2006/3/25

イデミ スギノ  美味しいケーキ屋さん

クリックすると元のサイズで表示します
今日は念願の「イデミ スギノ」に行ってきてしまいました。
以前からず〜っと行ってみたかったのですが、やっと念願叶いました。
色々なお店を食べ歩いているお菓子好きの友人も「一番美味しい」と太鼓判を押すお店です。
そんな憧れのお店が約2ヶ月前、NHKの「プロフェッショナル」という番組で取り上げられました。
最近のスイーツブーム、デパート等に出展したり何店舗も展開するお店が増えている中、このお店の杉野シェフは自らの手でお菓子を作れる京橋のこのお店にこだわり、このお店でのみお菓子を販売しています。お菓子に対する真摯でストイックな姿に感動し、ますますお店へ行きたい気持ちが高まります。
そして、ついに今日の機会が巡ってきました。
ところが、お店に場所等を確認すると、「先日のテレビ放送後お客さんが殺到し、開店前から行列ができ、そのお客様でほとんど生ケーキは完売し、午後1時には全てのケーキが完売するという状態です」との事。
私の様に刺激された人が沢山いたという事です(私って相変わらず単純。。。)
でもやっぱりここで引くわけには行きませんでした(笑)
「会社でもないのにこんな早起きさせてごめんね〜。。。」と義妹に謝りつつ、でもおしゃべりしていたら1時間なんてあっという間でした。(ハイ。先日のコールドストーンクリーマリーに続きまたもや1時間並びました(笑))
「生ケーキは一人6個迄、焼き菓子は1箱迄」との事。
お持ち帰りは1時間半以内のみ。ゼラチンを極力少なく使用している為、それ以上時間がかかるとアイスクリームの様に溶け出してしまうとのこと。
ショーケースには7種類の品のある華麗な生ケーキが並びます。
焼き菓子はこの人気の為、8種類or10種類のセットのみです。
一番の目的は写真の「アンブロワジー」。お店の看板ケーキともいえる作品です。
フランスリヨンでの世界大会でグランプリを受賞した作品。チョコレートとピスタチオのムースに木苺のジャムがアクセントになり、ツヤツヤのグラサージュでコーティングされています。一口食べて驚きました。。。本当に美味しい〜。。。とろけます。
幸せ。二人で7個生ケーキ食べてしまいました。
ケーキは全般的に優しくスッと口の中でとろけるケーキが多いのですが、
コーヒーを使ったケーキ等は、かなりパンチの効いた大人の味に仕上がっています。
クリックすると元のサイズで表示します
いずれにせよ、完成度は高く、本当に味が洗練されていて、
重くないので最後まで美味しく頂けます。
せっかくなので8種類の焼き菓子と「キャラメルとくるみのジャム」も購入しました。義妹も焼き菓子とジャム、そしてテイクアウトのケーキを2つ購入。
二人の合計は「13,000円」
いやいや、私達はどこで豪華なランチをしたのでしょう。。という位ビックリするお値段でしたが、やはり一度は食べてみる価値ありのお店です。
ちなみに焼き菓子はしっかり焼いてしっかり味のあるお菓子が多いです。まだ全て食べていませんが。。。ジャムはラム酒が効いていてちょっと驚く位大人の味でした。
皆さんも是非一度。。。でももう少しほとぼりが冷めてから。。がお勧めです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/25

エコール・クリオロ  受講講座

クリックすると元のサイズで表示します
今日は月に1度通っているお菓子教室「エコール・クリオロ」の日です。
このお菓子教室はアントワーヌ・サントス先生というフランス人のシェフがオリジナルのケーキを教えて下さるというなんとも贅沢なお教室です。同じビルの1階にはお店やカフェもあり、実際にお店で売っているケーキも教えて下さいます。
今日のメニューは「シュークリーム」。
しかしさすがシェフ。やはりただの「シュークリーム」ではありませんでした。
シュー生地の上にシュトロイゼルというクッキー生地のようなものを乗せてしっかり焼きこみ、中にはキャラメル風味のカスタード、生クリーム、アプリコットのコンポートが入った豪華版です。
クッキー生地をのせて焼くシュークリームは一度作ってみたかったので、今日のレッスンは大満足。中のキャラメル風味のカスタードもしっかりキャラメルの風味がしていて美味しかったし、しかも更に生クリームとアプリコットのコンポートが別々に入るなんてさすがです。キャラメル風味のカスタードと生クリームだけでも十分美味しいのですが、ここにアプリコットの酸味が少し加えられるとまた一味違い、ただものではないシュークリームになるので驚きです。こういうセンスはやはりサントス先生。今日も大絶賛でした。近々是非復習してみなくては。。。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ