2009/1/5

横浜中華街で 新年会♪  グルメ

お正月に横浜中華街の老舗、萬珍楼で食事をしました。
数年前に改装されたばかりのこちらのお店は、華やかでいかにも中華風のお店の雰囲気と、広東風のしっかりした味付けのお料理がお気に入りです。

お料理はコース料理で、お店の方がお料理を大皿で運んで来て、目の前で人数分に取り分けてサーブしてくださいました。
いただいたお料理の中から、いくつかご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します

赤い方は海老のチリソース。大きな海老の背中を深く包丁が入れてあり、海老がぐるりと二重にうずを巻いていました。白い方は白身魚ですが、揚げたものをマヨネーズ風のソースで和えてありました。わずかに酸味を感じるさわやかなソースがとてもおいしかったです。色も紅白でお正月らしく、美しい一品でした。

クリックすると元のサイズで表示します

細かく刻んだ叉焼(チャーシュー)・筍・セロリ・揚げ春雨などを、サンチュ(レタス)で包むようにしていただきます。見た目は地味ですが、これがとてもおいしくて家でも是非まねして作ってみたいと思いました。とはいえ、味付けが複雑で作り方が想像できませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

豚のバラ肉を柔らかく煮込んだ一品。とろけるほどに柔らかいバラ肉を、シャキシャキした小松菜といっしょにいただきました。八角の風味が効いていて、何を入れているのか想像できないくらいとても複雑な味わいでした。

クリックすると元のサイズで表示します

ハスの葉に包まれた炒飯が蒸篭に入っています。見た目もとてもかわいらしい一品です。

クリックすると元のサイズで表示します

デザートはマンゴープリンでした。
マンゴーの味が濃くて、しっかりした味わいでとてもおいしかったです。

この他お料理は、前菜、スープ、揚げ物など…どれもおいしくいただきました。
久しぶりに中華街の華やかな賑わいに酔い、おいしく楽しい夜となりました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ