2006/3/15

Happy Birthday!  美味しいケーキ屋さん

クリックすると元のサイズで表示します
以前ダイアリーでもご紹介した事がありますが、中川に本店のある「Happy Birthday」にて家族にお土産を買って帰りました。
写真左上から時計回りに「モンブラン」「チョコレートケーキ」「チーズケーキ」「NYチーズケーキ」「アザミネーゼ」です。食べたこと無いものを。。。と選んでいたらちょっと渋めの色彩になってしまいました
実際はこの時期美味しい苺やベリー類を飾った鮮やかなケーキも沢山あり、そちらもとてもお勧めです。
モンブランは和栗を使っているのでしょうか?ペーストがホクホクしていてとっても美味しいです。チョコレートケーキは翌日食べたらふわふわ生地とクリームが馴染んで美味しかった!チーズケーキはNYよりも一口サイズのスフレタイプのものの方が口溶け滑らかで私好み。そして大好きな焼き菓子「アザミネーゼ」(あざみ野界隈のマダムをアザミネーゼと言うそうです(笑)ちなみにたまプラ界隈のマダムは「タマプランヌ」だそうです(爆))アーモンドクリームが挟まったダコワーズなのですが、通常のダコワーズよりも生地がフワフワで軽く、いくらでも食べられてしまう私の大好きな焼き菓子の一つです。Happy Birthdayは女性のパティシエが作られたお店だそうで、だからかとっても優しい味がする気がします。奇を衒ったケーキはありませんが、定番を丁寧に心をこめて作っている。食べていると優しい気持ちになれるような気がします。そしてここのケーキを食べるたびに私のお菓子を食べた方にもこんな風に感じて頂けたら。。。と思うのです。
0

2006/3/15

コンラッド東京シェフ「吉岡浩太氏特別講座」  受講講座

クリックすると元のサイズで表示します
今日はコンラッド東京でパティシエを勤められている「吉岡浩太氏」の「レストランデザートをフルコースで」という特別イベントに参加して来ました。
このお誘いを頂いた際に拝見したプロフィールの輝かしい経歴から(内海会ジュニア飴細工コンクール銅賞。ジュニア国際コンクール日本大会予選優勝。ジャパンケーキショー飴とケーキの部門銅賞。コンクール受賞歴多数 )
私は勝手にご年配のシェフを想像していましたが、ビックリ!!20代後半でしょうか?若くて素敵なシェフで(ミーハーです)ますます期待も膨らみます。
メニューは写真右の左上から時計回りに「パインのスープとフロマージュブラン」「プラリネショコラ」「バニラとパッションのパルフェとベリーのグラタン風」「ブランマンジェとチョコムース」そしてランプを使わない飴細工。チョコレート細工というまさにフルコース。豪華な構成です。
素材の組み合わせ方、色彩の豊かさ。今まで体験した事のない味と外観です。デザート類もさることながら、ランプを使わないで作る飴細工等、プロの手さばきを間近で見れる機会は滅多に無いのでとても貴重な体験です。またホテル勤務の裏話なども満載でそちらの方もかなり興味深い内容でした。
パインのスープで口当たり爽やかにコースがスタートし、プラリネショコラで少しインパクトを与えられ、次は「バニラとパッションのパルフェとベリーのグラタン風」。メインデザートのような迫力ながら甘さ控えめのサバイヨンソースと頂くと意外と軽くペロッと食べられてしまいます。そして最後に「ブランマンジェとチョコレートムース」というしっかり本物のメインデザートで締めくくりです。ブランマンジェの下にはピスタチオの生地が敷いてあり白とグリーンのコントラストが綺麗です。
印象的だったのがシェフの「早く綺麗に上がりよく」をモットーにお仕事を進められているというお言葉です。手早い作業ながら出来上がりは素晴らしい!やはりプロです。
そしてVIP来店の際には1時間で飴細工を作って欲しい等と不可能と思われる要求をされる事もあるそうです。そのような時にも短い時間で豪華に見える飴細工を工夫して作られる過程を見させていただきました。飴細工は難しくはないとおっしゃっていましたが、
シェフの手から花びらが手際よく作られていく様はやはり「プロ」だと感激せざる終えませんでした。
そしてもちろん!お決まり写真撮影もさせて頂きました(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ