2007/1/24

生チョコ発祥の地!  美味しいケーキ屋さん

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、もう一つ更新しちゃいます〜♪

とっても嬉しいプレゼントを頂きました〜♪
先日焼き菓子のご注文を頂いた方から
「シルスマリア」生チョコレート
お送り頂きました。。。

今回初めて平塚市にある「シルスマリア」というスイス菓子のお店
の事を知りました。そして、HPを拝見させて頂き、驚きました〜

生チョコが日本で生まれたお菓子だという事は知っていましたが
なんと、こちらのお店が「生チョコ」発祥のお店との事なのです〜!!

1988年、寒い夜のこと、 シルスマリアの厨房で、
どこにも無い、全く新しいタイプのチョコレートが完成しました。
シェフが、そのチョコに、生チョコという商品名を
付けたことが、のちの生チョコブームへと つながって行きます。
大切な人の心まで とろけさせてしまう、発売当時からの人気商品だそうです。

そして、早速頂きました〜♪
「公園通りの石畳(プレーン)」「アールグレイ」「スノーベリー」の3種類も!送って下さいました。
そして、案の定、待ちきれず、全て試食することに〜(笑)

「公園通りの石畳」は数百種類のチョコレートから厳選した2種類の
チョコレートをベースにまろやかに仕上げられた一品。
口の中でとろける、文句なしの一品です。

「アールグレイ」は、茶葉にもこだわった香り高い一品。
「アールグレイ」好きの私にはたまらない一品です〜。。。

そして、今回一番驚いたのが「スノーベリー」というタイプ。
ホワイトチョコレートのガナッシュに
フリーズドライのストロベリーが散りばめられた一品です
こんな生チョコは初めて〜!!そして、ベリーのプチプチ感と酸味が
たまらなく美味しい〜一品〜☆
これは、いつか絶対に私も作ってみた〜い♪
そう堅く誓った私です〜(笑)

お菓子も美味しく頂きましたが、
送ってくださった友人のお心遣いが嬉しく。。。
心が温かくなりました〜
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ