?温度計を使わずにやっていましたが、今回電子温度計を購入しやってみると「なんとも簡単っ!」驚きました。有名菓子店にも負けまいけない仕上がりとなりました。「オランジェット」は私の大好きなお菓子の一つです。子供を寝かしつけた後、ゆっくり美味しい紅茶と一緒に頂くのが至福のひとときです。
0

2006/1/13

FMサルース「有馬ゆみこさん」がいらっしゃいました。  

クリックすると元のサイズで表示します
友人の妹さんからの紹介で地元ラジオ局FMサルース木曜日のパーソナリティー「有馬ゆみこさん」が取材に来て下さいました。。。今日のメニューはバレンタインレッスンで「ムース・ショコラ」&「オランジェット」「ムース・ショコラ」はガトーショコラ&ムース・ショコラの2層仕立て。「オランジェット」ではお教室で初めてテンパリングにも挑戦しました!始めは緊張気味の私でしたが、有馬さんは気さくで可愛らしくてとっても素敵な方でしたのですっかりリラックスして楽しくお教室をする事ができました。お菓子作りは初めて!との事でしたが、バーナーで型外しをしたり温度計を使ってテンパリングしたりとっても楽しんで頂けたみたいです。ハート型のムース・ショコラはその晩お友達のお誕生日パーティーで食べていただけたみたいで「食べてもらう喜び!」も体験させて頂きました。とのお言葉を頂き、嬉しかったです。放送はFMサルース(84.1mhz)19日(木)午後2時15分頃の予定!どうぞお楽しみに!
0

2006/1/12

ホテルの新作ケーキ!  

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと日にちが前後してしまいましたが、今日はホテルにバレンタイン用のケーキ(ガトー・ショコラ・クラシック)と春のいちごを使ったお菓子「タルトレット・フレーズ」の講習に行ってきました。オーブンに悩まされたこのお仕事ですが、あの後私の使っているオーブンの卓上タイプを購入して頂き、美味しくケーキが焼けるようになったとのことです。ついつい美味しく見栄えのするものを!!と欲張ってしまいますが、お忙しいホテルの業務の合間に作るので作りやすさも最も重視しなくてはいけない点だと改めて思いました。
0

2006/1/7

エコール・クリオロ  

クリックすると元のサイズで表示します
食べ歩きの後は今年初めての「エコール・クリオロ」です。1月はバレンタインレッスン。今年は「ナマチョコ オ ゼクラ ドゥ ヌガー」ナマチョコのしたにロイヤルティーヌ(フィヤンティーヌのぶ厚い版)とヌガーを敷いた個性的な一品です。ナマチョコのとろける感じとヌガーの食感が対照的で面白い。どうしてこんなアイデアが生まれるのだろう?とカリスマ・パティシエを尊敬してしまいます。
0

2006/1/7

エーグル・ドゥース  

クリックすると元のサイズで表示します
今年2件目の食べ歩きは目白の「エーグル・ドゥース」コルドンブルーのパリ校と東京校で講師をされていた事もあるというシェフが2004年にオープンしたお店です。まずショーケースの生ケーキを見てその華やかさに圧倒されました。自由が丘の「パリセヴェイユ」に行った時の衝撃と同じような感じ。独創性のあるデザインのケーキが並びます。その中から「シャンティー・フレーズ」「ショコラ・アールグレイ」「モンブラン「生姜のケーキ」「カスレット」「ノワール・ラフィネ」「イヴォリンヌ」「チーズケーキ」を選びました。洋酒が効いていて全体的に大人な印象。そのデザインと組み合わせにシェフの個性が光ります。お店には地元のお客様がひっきりなしに来店。地元でも評判のお店のようです。お店の代表格と言われているケーク類も種類が豊富。スタイリッシュな形も目を惹かれますがそれぞれ個性を生かす様々な工夫が凝らされていて全種類制覇したくなります。「ショコラ・オランジェット」「マドレーヌ」「クグロフ」「マカロン」をテイクアウト。おおぶりのマカロンには驚きましたが、さっくり軽くて美味しい!デコレーションのセンスは今でも鮮明に印象に残っています。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ