2005/11/5

キル・フェ・ボン  

クリックすると元のサイズで表示します
友人から出産の内祝いが届きました。あけてびっくり!キル・フェ・ボンの焼き菓子だったのです。お店には何度か足を運びながら、華やかなタルトとおしゃべりに夢中になり、焼き菓子があるなんて気づきませんでした(笑)しかも私が日ごろ使わないような「紫芋や黒豆」等珍しい素材を使ったものをセレクトしてくれて更に感激。大事に大事に味わいながら食べています♪ピスタチオノクッキーはピスタチオが主張しすぎず、程よい感じ。キル・フェ・ボンのお菓子はそのアイデアに加え全てがコーディネートされていて刺激を受けます。お菓子の入っている箱やそれを入れる紙袋までとても可愛い。もちろん味が一番勝負だと思いますが、ラッピングも大事なスパイスの一部だと思いました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ