2008/9/23

京都へ。。その@  美味しいケーキ屋さん

クリックすると元のサイズで表示します

日帰りでしたが(^_^;)
突然京都へ行ってきました。。。
旦那さんの出張について行っちゃいました。。。

7歳の息子も楽しめる所。。。といろいろと考えましたが、
やっぱり京都らしい所を見せよう!と
まずは「清水寺」へ。。。

「清水の舞台から飛び降りる」ってたとえがあってね。。。
と説明をする私を横目に、「おみくじ」を引いて盛り上がってました(^_^;)

のんびりとたっぷり歩いた所で、
ティータイム(←こちらが本来の目的!?(笑))

前から一度行ってみたかった
「オ・グルニエ・ドール」へ行ってみました。
西原金蔵シェフという洋菓子界の重鎮がシェフを務めるお店です。
ちょっとレトロな雰囲気も感じながらも、
昔も今も変わらない美味しいお菓子を大切に作っている。
そんな雰囲気の伝わってくるお店でした。
「お菓子教室とサロン」と「サロン・ド・テ」の二店舗にわかれていました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

こちらはお店の方。。。
お店の方の感じとても良く、焼き菓子や洋菓子が素敵に並んでいます。

「サロン・ド・テ」はすでに9組待ち

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

私はシェフの代表作「ピラミッド」を。。。
主人は「キリのチーズケーキ」を頂きました♪

「ピラミッド」はパリのルーブル美術館の入り口のピラミッドの
に感銘を受けたシェフが作り上げた代表作。
濃厚なチョコレートムースを、パリッパリッのチョコレートでコーティング
されていて私好みのケーキでした。

「チーズケーキ」もとっても濃厚美味です

クリックすると元のサイズで表示します

お土産に定番焼き菓子を。。。

おっおっ美味しい〜

ケーキ屋さんで焼き菓子を購入すると日持ちがするように「エージレス(脱酸素剤)」と
一緒にパックされている焼き菓子も少なくありません。

でも、やっぱり自然なラッピングのお菓子の方が断然美味しい。。。
「エコール・クリオロ」も普通にラッピングされています。。。

そうなんです。作りたての焼き菓子ならば、普通にラッピングするだけで
十分日持ちするんです。

そんな自信を覗かせる焼き菓子たちでした。
「マドレーヌ」は隠し味の塩味が、アクセントになって、癖になる美味しさ。
「フィナンシェ」&「ダコワーズ」もこれぞ「フィナンシェ&ダコワーズ」だ!と主張している様なお味。

どれも正統派で、「美味しい。。。」
味わいながら頂きました。。。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ