2005/7/2

パリ・セヴェイユ  

クリックすると元のサイズで表示します
今日は友人と自由が丘の「パリ・セヴェイユ」に行ってきました。息子が酷い夏風邪をひきキャンセルかも!とヒヤヒヤしましたが、峠を超し元気も出てきたので「気分転換に行ってきなさい」という旦那様の優しい言葉を素直に受け止め?行って来ました。お店はフランスっぽく洗練された可愛らしい店構え。棚にパンや焼き菓子、コンフィチュールが並び、正面には生菓子のショーケース。生菓子のデコレーションの美しさには目を見張りました。シェフが建築を学んでいたというだけあり、独創的で立体的。選ぶのにかなり苦労しましたが(ケーキの名前書止めるの忘れました)、左上から「フロマージュブランのムース」「ムッシュー・アルノー(これは覚えてました)」「シナモンのムースの中に苺のジャムが入ったタルト(店内限定)」を注文。どれもこれもバランスが良い!ムースの口解けの良さ、サブレの絶妙な厚さ。どれを食べても「美味しい!」全種類制覇したくなりました。かれこれこお店にお邪魔してから1ヶ月近く経ちますが、その感動は薄れるどころか、今度はいつ行こう!と好印象として私の中に燻り続けています。クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ