2008/5/31

黒酢デビュー♪ 豚の黒酢角煮  料理

最近、いろいろな方のところでよくお見かけする黒酢。
帰国したら、是非使ってみたい♪と思っていました。

早速お酢の売り場を見てみたのですが、とにかく種類が多くてびっくり!!
お酢のコーナーの約半分は黒酢で、しかもブルーベリー黒酢とか、バナナ黒酢とか???と思うものがたくさん並んでいました。その時は圧倒されて結局何も買わずじまいでした。

先日近くの本屋さんで、北京出身の料理研究家ウー・ウェンさんの黒酢でおかずという本を見つけ、パラパラ見ながら…黒酢初心者にぴったり!と思って買ってきました。
この本、お料理上手なゆずさんも以前ご紹介されていて、気になっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

シンプルな表紙ですが、装丁や写真、お料理の盛り付けがどれもきれいでスタイリッシュ。とてもすてきな本なんですよ。もともとお酢などすっぱい味の大好きな私には、どれも魅力的なお料理ばかりです。

もちろん、黒酢も買いましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します
(買ったばかりなのに、もうこんなに減ってます!)

普通のスーパーですが、なんとなく一番良さそう〜なものを選びました。
早速ふたを開けますと…普通の米酢と比べると、まず香りが全然違います。「芳醇」ということばがまさにぴったりくる香りです。ワインビネガーとバルサミコ酢の違い…といった感じでしょうか。

本を見て、早速「豚の黒酢角煮」を作ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

家に八角がなかったので使わず、はちみつのかわりに三温糖を使ってしまいましたが…でもおいしくできましたよ。ほんとうはしばらくおいて味をしみ込ませるのですが、作りたてをそのままいただいてしまったので、ちょっと色が薄いですね。でも、黒酢の効果で、お肉はとても柔らかく仕上がりました。

いつも角煮を作る時は、お肉を油を敷かずにじんわり焼き付けて作るのですが、ウー・ウェンさんのは下ゆでする方法です。やはり焼いた方が焼き色がついて、おいしそうに見えるかしら? 今度アレンジして作ってみようと思います。

ウー・ウェンさんによると、黒酢は普通の米酢と全く同じに使えるそうなので、早速いろいろなお料理に試しています。また、ご紹介させていただきますね。
0

2008/5/30

めずらしくコスメの話… &サーモンのクリームパスタ♪  生活

昨日、今日…と東京は一日雨の降り続くあいにくのお天気です。
今日は特に用事もないので、なかなか進まない家の仕事を少し片付けようと思います。

先日ゆずさんがコスメの話題をされていたのに影響されて、私もめずらしくちょっと書いてみる気になりました。といっても、高級コスメではありませんよ。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

私はお化粧を始めた頃から、ずっと同じメーカーのものを使い続けています。
「アルビオン」というちょっと地味なメーカーなので、ご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。大きなデパートですと、たいてい入っているようです。

きっかけは「どこの化粧品にしようかな〜」と化粧品店で見ているときに、「あなただったら、絶対ここよ。」とお店の人に勧められたのが最初でした。知識のない私には初めて聞いた名前でしたが、なんとなくよさそう!と直感し、以来気に入ってずっと使い続けています。

小麦色の肌が美しいとされていた当時から「美白」と「保湿」の姿勢を一貫して守り続けていて、そのがんこなところが、私に合っているのかもしれません。一番左のボトルは、通称「ハト麦の化粧水」とよばれているロングセラー商品で隠れた人気があるようです。時間があるときはこれをマスクにしみ込ませてパックしています。ほんわかした香りが私好みで、癒されます。

アメリカにいた時は手に入らなかったので、「エスティローダー」を使っていました。でも、美容液など、つけたばかりの時はしっとりしているのですが、翌朝には効果がなくなっているような気がしました。ニューヨーク時代は、オーガニックのものなどいろいろ試してみましたが、結局これ!というものは見つかりませんでした。

今のところ、保湿に関してはアルビオンに満足しているのですが、肌の衰えとともにくすみやシミが気になるようになってきました。何かいいものがあれば、是非試してみたいです。


さて、今回はお料理の方がおまけです。
少し前ですが、どうしても食べたくなって作ったスモークサーモンのクリームパスタです。

クリックすると元のサイズで表示します

生クリームにカッテージチーズを加えて、とろりとしたソースに仕上げています。
チーズがパスタにからんでねっとりしていますが、チーズの風味はほとんどしないので「あれ?」という感じに仕上がります。シンプルなパスタなので、お塩の味が引き立ちます。粗挽きのこしょうが、いいアクセントになりました。
0

2008/5/29

大好きなねぎを使って♪ シンプルねぎ料理3品  料理

私はねぎが大好き! ねぎを使ったお料理を見ると、おいしそう〜とつい作ってみたくなります。
最近作ったねぎ料理3品をご紹介します。
まずは、kapppapoohさんの「鶏とネギの煮込み・わかめ添え」です。

クリックすると元のサイズで表示します

鶏手羽とねぎの組み合わせが大好きで、普段は豆板醤を使ったピリ辛味で仕上げることが多いのですが、これは見た目も白っぽく穏やかで、ほっこりしたおいしさでした。
わかめもたくさん食べられるし、なんだか体によさそう♪
花椒と白髪ネギがアクセントになって、おいしくいただきました。

次は、oliveさんが紹介されていた「ねぎと油揚げの炒め物」です。

クリックすると元のサイズで表示します

ねぎと油揚げを炒めるだけのシンプルなお料理ですが、ねぎ好きにはたまらない一品です。
oliveさんはわけぎを使っていらっしゃいましたが、私は家にあった白ねぎで。
そのかわり、緑の葉っぱの方まで無駄なく使って、きれいなグリーンを生かしました。
つぶした黒胡椒と赤唐辛子がピリリと効いて、ちょっと大人の一品です。

最後は、海老とねぎだけのシンプルな焼きそばです。栗原はるみさんのレシピを参考にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

海老とねぎの組み合わせも大好きです。こちらもねぎは、緑の方まで無駄なく使っています。
下味をつけた海老とねぎ、細切りにしたしょうがを炒めて、塩こしょうでシンプルに味付けしておきます。中華の蒸し麺を加えて、ごま油・オイスターソース・鶏がらスープの素・おしょうゆで味付けしました。

オイスターソースとごま油がとてもよい風味なので、少し多めに入れていい香りを楽しみました。
中華麺は少し焼き付けてもおいしいです♪
0

2008/5/28

真がれいの揚出し 香味ソース♪  料理

数日前の夕食よりご紹介します。
りっぱな「真がれい」を見つけたので、揚出しにしてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

真がれいに片栗粉をまぶして、たっぷりの油で揚げます。
お魚を揚げる前に、付け合せ用のいんげんとかぼちゃもいっしょに揚げておきました。
別に、ねぎたっぷりの香味ソースを用意しておきます。

香味ソースは、サラダ油で唐辛子、みじん切りにした白ねぎとしょうがをていねいに炒め、しょうゆ・砂糖・酢・水・こしょうを加え、煮立てて作ります。風味付けに花椒粉も加えました。
揚げたての真がれいに香味ソースをかけ、揚げたいんげんとかぼちゃ、大根おろし・あさつき・みょうがを添えて…。

真がれいの淡白でムクムクした身が、ちょっと辛めの香味ソースにぴったり合い、おいしくいただきました。本来は煮魚向き?と思われる真がれいですが、揚げるとこってりとした味わいになり、お魚嫌いの方でも食べやすくなるのではと思います。


さて、最近愛用しているランチョンマットですが…

クリックすると元のサイズで表示します

帰国する時にお餞別にいただいたものです。私が自分で買うなら、きっと花柄かなにかを選んでしまうと思うのですが、これから子どもの成長とともに、だんだんかわいいインテリアの生活が合わなくなるだろうから…ということで選んでくださったようです。

最初は私にはちょっと大人っぽすぎるような気がしたのですが、これが和食器から白のシンプルなお皿まで、そしてどんなお料理にも合って、今はとても気に入っています。食べこぼしてもすぐにふき取れる素材なので、普段でも心置きなく使うことができます。先見の明を持つ友人に感謝です。

家のインテリアも、カーテンなどの大物はすぐには難しいですが、共通のスペースは自分の趣味を押し付けることなく、少しずつ大人っぽくシンプルなものに変えていけたらなあと思います。
0

2008/5/27

ねぎとみょうがたっぷり♪ 冷やしきつねうどん  料理

ふだん一人のお昼はいいかげんに済ませてしまうことが多いのですが、ここのところ学校が午前中だったので、しっかりお昼を作っていました。
しっかり…といっても、今のような初夏の陽気には、さっぱり簡単にいただける麺類が一番!です。

こちらはある日のお昼。稲庭「風」の細うどんで、冷やしきつねを作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

油揚げとしいたけは、あらかじめ甘辛味で煮詰めておきます。
大好きなあさつきとみょうがをたっぷりのせて、おろししょうがものせて…。
上に卵黄をポンッとのせるのは、oliveさんの山菜ぶっかけそうめんからアイディアをいただきました。卵黄ポンだけでボリュームたっぷり♪ 麺によくからんで、おいしくいただきました。

翌日のお昼は、久しぶりにソース焼きそばにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

最近は、塩焼きそばやかた焼きそばについ目がいきがちでしたが、こういうクラシックな焼きそばもたまにはいいですね♪ これもやはり目玉焼きポンッははずせません。

たまごがのっていると、なんだかうれしくて、定番のお料理もおいしそう〜に思えてきます☆
0

2008/5/26

日本橋 「うさぎや」さんの最中♪  グルメ

先日、日本橋に用事があって行ったついでに、大好きなうさぎやさんの最中を買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

「うさぎや」さんは、小さい長方形の最中。
ごまがついている方は「こしあん」、ついていない方は「つぶあん」になっています。
どちらもおいしいですが、私は最中に関しては「こしあん」の方が好みです♪
おやつの時間に、おいしくいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらが「うさぎや」さん。ビルの間にある小さなお店ですが、いつもお客様でにぎわっています。私がお買い物を終えてお店から出たら、いつの間にか列ができていました。場所柄、お使い物で予約のお客様もとても多いです。こちらのお店では特に「どら焼き」が人気で、予約しないとなかなか手に入らないそうです。

小さい頃は、最中は甘すぎてあまり好きではなかったのですが、なぜか大人になってから好きになりました。特に最近の最中は、大きさが手頃で、甘さが控えめになっているような気がします。ちょっと甘いものが欲しいときに、ちょうどよくておいしいです。

うさぎやさんに行ったついでに、以前ゆずさんに教えていただいた「コレド日本橋」というショッピングビルに入っている雑貨屋さんセレンディピティに寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらのお店、輸入雑貨のソニープラザの系列のお店だそうで、ソニープラザよりも少しお姉さんという感じのおしゃれなセレクトショップでした。写真は人気の北欧ブランド、イッタラのコーナーです。この他、さまざまなシーンに合わせて編集されたCDなどもあって、とてもおしゃれな雰囲気でした。
0

2008/5/25

チキンとオクラのタイカレー♪ & スモークドサーモンのサラダ  料理

先日、reikoさんの「鶏肉とオクラのココナッツカレー」を拝見して、私も作ってみたくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

reikoさんはインドのカレーペーストを使われたとのことでしたが、私はタイのレッドカレーペーストとココナッツミルクを使って、タイ風のカレーにしました。
タイカレーらしく、なすとたけのこを入れて…オクラはきれいな色が楽しめるように、下ゆでしたものを仕上がり際に入れました。

オクラのサクサクねばねばした食感がタイカレーにぴったり合って、おいしくいただきました。
オクラをカレーに入れたのは初めてでしたが、よく合いますね〜☆
先日、ふゆさくらさんもカレーにオクラを入れていらっしゃいました。

オクラはアメリカでもわりとポピュラーな野菜で、「okra」という名前で売られていました。
南部の方では「オクラのガンボスープ」という名物料理もあります。

種も手に入るので、以前庭で育てたことがあるのですが、葉っぱが天狗のうちわのように大きく、実も30cmくらいまで大きくなってびっくりしました。ゆでたのですが、硬くて食べられませんでした。売っているオクラは、きっと小さいうちに収穫しているのでしょうね。

この日は、スモークドサーモンを使って、簡単なサラダを添えました。

クリックすると元のサイズで表示します

スモークドサーモンのマリネの残りがあったので、サーモンを細切りにし、ドレッシングを少し足して味を整えました。さっぱりおいしくいただきました。
0

2008/5/24

らっきょうの塩漬け♪ & 生らっきょうの炒めもの  料理

帰国して久しぶりにやりたかったことのひとつが、「らっきょうを漬ける」ことです。
最近らっきょうをよく目にするようになったので、早速買ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します

鹿児島産の「泥つきらっきょう」といって売っていましたが、とてもきれいならっきょうでした。よく洗って、ひとつひとつ薄皮をていねいにはがし、根元の部分と先の部分を切り落とします。

甘酢漬けの下準備に、まずは「塩漬けらっきょう」を作りました。
水・酢・粗塩を煮立てて、赤とうがらしをいれて冷まし、漬け汁を作ります。
塩は、アメリカから持って帰ったポルトガル産の粒塩を使いました。

クリックすると元のサイズで表示します

らっきょうの水気をとって保存びんにいれ、漬け汁を注いで準備完了♪
冷蔵庫の中で2週間ほど漬け込みます。写真は、1週間ほどたったところです。
塩漬けらっきょうができたら、今度はそれを塩出しし、甘酢に漬ける予定です☆

クリックすると元のサイズで表示します

私のらっきょうレシピは、結婚した年に買った「きょうの料理」です。
当時はきっと、家庭を持ったら、こういうことがしたい…と思っていたのでしょうね。
今でも大切に使っている本です。

らっきょうを塩漬けにする前に、10個ほど取り分けておき、生らっきょうを使って、中華風の炒めものを作りました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも同じ「きょうの料理」にのっていたお料理を、アレンジしたものです。
生らっきょうと、カラーピーマン、牛薄切り肉を使って、チンジャオロースー風の炒め物を作りました。味が結構しっかりついているので、水菜を敷いて、いっしょに混ぜ混ぜしながらいただきました。

生らっきょうは、たまねぎやにんにくに似ているけれど、一味違った独特の風味があって、なかなかクセになるおいしさです。今しか味わえない季節の恵みの味を、ありがたくいただきました。
0

2008/5/23

地中海トマトのオムハヤシ♪  料理

先日「地中海トマトのハヤシソース」というのを見つけて、おいしそうだなあと思って買ってみました。地中海〜という名前の響きに、つい魅かれてしまいました♪

クリックすると元のサイズで表示します

牛薄切り肉とたまねぎで、箱に書いてある通りのごくごく普通の作り方で。
揚げ焼きしたなすといっしょに合わせてみました。
ハヤシライスというと、デミグラスソースでちょっとこってりしているイメージがありますが、トマトの酸味がさわやかでおいしくいただきました。

後日、残ったハヤシを使ってオムハヤシを作りました♪

クリックすると元のサイズで表示します

ケチャップライスでもいいのですが、この日は簡単に白いごはんで作りました。
オムレツは、卵2つを使っていますが、カッテージチーズを混ぜて少しボリュームを増やしています。外側だけ固まるように焼いて、丸く型抜きした白いごはんにのせたら、上に切れ目を入れて広げます。残ったハヤシをかけてできあがりです♪

オムレツにカッテージチーズが入っているので、ふんわり柔らか〜☆
オムレツはちょっとトロトロしているくらいがおいしいです。
ハヤシとごはんといっしょに混ぜ混ぜしながらいただきました。


おまけです。
蓼科のおみやげにチロルの「くるみかれん」というお菓子をいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

くるみがぎっしり入っているバターの風味が豊かな焼き菓子でした。
レモンの皮の風味がほのかに漂って、素朴ながらも繊細なおいしさ。とても気に入りました♪
0

2008/5/22

IHで… 初めての揚げ物♪  料理

引越して一週間ほどのことですが…IHクッキングヒーターを使って、初めて揚げ物をしました。
豚カツにしようか、それとも天ぷらにしようか…と思っていたのですが、たまたま頭付きの海老がセールになっているのを見て、oliveさんのことを思い出し、結局海老フライにしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

海老フライはかさばるので、盛り付けがちょっと難しいです。それほど大きな海老ではありませんが、頭が付くとちょっとりっぱに見えます♪ 山うどと水菜、そしてレモンを添えて…。

もともと揚げ物が多い我が家。以前は、フライパンに少なめの油で揚げ、一回毎に油を処分していました。ところが今度のIHでは、付属の天ぷら鍋を使わなければならず、油の量も600〜800CCと決められています。

クリックすると元のサイズで表示します

温度設定もスイッチひとつで思いのまま♪ 設定温度になると、音声で教えてくれます。
今までは、自分でパン粉を油に落として温度を目測していたので、最初は「自動」ということがかえって落ち着かなかったのですが、慣れてしまうととってもラクです。

そして油をたくさん使うと、やはりカラッとおいしく揚がるんだなあと改めて思いました。
油もあまり汚れないので、牛乳パックに移して、3回使ってから処分するようになりました。
油をたくさん使った方が、おいしくできて、かえって経済的なんですね。今までどうしてこうしていなかったんだろう…とちょっと反省してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

これは後日…2回目の油を使って、お弁当用に鶏の唐揚を作りました。
こちらもきれいな色に仕上がりました。卵焼きのしっぽと水菜を添えて…私のお昼になりました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ