2006/6/6

6月のお菓子教室応用コース  お菓子教室

クリックすると元のサイズで表示します
6月のお菓子教室の応用コースは「パリブレスト」と「フィナンシェ」です。
「パリブレスト」はリング型に焼いたシューがとっても可愛らしく、プラリネ風味のクレーム・ムースリーヌを挟んだお菓子です。味と食感にアクセントを加えるために、アーモンドのキャラメリゼを忍ばせました。
この「パリブレスト」実はとっても思い出深い一品。
コルドンブルーに通っていた頃、基礎コースの終了試験で製作したお菓子なのです。
5つの課題の中からくじ引きで何を作成するか引き、材料の分量や作り方全て暗記して2時間半以内に作成するのです。それはそれはドキドキ。。。7センチのリング型12個作成し、8個提出して採点!との事でしたので、懸命に形のよい物を!と選んでいたら先生が「全部提出〜!」と突然変更され、焦りました!!
あまりにも必死に形よい物を選んでいたのがばれてしまったのでしょうか!?
何とか無事合格しホッとしました。
もう一品は「フィナンシェ」です。
長方形の形がとっても洗練されて大好きな焼き菓子の一つですが、この形は「金の延べ板」を模しているとか。。確かに言われれば。。。
この「フィナンシェ」今まで作成した焼き菓子の中で1、2を争う程苦戦しました
こんなに苦戦しているのは私だけでしょうか〜?昔から自分のフィナンシェに納得いかなかった私です。キメが粗くなったり、膨らみが少なかったり、焼き具合が難しかったり何度焼いたことでしょうか!?や〜っと納得いく出来になりました!
マドレーヌとフィナシェはとかくペアになりがちなお菓子ですが、実は作り方は全然違うんです。フィナンシェは卵白だけを使い(冷凍庫に眠っている卵白を是非活用してください!!)焦がしバターとアーモンドパウダーの風味豊かなリッチな焼き菓子です。
飽きの来ない大好きな焼き菓子の一つです。
今日のメンバーは5月から応用コースに来ていただいています。さすがに基礎コースとは手順の多さが違い、レシピが2枚に渡っていると皆さんちょっと引き気味(笑)
大丈夫かな?と内心不安に思いつつレシピ説明。。。でも、作ってみると皆さん意外と大変では無かった!そして小さいリング型にクリームを可愛く搾り出して行く所では「可愛い〜!!絶対に作る〜!!」なんて声が聞こえて嬉しく思いました。
そして、皆さんお菓子をお友達に沢山プレゼントしてくださっているみたいで嬉しいです!そうなんです。お菓子は作るのも食べるのも楽しいですけど、「人に差し上げる」のもと〜っても楽しいのです。そんな楽しさを味わって頂けて嬉しい限りです。
是非今日のメニューもご家族に!お友達に作ってみてくださいね☆
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ